山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日194】 「日本を代表する」の重み

ご存じの方も多かろうかと思いますが。。。。。
新井裕己氏(32)が28日、五竜岳(2814メートル)で遺体で発見されました。
23日入山、24日下山予定だったとか。
マスコミのサイトで拾ってきた新井氏の肩書き。
「日本を代表する山岳スキーヤー」「東大スキー山岳部監督」「登山ガイド」
「日本山岳協会選手強化委員」「鹿島槍ケ岳(2889メートル)北壁の初滑降に成功」
とにかくスゴイ人だったことが、ここからも伺えます。

新井氏のブログ。
これまで何度も拝読しました。
山スキーだけでなく、クライミングやサプリメント、PCやネットなど、多方面に深い造詣がある方でした。
過激な(?)記録も多く、読んでいてドキドキさせられました。
メディアで雪崩のことについて語るなど、安全対策にも功績があったと思います。
「日本を代表する山岳スキーヤー」であると、私自身も思っていました。
現在、新井氏のブログは、弟さんによって閉じられてしまいましたが。。。。。

27日夕方になって、新井氏の友人から「ブログが更新されていない」と通報があったと一部で報じられていました。
別のメディアでは「登山の届けは出されていなかった」とありました。
登山届の提出と、計画書の家族への手渡し。
その意味を知らない人ではなかったと思うのですが。。。。。




さて、今回書きたいことはここから。

遺体発見の報を私が知ったのが28日の昼過ぎ。
ネットのニュースサイトからでした。

早速、郵便受けに走り、某全国紙の夕刊を広げてみたのですが。。。。。記事はありません。。。。
新聞社のサイトを再び確認したのですが、そちらには出ている。。。
今朝、朝刊を隅から隅まで探したのですが、やはり出ていません。

何人か知人を当たってみたのですが、載っていたりいなかったり。。。
扱いも総じて小さかったようです。

なんでだよ!
というのが感想。
「日本を代表する山岳スキーヤー」が山スキーに行って事故にあい、亡くなっているというのに。。。
一般マスコミにおける山スキーの認知度って、そんなもんなのか。。。。


個人的には、大きなニュースだと思います。
しかし、ウチでとっている新聞社の判断は、「掲載に値せず」ということだったのでしょう。。。
その現実の前には、ここでウダウダ書くほかは、ため息をつくしかないようです。




以前、コメント欄の議論で、「山スキーは文化」だと主張する方がいました。
私は「文化と言っていいかどうか分からない」という立場でした。

新聞社の判断はともかく。。。
もし「文化」として一般に根付いていたなら、今回の記事が載っていないなんてことはなったろうなぁ・・・と。
そんなことを思い出しました。。。



故人のご冥福をお祈りします。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/29(火) 17:54:33|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

【山日記 42日目】 日帰りということで。。。

結局、テントはあきらめ、土曜日は寝て過ごすことになりました。

日曜。
朝7時から、チビどもはテレビタイム。
「恐竜キング」「炎神戦隊ゴーオンジャー」「仮面ライダーキバ」「プリキュア5」の2時間フルコース。
これを見せないと恨まれる。。。。。

自分が子供の頃、「ゴレンジャー」と「仮面ライダー」は毎週楽しみだったんだけれど、この辺は同じか。。。。

嫁さんは昼から用事があるとの事。
さて、それならポンポン山か。

テレビの間に朝飯を食わせ、9時にスイッチを切ってトイレに行かせたり着替えさせたり。。。
ここのところが、結構時間を食う。
ま、行き先が近所だからいいのだけれど。。。

コンビニで食糧調達。
車で本山寺参詣者駐車場へ。

結構車が多い。
すでに10台以上停まっている。

出発準備をしているとき、長男はなかなかドタ靴がはけない。
足も大きくなってきているんだろう。。。
無理やりはいてしまうと、「ピッタリ」なんだそうな。
次男はまだサイズがないので運動靴。
「兄ちゃんみたいな靴、ほしい?」
「いらん!」

2人には、衣類、飲み物などなどを持たせる。
長男はおやつもリュックに入れていた。。。。

ポンポン山自体はあちこちから登るルートがあるのだけれど、チビどもは本山寺ルートがお気に入り。
序盤のコンクリ道は、併走する登山道を歩く。
コンクリ道は足が痛くなって、何度も泣かれたので、ここのところはいつもそちら。

本山寺手前を右に入り、直接ポンポン山へ。

成長の証か、結構なペース!
何度「走るな!」と叫んだことか。。。。
そのうち、ついていけなくなるんだろうな。。。。
登りもしっかり

他の人を追い抜くなんてことがたびたび。
いままでこんなことはなかったんだけれど。。。
特に長男は、登りも下りもタッタカタッタカ行ってしまう。

駐車場から休憩2回で頂上へ。
40人ぐらいの年配者の団体さんが、ちょうど頂上明け渡し。
ナイスタイミング!
途中ですれ違った人に「上は人がすごく多いですよ」と言われていたので、気になっていたのです。
その人は人の多さに閉口して、さっさと下りてきたとか。。。
いやあ、よかったよかった。

しかし、団体の人。
そんなふうに思われているとは、夢にも思っていない????

頂上で昼飯。
長男が持ってきた双眼鏡が大活躍。
兄弟で奪い合い。。。。恥ずかしいからやめなさい!

2人とも元気いっぱいなので、釈迦岳(631メートル)まで足を伸ばすことに。
ポンポン山より50メートル近く低いピークなので、下り基調。
2人とも走る走る!
つられてこっちも走らざるを得ない。。。
けっこうキツイですなぁ。。。。

釈迦岳からポンポン山まで登り返し、再び休憩。
下界の方に飛行船が見え、チビどもは大喜び。
またぞろ双眼鏡が飛び出した!
双眼鏡!

先ほどよりはぐっと人の減った頂上。
のんびりしていい感じでした。

下り始めて問題発生。
次男がぐずり始め、泣きながら歩くことに。。。。
普段の保育所の昼寝の時間帯を過ぎたあたりで、毎回この時間には不機嫌モード。
最後には「兄ちゃんみたいなお山登りの靴ほしい!」。
やれやれ。。。。今度買いに行くか。。。。

不機嫌タイムを通過すると、立ち直る次男。
やれやれ。。。

参詣者専用駐車場に車を止めているため、下山時は毎回本山寺を通る。
ここにはきれいな公衆トイレがある。

駐車場まで、無事下山。


なんと車道に鹿!
いるんですねぇ。。
3人で興味津々。
しずかにちょっとずつ近づいて。。。
最後は山の中に逃げていってしまいましたが、チビどもは興奮していました。

駐車場の一番奥にあった1本桜。
あまりにきれいだったので1枚。
駐車場にて


下山後は車で少し移動して温泉へ。
移動中は2人とも熟睡でしたが、山の後の温泉、すっかり味をしめたようでした。



近所に、ちょっと行ってくるか!という山があること。
実は恵まれているのかもしれません。
飽きずにまた行くかな。。。


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/28(月) 11:42:00|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日々是好日193】 連休なのに。。。

今週末の土日。
久しぶりの連休がつきました。

お天気もまずまずなので、どっかいこう!と、準備へ。
あいにく嫁さんは仕事が入り、チビどもの面倒を見てくれる人間がいません。
となると、2人とも連れて行かなきゃしょうがないなぁ。。。。。

さて、どこへ?

これがまだ決まっていないのです。

腰の具合は、まあ、大丈夫でしょう。
ただ、ちょっとカゼをひいてしまったらしく、明け方や深夜にはセキが出ます。

テントを持って、ちょっと遠出!
なんて思っていたのですが。。。。家の近所にしとくか。。。。ゆっくり寝て過ごすか。。。。

明日の朝起きてから決めよう。



久々の連休・好天なのに体調イマイチ。。。。
なかなかうまくいかないもんです。。。。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/25(金) 19:37:31|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々是好日192】 次世代

四月も下旬。
GWの計画に余念のない方が多いのではないでしょうか。
なんだかソワソワ、モヤモヤ、ワクワク・・・。

さて、私もそろそろまじめに考えねば…というところです。

嫁さんと自分の勤務の都合をあわせると、世間並みの4連休は、とってもムリ。
腰の調子も今ひとつ。。。。

雪山は、ちょっと遠慮しておくか。。。。
ということで、家族でどこの山に行こうかと、そんな話をしています。




子連れの山。
長男が1歳の春からだったので、丸5年ということになります。

ノウハウも何もないまま、ベビーキャリアだけ買ってきて、とりあえず行け!
そんな始まりでした。
やっているうちにどんどん成長するモノで、今や突っ走るような感じです。

持って行くモノから何から、考え、工夫し…次はあそこへ行ってみよう!
そんな積み重ねでした。

長男のことがあったので、次男の時には手慣れたモノでした。
大人ばかりで行く時や単独の時とは全く違う世界でした。




山の世界の高齢化、確実に進んでいます。
現在では圧倒的に高齢者が多いと言っても過言ではないでしょう。
学生山岳部も、壊滅に近い状態です。

小さな子供がいる世代、そして子供たち。
そんな世代が山に行くようにならないと、将来は。。。。



どうも山の世界には「次世代の育成」という点、放置されているんじゃなかろうか。
野球やサッカーになると、小学生(それ以前も?)から「育成」が始まっています。
ほかのスポーツでも、いろいろと団体が力を入れていたりします。
ところが山の世界には「来てもらわないことには…」という、どちらかといえば受け身な感じがあるんじゃないかと思います。

登山は「競技スポーツ」でないため、「強化」なんてことも難しいでしょう。
実際には打つ手が見あたらない、というところでしょうか。

いつのころから、なぜこんなふうになったんだろう?
そのあたりに答えが隠れているのかもしれません。



テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/20(日) 23:44:33|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【日々是好日191】 入学式

長男が無事、小学生になりました。
親としては、やっとここまできたか。。。と、感慨深いモノがあります。

子供を持つ、ということ。
生まれてくるまでは、ちょっとなぁ・・・というのが正直なところでした。
嫁さんだけなら、大して自分の時間もとられない。
でも、家族が増えるとなると。。。。

けっこうため息ばかりついていたようです

嫁さんには、いまだに当時のことが不評のようです。
実際におなかが大きくなる女と比べて、身体的に何の変化もない男には現実味が薄いのかもしれません。




でも。。。。。。



生まれたときには、世界が変わった気がしました。



ささいなことで一喜一憂。
予想通り、膨大な時間とエネルギーを子供に向ける、子供中心の生活になってしまいました。



首が据わってしばらくしてから、ベビーキャリアを担いで山へ行くようになりました。
近所のポンポン山から少しずつ、こちらも練習。
長男1歳の夏には、縞枯山、蓼科山、木曽駒、天狗岳と、北八ツ・中アを4日連続で担いで入山。
避難小屋に一緒に泊まったこともありました。


2歳になる直前、次男が生まれました。
嫁さんは授乳もあり、次男にかかりっきり。
勢い、長男の面倒はこちらが見ることになりました。

休みの日、2人でよく出かけました。
大阪から一泊2日、2人で信州へ山歩きに…なんてこともありました。
気がつくと、父ちゃんっ子になっていました。



大好きな山にちなんだ文字を一つ、名前をつけるときに使いました。
ほとんど親のエゴですね。

山の好きな子に育つかどうか、まだ分かりません。
その意味を分かってはいないようですが、今のところ本人は自分の名前が気に入っているようです。


保護者席でそんなことを考えているうちに、入学式が終わりました。



山に行くことも含め、自分の時間は大きく削られる結果になりました。
結婚はしたけれど子供は作らない。
当然、そういう選択肢もあります。

ただ、自分に関して言えば、いてくれてよかったと。
子供を見るたびにそう思えるのです。


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/15(火) 19:38:31|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々是好日190】 言い訳

3月下旬から、久々の更新になります。

今日は更新の滞った言い訳を。。。

一言で言えば「多忙」。

年度替わりに職場の持ち場替えがあり、業務フォーマットが全然違うモノになってアップアップ。
嫁さんは4月から新しい職場へ。
朝7時過ぎには出勤してしまうので、子供の保育所送りなど、家事分担の増加。。。。
3月末には、長男の保育所修了式。
4月に入っては次男の進級式&保護者懇談、長男の学童保育開始、小学校入学式とイベント目白押し。

目の回るような、というよりも目ン玉が飛び出るようなバタバタでした。
睡眠時間を削っての対応のような感じで、たまの休みには夫婦ともダウン。。。。


ここ何年かで最大級の生活の変化。
それでも少しずつ慣れてきました。
来週あたりには、もう少し余裕が出ていることと思います。


更新を待っている方(もしいるのならですが。。。)、もう少々お待ち下さい。



テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/11(金) 19:53:26|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。