山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日249】 GWの計画に思う

やっと勤務表が出ました。
今年のGW、世間は、カレンダーどおりなら5連休。
ウチの会社は、そんなわけにはいかない。。。。。

なんとかひねり出せたのは、3連休。
ま、いたしかたないですかね。。。。


さて、どこに行こうか、というのを考えています。


日程が3日間という条件の他にも、いろいろとあります。
小学校も保育所も嫁さんの仕事も休みなので、家族をほったらかして・・・・というのもムリ。
チビどもを連れて行くとなると、雪の中でテント・・・・なんてのもムリ。
ムリなものを排除していくと。。。。。。

それでも結構、候補はあるものです。



学生の頃なら。。。。
就職していても、独身の頃なら。。。。
結婚していても、子供がいなかった頃なら。。。。

残雪のバリエーションルートを考えていたものです。

人間って、変わるもんだなぁ・・・・・・。




以前3つのハードルという記事をアップしました。
ハードルの高さを、改めて考えてしまう今日この頃・・・・ってな感じです。

軽々と飛び越えていってしまう人もいるでしょう。
ただ、自分の置かれた状況からすると、それはできそうにない。。。。。

ハードルの高さに、飛ぶことをあきらめてしまう人、周りにもかなりいます。
そのまま足を洗ってしまう人もいるでしょう。
あきらめたままではいられず、「昔取った杵柄」型になってしまう人もいるんでしょうね。。。。



かつての自分と比べると、ずいぶんとレベルを下げた山になっています。
その部分に、欲求不満がないわけではない。。。。

ただ、子供と行くこと自体は、それはそれとして面白い。
これも間違いのないところです。



さて、自分自身はハードルを飛び越えられているのかいないのか。



そんなことを考えつつ、2泊3日の計画を立てようかと思います。
あとは・・・・お天気次第ですね。。。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/23(木) 10:34:27|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【子連れに挑戦4】 子供の装備

子供が身につけるもの。

以前よりは種類が増えたとはいえ、まだまだ選択肢は少ないようです。

着る物は各メーカーからいくつか出ています。
まあ、ズボンはジャージでもなんでも、動きやすいものがいいでしょう。
また、濡れると重くなるものは避けた方が無難でしょう。

アンダーウェア(パッチ?)は、スキーのときにも流用でき、寒い季節を考えるとあったほうがいいでしょう。
靴下は、とりあえずスキー用のもので十分。
また、雨具(カッパ)も防水透湿素材のものが市販されています。


難しいのは手袋。
大人用と比べると、著しく保温性が落ちます。
また、子供のことですからいろんなものに触り、よく手を使います。
薄手のインナー手袋をはめさせたりしたのですが、なかなかうまくいきません。
寒い時期、まずは、ムリのない計画でカバーするほかないようです。

靴。
ドタ靴も市販されています。
最初は運動靴でもいいのですが、しばらくやっているうちに、「足が痛い~」とゴネるようになります。
ドタ靴を買ってやると、不思議とゴネなくなりました。
ま、気持ちの問題なのかもしれません。

ザック。
ウチでは自分の飲み食いするもの、雨具、トレーナーなど、個人装備を徐々に持たせるようにしてきました。
10リットル未満の小さなものからのスタートです。
体にフィットしているものであることは当然として、やや容量の小さめの方が動きやすいようです。
遠足などにも流用できるのですが、ちゃんとしたザックメーカーの製品の方が担ぎやすいようです。

帽子や防寒具などは季節に合わせて用意してください。
人にもよりますが、予想以上に暑がりだったり寒がりだったりするので、対応できる範囲を広めに取っておくといいでしょう。



肝心なことは、サイズです。
例えばドタ靴は17センチ~のようですが、店頭ではなかなかお目にかかれません。
~16センチは、商品設定自体がほとんどないようです。
取り寄せてもらった上でサイズ合わせをする必要があります。
また、普段ばきの運動靴なら成長を見越して、少し大きめを選ぶこともあります。
ですが、曲がりなりにも山靴ですので、実際にはかせてみて選んだほうがいいと思います。
カッパのサイズも100センチからになっているところが多いようです。



現物を子供と一緒に見に行って一緒に選ぶこと。
結構、重要なポイントだと思います。
選択肢が2つ以上あった場合、子供に決めさせるのもひとつの方法でしょう。
道具への愛着、そういうところから生まれるのではないかと思います。





以下、おまけ。

先日、知人の家族と山へ行ったとき、子供たちの足元は、もれなく全員ドロドロ。
入る必要のない水溜りを、ベシャベシャ進んでいくもんだから仕方ない。。。。
ウチは車の中に換えの運動靴を積んでいたのですが、あちらさんは換え靴がなく。。。。

マイカー登山で子供を連れて行く場合、車の中に、靴も含めた着替え一式を用意しておきましょう!

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/16(木) 10:08:19|
  2. 子連れに挑戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々是好日248】 劒岳 点の記

新田次郎の原作小説が映画になり、6月公開です。

高校生のとき、部室にあった本を持ち帰り、読んだのが最初でした。
映画化ということで、是非、見に行かねば!と思っています。

知人が試写会に行ってきました。
「どうやった?」と聞くと。。。。。

「まあ。。。。。見てのお楽しみやなぁ」
と、多くは語らず、意味深な反応。
まあ、公開を待つことにします。。。


ちなみに劒岳は三等三角点。
標石が設置されたのは、なんと2004年だそうで。。。。
当初は標石なしの四等三角点だったそうです。
「点の記」というのは、三角点の設置・測量の記録のこと。
そこにいたるまでの道のりが記録されています。

国土地理院の資料によると、大まかなところは以下の通り。

 所有者:農林水産省(管理者:富山森林管理所)
 選点:明治40年7月13日
 設置:平成16年8月24日
 観測:平成16年8月25日
 自動車到達点:室堂ターミナル
 歩道状況:登山道
 徒歩時間(距離):8時間(約7キロ) 剣沢小屋より4時間30分(約3キロ)

以上のようなデータが、「点の記」と呼ばれるもののようです。



GPSを買って、使い方を覚えるのに、近所の三角点めぐりをしました。
これが結構面白くて、今でもちょっと時間が空いたら出かけたりします。

山頂の三角点ばかりではなく、意外なところにあったりもします。

三角点や地形図、調べると結構面白いものですよ。


映画、公開されたら感想でもアップしようかと。。。。。
しかし、知人の微妙な反応が・・・・気になるなぁ。。。。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/13(月) 13:47:53|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【日々是好日247】 花見の山歩き

平日休みの朝。
嫁さんを送り出し、新学期が始った長男を送り出し、次男を保育所へ送り。。。。
家に帰って洗濯等、家事を少々。
時計を見たら10時半。
外を見たら良い天気。
ちょっと花見にでも!ということで、近所の裏山を歩いてきました。

メジャーな花見スポットというわけではないのですが、地元の人は知ってる人もいるという場所。
運動靴に自転車で家を出発。
コンビニで昼飯と水分を入手し、ちょこっと山道へ。
平日ということもあって、人影は少なく、静かに過ごせました。


満開でした。
ちらほらと散り始め。

快晴微風の中、ダラダラ歩いては一服。
飲み食いしてはまた歩き。。。。
途中で少々昼寝したり。。。。

良い一日でした。


左に見えるのが名神高速。



右奥にかすんでいるのが梅田のビル街。



奥に見えているのが生駒山(だと思う)。




山に登る、というよりも、ほとんど散歩のようなものでしたが、気持ちの良い汗をかきました。
家の近所にちょろっと歩けるところがあるってのは、恵まれているのかもしれません。


夕方からは子供を迎えに行き、習い事に連れて行き、晩飯を食わせ、風呂に入れ。。。。。
(全部は書ききれない。。。。)
ほぼ完全に、専業主でした。

父子3人が眠りに落ちた後、嫁さんが帰宅しました。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2009/04/09(木) 13:06:38|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。