山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ42】 奥多摩で落雷、2人死傷

【概要】
25日午前10時45分ごろ、東京都奥多摩町の本仁田(ほにた)山(1225メートル)の大休場尾根標高約九二〇メートル付近で、東京都西東京市の登山家の小原和晴さん(66)が雷に打たれ死亡。同行していた登山仲間の新宿区の主婦(52)も感電して一週間の軽傷。小原さんらは同日午前九時すぎに入山し、日帰りの予定で本仁田山を抜けるルートで同町の川苔山に向かっていた。事故当時、関東地方上空に寒気が流れ込んで雷雲が発達、現場周辺は局地的に激しい雷雨になっていた。小原さんは日本山岳会などに所属し、ヒマラヤのマナスル(8163メートル)西壁登山隊のメンバーとして1971年、登頂に成功した。

【考察】
避雷針となりそうな突起物(木など)から離れる、姿勢を低くし、金属類を身からはずす…。
落雷への対処法、いくつかありますが、決定的なものはありません。
やらないよりは回避の可能性がぐんと高まる、といったものです。
この2人が、どのような回避行動をとったかは不明ですが、防ぎきれるものではありません。
しいて言えば、天候の読みを誤ったというところでしょう。

小原さんの肩書きは「登山家」。
これでメシを食っているわけではないと思いますが、マスコミはそう表記しており、職業等は不明です。
登山者と登山家の間の線引き、あいまいなものではっきりしません。

そして、「日本山岳会所属」というのも、マスコミのよく使う言葉です。
日本山岳会員になるのには、いくつかの条件を満たせば可能です。
まったく山に登ったことがない人でも、会員になれる仕組みです。
なぜマスコミが日本山岳会を重視するのかは理解しかねるところです。

そしてもう一つ。
小原さんの所属は東京雲稜会
遭難カルテ20の谷川岳遭難と同じ会です。
3月に事故を起こし、4月に柱石を失う…。
会の運営へのダメージは避けられないと思いますが、踏ん張りどころとも思います。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/04/26(水) 13:17:21|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<【日々是好日30】 賠償判決 | ホーム | 【日々是好日29】 GWは杓子>>

コメント

はじめまして

けん・たろう様
はじめまして、Sと申します。
私のブログでも(つたない)考察記事を書きましたので、何かの参考になればと思いトラックバックを送らせていただきました。
「日本山岳会所属」というフレーズ、確かに定番ですね。
「権威ある組織の人間が起こした事故」「安全神話の崩壊」みたいなイメージを連想させたいのかと邪推してしまいます。
  1. 2006/04/26(水) 15:18:26 |
  2. URL |
  3. S #-
  4. [ 編集]

S様へ

貴ブログの地形図を使っての考察、勉強にになりました。
今後も参考にさせていただきます。

マスコミ定番、やれやれな感じですね。
いつもどこかピントがずれていて、もどかしい思いがします。
欲しい情報はもっと他にあるんですけどね。。。
  1. 2006/04/26(水) 15:57:59 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

落雷と雲稜会

小原さんの事故はいきなりの落雷だったようです。
雷鳴が聞こえたとか、光っていたとかではなく、本当にいきなり...稜線には何人かの登山者が普通に歩いていたと聞いています。
 雲稜会は創立50年超の優秀な山岳会ですよ!
一の倉尾根の遭難はドジでしたけど、ダメージなんてありませんよ。色付きの文字
  1. 2006/06/23(金) 21:02:21 |
  2. URL |
  3. 北 #-
  4. [ 編集]

Re:落雷と雲稜会

はじめまして。
いきなりの落雷ですか。
天気予報では、「所により雷雨」と出ていたようですが・・・。
本文に書いてあるとおり、いずれにしても防ぎきれるものではないと考えています。

それと、お言葉を返すようですが、「創立●年」というのは「優秀な山岳会」の条件だとは思えません。
ま、これはあくまでも一般論ですが・・・。

遭難事故があり、死者が出てもダメージがないとは、ある意味ですごい会ですね。
ダメージについてはこちらが心配したわけですが、きっと大丈夫と言うことでしょう。
  1. 2006/06/23(金) 22:01:15 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/101-eb921470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奥多摩・本仁田山で落雷死亡事故(4/26追記)

落雷直撃受け登山家死亡、同行女性は軽傷…奥多摩(読売新聞)登山家小原和晴さんが死亡 東京・奥多摩で登山中に落雷(朝日新聞)登山家・小原和晴さん落雷で死亡(日刊スポーツ)登山家の小原和晴さんが落雷で死亡(産経新聞)【遭難カルテ42】 奥多摩で落雷、2人死傷
  1. 2006/04/26(水) 15:13:38 |
  2. S's blog

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。