山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ45】 針ノ木雪渓で雪崩、5人死傷

【概要】
1日午前11時半ごろ、北アルプス・針ノ木岳(2821メートル)の針ノ木雪渓で雪崩が発生し、日帰り山スキー4人パーティーと単独登山とみられる1人の計5人が巻き込まれた。近くにいた山スキーヤーが「登山者が雪崩に巻き込まれた」と110番した。埼玉県日高市の会社員、男性(53)は自力で脱出し、軽傷。神奈川県横須賀市、獣医師、女性(46)は、長野県警のヘリに救助され軽傷。男性(53)の妻(53)と東京都江東区、会社員女性(46)、単独と思われる男性が死亡した。雪崩は幅約40メートル、長さ約300メートルにわたって発生した。長野地方気象台などによると、1日の長野県内の各市は最高気温が25度を超える「夏日」を記録、6月上旬から7月下旬並みの気温だった。大町市の雪崩発生時の気温は23度程度と平年より5度ほど高く、前夜から1日朝にかけて同市内で激しく雨が降ったという。

【考察】
今シーズンは山スキーの遭難が相次いでいます。
某紙には
「近年のブームを反映し、山スキーに訪れた首都圏の中高年が雪崩に巻き込まれる今回のようなケースも目立っている。」
などと、「首都圏の中高年」とまで分析されているほどです。
データを眺めてみると、実際そうだから、文句はつけられません。

死亡した2人を含む4人パーティーは、岩崎元郎さんが主催する無名山塾のメンバー。
岩崎さんは中高年登山者のカリスマ?と言ったら言いすぎでしょうか。
無名山塾自体はきっちりとしたカリキュラムを組んでいます。
安全登山を強く訴えてきた岩崎さんの生徒の中から死者が出るとは…。
岩崎さん自身のコメントのようなものが出てもいいように思います。
また、報告書の意義、十分に理解されているはずですので、いずれ日の目を見ることでしょう。

身元不明の男性ですが、都内在住の30歳代、国家公務員とみられ、確認作業が続けられているようです。

針ノ木雪渓は、この季節、山スキーの人でにぎわいます。
3大雪渓のうちのひとつなので、一度は…と思う人も多いのではないでしょうか。
この次期にこの規模の雪崩が起きるとは、私自身、思ってもいませんでした。

ただし、例年より雪が多いこと、そして、夏日と雨。
ここまでは事前に分かっていたことです。
ここからの判断が難しいところではあります。

ただ、今回の遭難から言えることは、
『今年のGW、例年とはどこかが違う』
ということです。



==========追記==========
5月2日、身元不明の男性は東京都世田谷区、農水省職員(32)と判明しました。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/02(火) 14:49:46|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【事故報告書3】 東京雲稜会 | ホーム | 【山日記 7日目】 ポンポン山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/110-2afaa784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。