山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ50】 八ツ岳・赤岳で女性滑落、重傷

【概要】
4日午前10時半ごろ、八ケ岳連峰・赤岳(2899メートル)付近で、三重県桑名市の女性(58)が雪に足をとられ転倒。約200メートル滑落し、背中や手首などを強打した。

【考察】
極端に情報が少ないので・・・。

この季節の赤岳ですから、当然、アイゼンは装着していたことでしょう。
ただし、このアイゼンが、実は食わせ物なのです。

まず、アイゼンを引っ掛けて転倒したことが考えられます。
学生の山岳部などでは、雪訓で何日もアイゼン歩行訓練をします。
それこそ「体が覚えるまで」と言った感じでしょうか。
実際、キチンと歩行訓練をしている人とそうでない人。
歩き方に差が出るものです。
大して訓練もせず、年に何回かの雪山でしかアイゼンを履かず…。
そういう人が多いのではないかと思います。
アイゼン慣れ、ここが一つのポイントでしょうか。

もう一つのポイントは、ダンゴ。
暖かかった4日は、アイゼンがダンゴになりました。
こまめにピッケルで落とさないと、全くアイゼンは効きません。
アイゼン慣れに関連しますが、片足で立っていないと、ダンゴは落とせません。

滑落にいたった転落の原因。
このあたりにありそうです。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/06(土) 16:00:41|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ51】 奥穂で山スキーの男性、滑落し重傷 | ホーム | 【遭難カルテ49】 八ヶ岳で女性転倒・重傷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/118-3ebe503c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。