山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日38】 裁判

登山ツアーに参加した長野市内の男性(当時67歳)が行方不明になったのは、ガイドが案内を放棄したためなどとして、男性の家族がツアーを企画したバス会社などを相手取り、約5200万円の損害賠償を求める訴えを長野地裁に起こした。訴状などによると、男性は03年7月23日、長電バス(長野市)が企画した中央アルプス・木曽駒ケ岳(2956メートル)の登山に参加。男性は3000メートル級の登山をした経験はなかったが、添乗員が同行するので安心と考えて参加。当日は雨で、ガイドが雨具を忘れたため案内をせずに自由行動に。男性は登山をしたが戻って来ず、行方不明になったという。「ガイドは自分で引率できないのなら中止すべきだった」と主張している。男性は05年4月に長野家裁で失そう宣告を受け、ツアー翌日の03年7月24日に死亡したと認定された。


訴えのとおりだと、とんでもない話です。
ツアーに参加する心境も理解できませんが、このガイド、ありえません。

何度か引率型登山の危うさについて書いてきました。
今後もこのような訴訟が増えると思います。

まずはガイドやツアーに頼らない。
これが第一です。
登山は、あくまで自己責任であるべきだと考えます。
人に頼る姿勢、まずはこれからやめるべきです。

しかし、どうしてもガイドに…というのであれば、よく考える必要があります。
この現状、なんとかならないもんでしょうか。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/11(木) 17:37:12|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ56】 乗鞍山系・丸黒山登山の73歳行方不明 | ホーム | 【山日記 9日目】 杓子岳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/128-ae1e5479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。