山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【事故報告書4】 磐田山の会ケルン

【遭難カルテ55】でふれた、北ア・赤岳の転落事故。
磐田山の会ケルン山行報告の記事番号71に事故報告(速報版)が、5月8日付で掲載されました。

小岩峰ごと崩落、とのことです。
いやはや驚きました。
こんなことってあるんですね。
推定で標高差350メートル、水平距離500メートル。。。
良くぞ生きて帰ったものです。

また周囲にいた2つのパーティーの協力の様子もある程度分かります。
好山会の公開掲示板に、5月10日付でそのときの様子が書かれています。

事故があったときには助け合う。
ある意味で、正しい登山者の姿かと思います。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/18(木) 16:25:48|
  2. 事故報告書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日41】 遭難と観光事故 | ホーム | 【日々是好日40】 遭難の続報>>

コメント

事故があったときには助け合う。

赤岳での、正しい姿には感じ入る所有りましたが
 たまたまでしょうが、リンク先の磐田山の会ケルンの山行報告の記事番号81は微妙ですね・・・。

  1. 2006/05/21(日) 19:55:07 |
  2. URL |
  3. わすぱ #kxtnPY0M
  4. [ 編集]

Re:事故があったときには助け合う。

まったくです。
記事番号81、読んだ後に、思わず苦笑してしまいました。
ま、状況が異なるので何とも言いにくいところもあります。
いろんな意味で、「正直」な山行報告でした。
  1. 2006/05/22(月) 12:00:09 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/135-15255b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。