山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日55】 雨降らば・・・

今週、各地で梅雨入りでした。
山で降られると、気が滅入るものです。

「雨降らば、雨降るよし」
このような達人の心境には、まだまだなれそうもありません。

北岳に行ったときのこと。
初日は御池小屋でテント。
無雪季の連休中で、テン場もにぎわっていました。
一夜を明かし、朝起きると…驟雨…。
いそいそと出発するよそのパーティ。
段々テン場も静かになりました。
我がパーティーは、起きてから気分が萎え、動かず。
だらだらと飲み食いしつつ、無駄に時間を過ごしていました。
「雨ん中登ってもなぁ…」
「さっさと下りて、風呂にしますか…」
結局、あっさり下山。
広河原に着いたとたんに……雷&豪雨!!
「下りて正解やったかもなぁ…」
「まあ、また来たらええやん」
1泊2日で広河原・御池小屋のピストンのみ。
毎度ながらやる気の薄い面々でした。
ま、類は友を呼びますからね…。

梅雨入りしたばかりですが、早く梅雨明けになりますように。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/06/10(土) 18:54:40|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【遭難カルテ65】 北アで男女不明 | ホーム | 【日々是好日54】 “復活”の日>>

コメント

「雨の降る日は天気が悪い」

昔、「雨の降る日は天気が悪い」と納得しかねる己を無理やり説得して山を下ったことを思いだしました。「大衆登山状況」とやらのなかで、このような期待と不安の交錯した想いも消えてしまったのでしょうか・・  この判断があれば、大峰・釈迦の墜死事故もなかったでしょう。今年の冬から春にかけての事故では、悪天候無視が多過ぎました。事故は傲慢な人間に謙虚を求める自然の教えではないでしょうか。

今朝の新聞の投書です。飯豊連峰で一緒になった年配ばかりのパーティーの会長さんの話。「入会資格は還暦、若いやつは入れない。平均年齢は75」。「毎回の山行で平均1人死ぬ。遭難でなく下山後の疲労で」。「安全第一など言わない。すべて自己責任。途中リタイアも自己判断。おれここで寝とく、と言えば、それじゃーと他のメンバーは山頂へ。といっても雨だろうが何だろうが山頂に立つ、なんて哲学はない。おれはここで打ち止め、と一人が言うと、おれもおれもと全員が合唱することも。頂上は目的の一つでしかない」。その山岳会の名前は「ポックリ会」。






  1. 2006/06/12(月) 10:14:53 |
  2. URL |
  3. HIKO #b4jxZAz.
  4. [ 編集]

Re:雨の降る日は天気が悪い

若かりし日は、雨でも突撃!ってなこともありました。
当然、体調やコースの難易度などは、見越した上での判断でしたが…。
最近は許容範囲の雨ですら気がなえてしまう、そんなところです。
やはりお天気がいい方が楽しいですからね。

「ポックリ会」ですか…。
会の名前は自虐的センスのなせるところですかね。
「頂上は目的の一つでしかない」のところのみ、同じ考えかな。
ただ、自己責任の意味が、なんだか違う気がします。
文面からだと少々無責任に思います。
パーティーの意味、全くなしてないようですね。
山の楽しみ方は、人それぞれ自由です。
でも、少なくとも、他人様の迷惑にならないように心がけてもらいたいものです。
  1. 2006/06/12(月) 10:38:12 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

洒落

投書者も老人です。お若く真面目な管理人様には申し上げにくいのですが、老人の洒落とご理解ください。それとも、吉本風のボケとツッコミでしょうか。
  1. 2006/06/16(金) 16:42:11 |
  2. URL |
  3. HIKO #6J3/yUNY
  4. [ 編集]

Re:洒落

了解しました。
そうかなぁ・・・とはウスウス思ってはいましたが。。。

関西在住、通算?年になりますが、なかなか関西人にはなれないものですね(笑)。
  1. 2006/06/16(金) 19:25:22 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

ほっとしました

生真面目な管理人さんのお怒りをかうかと心配したのですが、了解していただいてほっとしました。
また、関西風のボケとツッコミですが、他人の事故に生真面目に取り組まれる管理人さんの姿勢を私は全面的に支持します。なんでもありのヌエのような時代だけにこの生真面目さは貴重です。コメントを送るという形で支持します。

ただ私は、緊張のあとに緩和がないと、神経が切れてしまいそうになりますので、そのときは洒落ることにしています・・・多分、分裂しているのでしょう・・
  1. 2006/06/17(土) 18:52:38 |
  2. URL |
  3. HIKO #b4jxZAz.
  4. [ 編集]

Re:ほっとしました

まだまだ若輩者ですので・・・。

仕事に家庭に、と兼業主夫は結構忙しい毎日です。
なかなか山にいけないもので、せめて普段から山のことを考えていたいと思います。
ただそれだけでやっているようなものです。

支持はありがたいのですが、そんなたいそうなものでもないと自分では思っています。
好き勝手なことを書いているだけですので、そのつもりでお付き合いください。
  1. 2006/06/17(土) 19:39:12 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/157-a712c62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。