山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ82】 氷ノ山で転落の男性重傷

【概要】
16日午前8時ごろ、兵庫県養父市・氷ノ山の通称「小豆転がし」(標高約800メートル)付近で、神戸市西区の会社員男性(55)が約30メートル下の岩場に転落。同行の仲間の110番通報で、約2時間後に救出され、県消防防災ヘリで神戸市内の病院に運ばれたが、ろっ骨や骨盤を折り、重傷。男性は仲間2人と前日夜に氷ノ山に入り、テントで1泊後、この日午前6時ごろから沢登りの練習をしていた。男性は登山歴約30年、他の2人も約20年のベテランだったという。
(データは毎日新聞より抜粋・引用。事故者のみ実名報道)

【考察】
この日、近畿で2件目の沢登り事故です。

30メートルの転落で、よく命があったものです。
発生2時間での救助だったことも、その理由のひとつかと思います。
何にせよ、命が助かったのはせめてもの救いでしょう。

転落の状況がよくわからないので、分からないなりに考えたことを。

ベテランと言えど、事故は免れえません。
年数や経験を重ねたことから来る思い込みのようなものが原因になることもあります。

「山=怖いもの」
ずっと忘れずにいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/20(木) 16:58:02|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【遭難カルテ83】 屋久島、はぐれた男性救助 | ホーム | 【遭難カルテ81】 比良山系 滝つぼに転落の男性死亡>>

コメント

同じ山系で遭難事故がありましたね

確か、同じ山系が出ていてような気がしたと思って探したらここにありました。
今度は冬期の道迷い遭難のようです。

登山の女性が氷ノ山で遭難 携帯で救助要請
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000260693.shtml

氷ノ山遭難 女性の捜索、日没で打ち切り
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000261338.shtml

滝つぼで遺体発見 氷ノ山遭難、豊岡の女性
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000261718.shtml

  1. 2007/03/07(水) 08:58:08 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:同じ山系で遭難事故がありましたね

おーのさまへ。

ご指摘の件、ただいま文章をまとめておりますので、少々お待ちください。

氷ノ山、いろいろな季節に私も度々足を運んだ山だけに、残念な結果です。。。。
  1. 2007/03/08(木) 21:05:07 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/188-b0f092d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。