山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ87】 南アで不明の3人救助

【概要】
南アルプスの千枚岳から入山し塩見岳に向かった静岡県の男性3人の登山パーティーが、下山予定の17日を過ぎても下山せず連絡が取れなくなっていることが19日、分かった。3人は公務員男性(51)=静岡県島田市、公務員男性(57)=静岡市清水区、会社員男性(59)=同市清水区。下山予定日はだった。南アルプスは荒天で、家族の届け出を受けた静岡県警は3人が遭難した可能性もあるとみて天候が回復を待ち、20日からヘリなどで捜索。3人は22日朝、長野県側から救助に向かった民間航空会社のヘリコプターに発見され、救助された。3人にけがはなく、衰弱した様子はあるが、自力で歩けるという。3人は14日に入山。その後、塩見岳を経て、車を置いた二軒小屋に戻って来る予定だった。15日はテントで泊まり、約8キロ離れた小屋に宿泊予定だったらしいが、小屋の宿泊簿に名前がなかった。16日、塩見岳山頂から下山コースの雪投沢に下りようとしたが、暴風雨のために断念。17日朝、雪投沢から大井川源流の東俣まで下ったが、増水していたため、約300メートル上の山林でテントを張り、1日分の予備食を食べながらアマチュア無線で助けを求めた。
(毎日新聞、共同通信、時事通信よりデータ引用・抜粋。共同は3人の実名、時事は1人だけ実名)


【考察】
大荒れの長野。
山の上でも悪天候に遭遇したようです。

そもそも悪天候が予想できなかったのでしょうか。
そして、沢沿いのルートは増水で通行できなくもなります。
とくに渡渉がある場合などは、要注意です。

トラブル発生後の対処は、妥当なものと考えられます。
通報の大半が携帯電話という時代。
アマチュア無線が効力を発揮したのもひとつのポイントでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/07/22(土) 16:58:19|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【遭難カルテ88】 五竜岳で滑落の男性死亡 | ホーム | 【遭難カルテ86】 北鎌尾根で体力消耗の男性救助>>

コメント

遭難が報道された当初から「このパーティは何を考えて?」と思っていました。16・17日は風雨とも強く、沢の増水は当然考えられたことです。二軒小屋に下るなら、尾根道(蝙蝠尾根)を選択するべき。3人の内二人は30年、10年の経験者との事。また一人は元労山のメンバーとのことです。
下記に少し書いていました。参考までに。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1834976&tid=c0e2ac8a9cfc0beita4ndcbb3a1a6lybb3a1a2bepjs8r49bcbc&sid=1834976&mid=2200
  1. 2006/07/22(土) 18:40:59 |
  2. URL |
  3. 安倍の山伏 #-
  4. [ 編集]

安倍の山伏さまへ

安倍の山伏さまへ。

今シーズンの梅雨。
天候の状況からして、雨が多いのは分かりきっているはずです。
なのに、沢登りに行ったり、沢沿いのルートを選択したり・・・。
?????な遭難事例が続きます。

仰るとおり、エスケープルートをとる道もあったと思います。
ですが、そもそもはこんな天気に山に行くところから間違いが始まっている気がしてなりません。

「経験30年」・・・その質が問われてもやむを得ないケースでしょうね。
雨が降るだけでテンションの下がってしまう私には理解できない世界です。
  1. 2006/07/22(土) 19:47:56 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

下記の記事によると「悪天候は予想外だった」そうで、天気予報すら見てなかったのかと呆れます。

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shizuoka/news/20060723ddlk22040018000c.html
  1. 2006/07/23(日) 15:00:01 |
  2. URL |
  3. ぴら #-
  4. [ 編集]

ぴらさまへ

ぴらさまへ。
はじめまして。

毎日新聞の続報記事ですね。

「悪天候は予想外」・・・。
たしかにあんまりですね。。。

梅雨⇒天気が悪い。
だれでもわかる公式です。
それに天気予報を重ねて、精度をあげる・・・。
山に入る以上、これも基本だと思います。
ここの甘さが大きな原因の一端でしょうか。

そのうえで、さらに沢筋のコース・・・。
ご本人たちもコース設定の誤りは反省しているようですが・・・。
計画自体が???に思います。

3人は、「登山歴は15~37年のベテラン」だとか。
以前にも書きましたが、「経験15~37年」の質、「ベテラン」の意味、あらためて問われることでしょう。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2006/07/24(月) 13:42:24 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/193-457bd5d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。