山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ1】表層雪崩 妙高山系・前山

【概要】
 1月28日正午過ぎ、妙高山系・前山(1935)の中腹・1800メートル付近で雪崩が発生。
 山スキー中の男性(75)、女性(34)、女性(38)の3人が巻き込まれる。
 3人はパーティーの仲間に救出されたが、それぞれ足や鎖骨などを骨折した。

 【考察】
 遭難したのは東京南部山スキークラブ「ラ・ランドネ」
 およそ四半世紀の歴史と、年間約50回の活動を積み重ねてきた、かなり正統派のクラブです。
 事故発生の翌日付でHPのトップに「お礼とお詫び」が掲載されました。
 なお、今回の件との関連は不明ですが、2月初旬の参考計画は中止になったようです。
 もし、遭難事故を受けてのことであれば、妥当な判断だと思います。
 
 今年は雪が多いのに、年末年始は遭難のニュースを耳にしなくて、これが今季最初の遭難報道でした。
 経験や知識があっても、防げなかったケースかもしれません。
 げに恐るべしは雪崩かな。
 
 傾斜地に積雪があれば雪崩は起きるもの。
 「雪崩事故・遭難の95%は人災」などという説もあります。
 また、好き好んでそういう場所に行くのだから、山岳遭難の雪崩事故は100%人災だといっても過言ではありません。
 それを防ぐべく、研究を重ねる必要があります。

 今回死者が出なかったのは、遭難直後の同行者の対応が素早かったためかもしれません。
 状況発生時の対応も、常に考えておく必要があるということです。
 
 HPへの報告書掲載を期待します。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/10(金) 14:20:28|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ2】中高年17人下山せず 神奈川・大杉山 | ホーム | 私のこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/2-cc4dc3b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。