山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【危険回避の道1】 組織加入

未組織登山者の遭難問題が、しばしば話題に上ります。
これは山岳会などの組織に属していない人のことです。
個人主義が進み、制約のある組織への加入を避ける風潮が一因です。
また、最近では中高年になってから山を始める人たちが多く、自分の子供のような年齢の人にモノを教わるのを嫌がることも理由の一つでしょう。

確かに組織にはいろいろと制約があります。
それを離れて自由に、というのはよく分かります。
組織には、当然、いろいろなデメリットがあります。
が、一方では、メリットもしっかりと存在しています。
具体的に言うと、
 ・知識、技術、経験などの蓄積・伝達がなされている
 ・いざというときに捜索隊を組織できる
 ・独自の共済制度を持っている
この3点が最大のポイントです。

個人でやっていると、なかなか技術は上達しません。
教えてくれる人がいてこそです。
登山ガイドは基本的に連れて行ってくれるだけ。
スクールでは技術は習得できますが、他の2点はカバーしてくれません。

遭難時に仲間が捜索に来てくれること。
心強いものです。
バックアップ体制の有無、大きな問題です。

山岳保険、いくつかありますが、独自の共済はお得感が強いものです。
この手の共済は、組織に加入していないと、十分なサービスが得られません。

山の楽しみ方が自由なのは言うまでもないことです。
しかし、リスクが伴うのも事実です。
そのリスク軽減への方法を探っていこうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/24(金) 16:06:31|
  2. 危険回避の道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山の写真集1】 ここはどこでしょう? | ホーム | 【日々是好日5】 夜行の急行列車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/20-46f545ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。