山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ94】 白馬乗鞍ではぐれた女性無事

【概要】
31日午後5時20分ごろ、愛知県豊川市、無職女性(64)が北アルプス白馬乗鞍岳下部の天狗原(2100メートル)付近で仲間とはぐれ行方が分からなくなったと、パトロール中の夏山常駐隊員が大町署に届けた。女性は同日、仲間13人と入山、グループの最後尾を歩いていた。午後1時ごろ、仲間が小沢さんがいないことに気づいたという。女性は1日午前9時ごろ、捜索中の県警山岳遭難救助隊員らにより天狗原付近で発見され、救助隊とともに自力下山した。けがはなく、「道に迷った」と話しているという。
(信濃毎日新聞よりデータ引用・抜粋。女性の実名報道)

【考察】
仲間からはぐれる⇒道迷い⇒遭難。
簡単に言うと以上のパターンです。

問題点は2つ。

まずは、はぐれたこと。
パーティーである以上、全員の位置把握は当然のこと。
なぜ1人だけはぐれたのか。
14人パーティーという人数の多さも原因の一端かと思います。
必ずしも人の目が多いほうがいいわけではありません。
また、最も気をつけなければならないリーダーを含め、全員がパーティーとして機能していなかったことが考えられます。
気づいたときには姿も見えず…というのでは、あんまりです。
13人もの人間がいて、いったい何をしていたのでしょう…。

次に、道迷い。
何年か前の夏の経験から、迷うようなところはなかったと記憶しています。
迷う至った状況が不明のため、なんともいいにくい部分はあります。
が、読図ができれば問題はなかったように思います。
この季節だったため、1日のビバークでも無事だったと思います。

無事下山してきたんだから、いいんだ。。。。なんてことにはなりません。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/03(木) 17:36:40|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【危険回避の道9】 第3?の遭難要因 | ホーム | 【遭難カルテ93】 西遠見山で男性滑落死>>

コメント

わ日本国は免許(国のお墨付き)が大好きな国。
そのうちに「登山免許」なるものができるかも知れませんね(笑)  
遭難カルテも二種類の登山者に分けなくてはいけないかも! ①物見遊山の方々 ②しっかりした?登山者 に。 線引きは難しいですが、経験年数とかはあてになりません。短い期間にしっかり教え込まれた人と、長年やっていても「連れて行ってもらった」人では雲泥の違いがあると思います。
リーダーの資質も問題です。今回の計14名、一般登山道を歩くなら何とか面倒見れる(できるだけコンパクトにまとまって歩けば)かと…、でも半分くらいが良いですね。
この事は少し書いただけでは終わらないし、ご覧の皆さんがそれぞれのご意見をお持ちでしょうから、ここで止めておきます。
  1. 2006/08/03(木) 21:38:41 |
  2. URL |
  3. 安倍の山伏 #-
  4. [ 編集]

安倍の山伏さまへ

全く、仰るとおりです。
経験年数とレベルは一致しないものだと思っています。
そのあたりを勘違いしている人、結構いるのではないでしょうか。

免許制・・・。
ガイド協会の資格基準ですら???な状態ですから、難しいでしょうねぇ・・・。

旧ソ連では、登山者と山にそれぞれランク付けをしていたように記憶しています。
そんなことになったら、いやだなぁ・・・と思ってしまいました。
  1. 2006/08/04(金) 10:29:20 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/206-7a90bfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。