山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ98】 トムラウシ、不明の70歳1週間ぶり救助

【概要】
北海道大雪山系のトムラウシ山(2141メートル)に2日から一人で登り、行方不明になっていた埼玉県所沢市の無職男性(70)は、9日午後4時20分ごろ、新得町屈足のユウトムラウシ林道の登山口から約6キロの地点で、入山から7日ぶりに無事発見された。男性はすり傷はあるが、命に別条はない。発見された場所は、国民宿舎「東大雪荘」からパンケトムラウシ川の方向へ約12キロの地点。栃木県からきた釣り客(48)が、林道にうずくまっている男性を見つけた。男性は2日午後7時ごろ、山頂から0.5キロの南沼キャンプ場に到着。3日午前2時から登り、約2時間半後に山頂に着いた。同日中に下山予定だったが、途中で濃霧のため登山道から外れ、キャンプ場に戻れなくなった。迷い込んだパンケトムラウシ川を沢伝いに下流方向へ歩き、発見現場の林道へ出たという。持っていた食料は一握りの干しえびと固形のブドウ糖だけ。水はペットボトル一本しかなく、2~3日でなくなった後は沢水を飲んでしのぎ、夜は沢で野宿したという。5日午後、別の登山者がキャンプ地につぶれたテントを見つけ、道警に届け出て遭難が分かった。6日から延べ約180人態勢で捜索を続けていた。男性は登山歴10年。
(朝日新聞、毎日新聞、北海道新聞よりデータ引用・抜粋。遭難者実名報道)


【考察】
南沼からトムラウシ山頂、晴れていれば目の前に見えます。
方角さえ分かれば、テントに戻れそうに思いますが…。
通常なら30分もあれば届く距離です。
そこに2時間半もかかっているところから疑問が始まります。

まず、2日にキャンプ地に着いた時間が午後7時というのから考えます。
テントを設営し、夕食をとって就寝したのは午後8時半ごろと推定できます。
翌日午前2時出発なら、朝食の時間を考えて午前1時半ごろ起床でしょうか。
以上からすると、睡眠時間5時間ということになります。
キャンプ地着午後7時から、初日の行動予定時間を大幅にオーバーしたと思われます。
幕営時点で疲労もかなりのものだったと思われるので、睡眠時間はやや短すぎる気がします。

2日入山、3日下山の予定から考えてみます。
   初日、入山に思った以上に時間がかかった
  ⇒2日目の下山も、予想以上に時間がかかると判断
  ⇒睡眠時間を削ってでも、行動開始を早める
  ⇒頂上までの所要時間も、予想を大幅に上回った
  ⇒霧で道に迷い、テントに戻れず、あらぬ方向へ…
以上のようなパターンが推測できます。
睡眠不足や焦りがあっただろうし、それが判断を狂わせ、道迷いに至ったのかもしれません。

結果論ではありますが、体力・体調にあった計画ではなかった、と言えそうです。

また、計画書提出か家族などに予定を伝えていれば「3日下山なのに連絡がない」と通報があり、4日からの捜索もありえました。
捜索の初動が2日早まると、別の展開があったと思われます。


還暦前後に山を始め、古希でのテント単独行には恐れ入るばかりです。
わずかな食糧だけで1週間、よくぞ耐え忍んだと言うべきでしょうか。
体力の温存を図ることと水の確保。
詳細は不明ですが、生還のポイントはここにあるかと思います。
好天が続いていたことも、よい方に作用したのでしょう。
なお、一部報道によるとご本人は「迷惑をかけて申し訳ない」とコメントしているとの事。




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/10(木) 13:48:06|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日73】 救助隊大忙し | ホーム | 【遭難カルテ97】 丹沢の沢登り、男性死亡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/212-fae28ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。