山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日75】 101の教訓と反省

遭難カルテが、いつのまにやら100を越え、101項目になりました。
当初は予想もしていなかったのですが、事実上のメーンコンテンツ状態です。
せっかくですので101回分の教訓と反省を考えることにします。

●満足しているのか?
もともとは好き勝手に書くつもりでした。当初は深く考えていなかった部分もあります。
内容的にも不十分なものが多々ありますし、感情的になってしまったものもあります。
自分の至らなさから、やめてしまおうかと、何度か思ったものです。
人様の反応が思った以上にあって、戸惑いもしました。
こんなことを続けていて、何の意味がある? 最近、時々怪しくなってきます。
偉そうに、他人のことをどうこう言える立場ではないかもしれません。
ただ、思ったこと、考えたことをつづるうちに、ここまで来てしまいました。
もう少し深く考えられればいいのですが、課題はその辺にあるかと思います。
過去の記事を読み返すたび、恥ずかしさのほうが先にたちます。
自らへの戒めも込めて、このまま残しておくことにします。

●批判に向き合えたか?
コメントやトラックバックで何度か批判や異論の声をいただきました。
十分だったかどうかは分かりませんが、ひとつひとつに向き合ってきたとは思います。
「削除」という方法は、何度かとりました。
ですが、それはアダルト系トラックバックに対してのみです。
批判に対しては、削除はしていませんし、今後もするつもりはありません。
批判は、自分に足りない部分への指摘として、ありがたく受け取ろうと思っています。
それが、自分の成長にとって最も大きい部分だと思います。
また、意味不明なものや罵詈雑言といったものはほとんどありません。
批判にも意識の高さがうかがえ、頭の下がる思いです。

●一番の反省は?
遭難者の実名表記の問題です。
日々是好日65hatayasanさまから頂いたご指摘。
最も強烈なものでした。
その後のHIKOさまとの議論を経て、実名は削除しました。
批判的固定読者?がいた事実、初めて思い知ったところです。
また、配慮の足りなかったところを気づかされた点、ありがたく思いました。
課題の多さを突きつけられた思い、今後も忘れてはならない、と言い聞かせています。

●何を書いてもいいのか?
他人への配慮などはともかく、基本的には何を書いてもいいと思います。
これまでに書いてきた駄文、あくまで私的見解です。
自分の意見として、「こうじゃないかな」「こうだと思う」ということです。
ですが、「自分がすべて正しい」とは思っていません。
私自身、山岳ジャーナリストではありません(下手な文章でお分かりでしょうが)。
また、ここの文章で収入を得ているわけでもありません。
足りない視点や考え方への指摘、批判があって…。
そこから少しでも「正解に近づければ…」と思っています。
覚悟や考えはまだまだ足りないかもしれません。
ですが、少しでも前に進めれば…と思っています。

●自分が遭難したら?
私の会にはHPがありません。ですので、会のHP上に掲載することはできません。
しかし、ここに、このブログがあります。
マスコミ経由の断片的情報ではなく、すべて自分では分かっているはずです。
人様のことをあれこれ書いてきた以上、自分のことにはほっかむり…。
そんなことはできません。
可能な限り詳細を掲載し、考察し、読者の意見を仰ごうかと思っています。
その中で、原因やとるべき手立てがほかになかったのか…。
一歩進めた形で、反省と教訓を自らの糧にしたいと思います。

●自分だけは遭難しない?
そんなことはありません。
重傷(骨折)のけが人を出してしまい、救助を呼んだことがあります。
10数年前のことですが、後悔の念は消えません。
そのときの場面が、いまだに目に焼きついています。
そのほかにも、実際に何度か遭難しかかったことはあります。
ほとんど紙一重だったことも何度かありました。
また、山で転んだ経験は誰しもにあると思います。当然、私もそうです。
これは転・滑落にそのままつながります。
また、ルートを失い、何時間もかけてやっと戻れたこともありました。
山に行く以上、遭難は常に背中合わせだと思っています。


●これからどうする?
自分の言葉で、自分の考えたことを発信し続けられればいいと思います。
人様のためでなく、自分を磨くため。
結果的に人様にいい影響が及べば望外の喜びです。
そもそも、ここまで反響があったこと自体が驚きでした。
大して見向きしてくれる人もいないと思っていたので…。
いつまで続くか分かりませんが、時間と気力の続く範囲でやろうと思います。




気がつけばここまで来てしまいました。
読者の皆さんに感謝するほかはありません。
自分自身としては、自問自答と葛藤を続けるのみです。
本当は、ぼつぼつと気ままに更新していけばいいや…みたいな感じでした。
あまりの遭難の多さに、いまだに驚きが消えません。
のんびりと更新できる日がくればいいのですが。。。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/15(火) 21:16:25|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【道具を語る8】 ガスコンロとCO中毒 | ホーム | 【遭難カルテ101】 富士山ツアー、不明の71歳救助>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/219-21a225c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。