山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ102】 飯豊川で男性死亡

【概要】
15日午前7時半ごろ、新潟県新発田市の湯の平温泉から1キロ上流の飯豊川で、仲間の東京都府中市の自営業男性(46)が川に流されたと110番通報。同日午後5時15分ごろ、約50メートル下流で浮かぶ遺体を県の防災ヘリが発見した。男性は東京の山岳会わらじの仲間のメンバー4人で12日、阿賀町から飯豊連峰に入山、16日に山形県小国町に下山予定だった。14日午後1時20分ごろ、北股岳(標高2024メートル)に向かって同川沿いに沢登りをしている際、先行する仲間が張ったロープから誤って手を放し、流されたという。残る3人が付近を捜したが、見つからなかったため、15日朝に約3・5キロ下流の加治川ダム管理事務所まで下山し、電話で通報した。
(毎日新聞、新潟日報、NHKよりデータ抜粋・引用、死亡した男性のみ実名報道)


【考察】
フィックスロープをたどっているときに流されたのでしょうか。
ゴボウ抜きの時には、ザイルにすがってそのまま突破します。
その際に発生した事故かもしれません。
ハーネスとザイルをカラビナ&シュリンゲでつないでいれば防げたかもしれません。
ですが、そこまでする必要がないと判断したのでしょうか。。。


わらじの仲間は、沢を中心に活動している会として有名です。
レベルの高い活動で大阪わらじの会と、「東西の両横綱」などと勝手に思っています。
ま、これは私の勝手な思い込みですので…。
「違う!」というなら、ゴメンナサイ。

そして、飯豊の沢。
沢ヤにとっては聖地の1つです。
4泊5日にわたる計画、相当の気合を持って挑んだと想像できます。

それなりの経験や技術があっても、事故にあう。
今回はそう思うことにします。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/18(金) 23:34:15|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<【遭難カルテ103】 北アで滑落の女性死亡 | ホーム | 【日々是好日77】 子連れの山に不純な動機>>

コメント

お久しぶりです。
飯豊川本流の遭難事故、痛ましい限りです。
沢登りでいつかは行きたいと思っている場所で起きた事故だけに、他人ごととは思えず記事にしました。
手練の経験者が万全の体制で臨んでも事故を起こしてしまうことがある。冷や水を浴びせられたような思いです。
管理人さんの記事を引用させていただきました。該当する記事をトラックバックさせていただきます。
  1. 2006/08/19(土) 07:40:34 |
  2. URL |
  3. hatayasan #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hatayasanさまへ

おはようございます。
こちらこそお久しぶりです。

今回の一件、沢ヤの世界では結構な衝撃のようです。
「手練の経験者が万全の体制で臨んでも事故を起こしてしまうことがある」
まさにおっしゃるとおり。
遭難のリスクは誰にでもある。
あらためてその事実を突きつけられた思いです。

  1. 2006/08/19(土) 08:44:50 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

先週飯豊川本流を遡ってきました。14日の遭難現場には、まだザイル、カラビナ、ルベルソ等が残置されていました。私達がそこを通過したときは、それほどの水量ではなかったので、楽に通過できましたが、おそらく遭難当日は水量が多く、かなり困難な状況だったのだと思います。
  1. 2006/08/31(木) 07:58:12 |
  2. URL |
  3. suginoko #-
  4. [ 編集]

suginokoさまへ

はじめまして。

事故の痕跡に直面すると、言葉を失います。
1995年1月の中ア・千畳敷の雪崩。
発生1週間後に訪れた際、現場付近に赤旗が林立していた風景。
今でも忘れられません。

今回の事故は、その影響が沢ヤの間ではとても大きなものでした。
いまだに、なぜ?が消えません。
  1. 2006/09/01(金) 10:41:25 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/223-66b50b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[mountain]飯豊川本流での沢登り中の遭難死亡事故を聞いて

山岳会の人から、東北の飯豊川本流(いいでがわほんりゅう)で遭難事故があったことを教えてもらった。 水難事故:登山客の男性が川に流され死亡--新発田・飯豊川 /新潟:MSN毎日インタラクティブ 毎日新聞、8月16日の記事より。 ROCK &#38; ICE WORLD 事故に遭ったパ
  1. 2006/08/19(土) 07:40:56 |
  2. 忘却防止。

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。