山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 13日目】 氷ノ山越え、次の目標

21日、11時前に、若桜氷ノ山キャンプ場を出発。
長男、スタートダッシュ!
快調!
まあ、付いていくのに汗をかきました。

次男は嫁さんとゆっくり。
15分ほどで背負子に収まりました。

すると、長男が
「足がいたぁ~いぃ」「おなか痛ぁいぃ~」
と、やる気激減ゴネゴネモード。。。。
それでもなだめすかし、だましだまし歩かせて…。

一方、背負子の次男。
ニコニコしながら「こっちやで!」
オイオイ! 背負われたご身分でルート指示かい!

1時間少々で、氷ノ山越えに。
ここには小さな避難小屋がある。
泊まれるのは10人ぐらいか。

昼飯を食べつつ、さあこれからどうするか…。
氷ノ山山頂方面に黒っぽい雲が少々…。
ありゃあ、夕立かな…と、嫁さんと判断が一致。
降られる前に下りてしまおうと、下山することに決定したが…。
「てっぺんまで行きたい…」
あれだけゴネていた長男がポツリ。
彼なりの悔しさがにじんでいました。

熱意は買おう!でも次回だ!!と説得。
いつもの昼寝時間にかかってきたため、眠気とともに不機嫌に。
説得が難航する中、次男が「下まで歩くよ」!!!

結局、長男を担ぎ、次男を歩かせることにする。
いつも「やる」といってはすぐにくじける次男でしたが…
この日の彼はいつもと違っていました。
結局、下まで歩いてしまいました。
途中で寝ていた長男も目を覚まし、最後は4人そろって下山。

車に荷物を積み込んでいると、ポツリポツリ…。
来ました!夕立!
ナイスタイミングの下山でした。
家に帰ってテレビをつけると、JR山陰線が大雨で運転見合わせ。
相当降ったようですな・・・。




氷ノ山山頂までとなると、ウチの子供の足にはやや長いルート。
嫁さん、久々に山オンナの血が騒いだようで、作戦を考えているようです。
W背負子で行くしかないかな。。。
親にとっても次の課題が見つかった山でした。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/08/22(火) 16:53:23|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ104】 前剱で転落の男性死亡 | ホーム | 【遭難カルテ103】 北アで滑落の女性死亡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/225-7d000bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。