山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ108】 北穂で滑落の女性死亡

【概要】
26日午前10時10分ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の北アルプス・北穂高岳(3、106メートル)直下の滝谷A沢で、登山中の女性が約100メートル下に滑落したのを同行者が目撃し、北穂高小屋を通じ高山署に通報した。滑落したのは、栃木県上三川町の無職女性(56)で、仲間3人と槍ケ岳から北穂高岳へ縦走中、尾根から滑落した。現場は岩場で、登山道からは女性の姿が見えるが、動かないという。27日午前8時15分ごろ、岐阜県警のヘリが発見・収容したが、女性はすでに死亡していた。
(毎日新聞、読売新聞、中日新聞よりデータ引用・抜粋。死亡女性のみ実名報道)


【考察】
遭難カルテ100で触れた事故と、ほぼ同じ場所での発生です。
特別に岩登りの訓練が必要なコースではありませんが、やはり岩稜。
なめてかかっては痛い目にあいます。

報道によると、事故当日はヘリが接近できないほどの天候。
当日の捜索は打ち切られ、27日朝から再開されたようです。
この悪天候も、事故の要因のひとつではあります。

が、転落・滑落はヒューマンエラーの要素が大である部分は変わりありません。
年齢に関わらず、転・滑落のリスクは存在します。
が年齢が上がるにつれて、そのリスクは大きくなることも事実です。

初心者向けの歩くだけのルートとは違う場所です。
それなりの準備・心構え、忘れないようにしたいものです。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/01(金) 17:23:23|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ109】 白馬大雪渓で落石、2人死傷 | ホーム | 【遭難カルテ107】 北岳で不明の男性は無事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/232-73e46fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。