山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 15日目】 木曽駒頂上へ

テント泊明け、朝飯はお茶漬け。
ゆっくりと支度をして、木曽駒へ。
歩き始めはガスの中でした。
tyuua3.jpg

長男は快調に飛ばしますが、次男はマイペース。
途中から泣きながらの登り。
それでも足が止まらないあたり、慣れてきたのでしょうか?
すれ違う人が「ボク、アメあげようか?」といわれたとき、泣きながら手を出して笑いを誘っていました。

小休止を挟みつつ、何とか頂上へ。
次男も機嫌が直り、兄弟で抱き合って登頂を喜びました。
tyuua5.jpg

長男は元気いっぱい。
その辺のものに手当たり次第によじ登りまくりで…。
tyuua4.jpg

撤収を済ませ、下山へ。
次男は中岳への登り返しは自力で歩いたものの、中岳からは背負子の人に。

長男は終日快調。
ロープウェーの駅近くまで来たときに、雨がポツリ…。
そこから走る長男についていくのが精一杯でした。



子連れテント山行、トラブルもなく無事終了。
2歳児と4歳児を何とか上まで登らせることも出来ました。
長男は全行程を自力で歩ききり、次男も登りはほぼすべて歩いたことになります。
今年最大の宿題(?)が終わり、ほっとしています。
来年は…2泊3日などと勝手に考えていますが…。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/02(土) 19:27:48|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【遭難カルテ110】 針ノ木で不明の男性無事 | ホーム | 【山日記 14日目】 テント!テント!>>

コメント

お疲れさまでした。

小さいお子さん連れでの高山は、あれこれ神経を使われ大変な事と思います。が、着々と課題をクリアされていかれているんですね。しかも無理の無いペースで。
さすが、K・Tさん。こんなところにも日頃の山に対する姿勢が伺えて、本当に感心いたしております。
来年の2泊は、いったいどちらで過ごされるのか?私も楽しみにしています^^
  1. 2006/09/04(月) 21:54:51 |
  2. URL |
  3. にこちゃん♪ #nMYPI6HY
  4. [ 編集]

Re:お疲れさまでした。

にこちゃん♪さまへ

山に対する姿勢というよりも、家庭サービスと山に行きたい願望の妥協点なんです。

乳幼児連れだと、これまで考えもしなかった、いろいろなことが必要になります。
ウチの場合は、首がすわってお座りが出来れば担いでいける?というところからスタートしました。
計画段階からいろいろと考えることもあり、それが悩ましくも楽しくもあります。
ひと山終えると、「次はどうするかな…」となります。
子供の成長もありますが、親も少しだけ成長しているのかも…などと勝手に思っています。

こういう山のスタイルも、アリなんではないでしょうか。
とはいえ、自分自身の山にもそろそろ行きたいなぁと・・・。
  1. 2006/09/05(火) 11:27:02 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/235-a292fea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。