山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【道具を語る9】 キッズキャリア

我が家には2つあります。
キッズキャリア
左がエーグルのドンジョンクラシック、右がジャックウルフスキンのウォッチタワーデラックス(WT)。
すでにどちらも製造中止かモデルチェンジ済みです。

WTは公称23リットルだったと思います。
各メーカーのキッズキャリアの中で、最大の用量だったはずです。
結構荷物が入り重宝しますが、キャリア自体も結構な重量。
エーグルは子供を乗せるためだけのシンプルなつくりで、3~4リットルしか荷物は入りません。
シンプルだけに、軽い。

さて、容量重視と軽量重視。
選ぶポイントは、山に行くスタイルによります。

大人2:子供1なら、シンプル系でいいでしょう。
1人が子供、もう1人が荷物、と分担すればいいのですから。

大人1:子供1なら、容量重視しかありません。
1人で子供と荷物を担ぐほかはありません。

大人1:子供2。
日帰りでお弁当、飲み物、雨具…。
上の子を歩かせ、下の子をかついでいくときには、WTの23リットルが心強かったです。

最近のキャリアは、背面や肩ベルトがしっかりとしてきて、ずいぶん担ぎやすくなっています。
またシートベルトも工夫されて、脱落しにくい構造になっています。

パイプ式のキャリアは、子供を載せたまま自立します。
担いだ子供が寝てしまっても、キャリアをおろして休憩できるのは。大きなポイント。
重量はかさみますが、親の休憩がずっと楽です。
シンプル系は自立しないものがあり、休憩中も担いだまんまなんてことになります。
うちのエーグルはそうですから…。
おろしたときも転ばないようささえておく必要があります。

また、WTはかついでいても、思いながらも安定感があります。
エーグルのほうは、若干安定感に欠けるのが、下りのときによく分かります。
うちは体重の重い長男がキャリア自体の重く荷物の多いWTに乗り、軽い次男が軽い方のエーグルに乗る…ということになります。
夫婦で重量差が…というのは言いっこなしですかね。
実際長男を担ぐと、冬山縦走並みの重量を背負うことになります。

雨対策。
オプションで専用の雨蓋があるモデルもあります。
が、足は濡れてしまいます。
また、専用のレインカバーがあるモデルもあります。
うちの雨対策は…専用雨蓋装着の上、大き目のザックカバーをガバッとかぶせてしまいます。
ま、あまり雨の日には行かないので出番は少ないですが…。
いずれにしても、雨対策は自分で工夫するしかないのが現状のようです。

今夏の木曽駒テント泊のとき。
80リットルのザックに装備全部を詰め、WTに嫁さんと次男の水、行動食、雨具、防寒具…といった配分でした。
エーグルにはどう考えても入りきらなかったからです。

各メーカーから、いくつかのキッズキャリアが出ています。
重量キャパなどの問題はありますが、経験から言えば、自立式が便利です。
少ない選択肢ではありますが、少しずつ進化していくことでしょう。
まあ、うちはもう、買い換えたりすることはないでしょうが…。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/16(土) 11:57:36|
  2. 道具を語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ113】 北アで不明の63歳男性、無事救助 | ホーム | 【日々是好日83】 組織登山者のほうがヤバイ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/245-f93e09ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。