山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ115】 南八甲田で行方不明、72歳女性は無事

【概要】
26日午前3時ごろ、青森市の無職女性(72)が南八甲田登山道に向かったまま戻ってこないと、家族から通報があった。女性は25日午前8時ごろ、長男と趣味の写真撮影のため酸ケ湯 温泉に向かった後、「南八甲田方面の猿倉温泉から矢櫃萢(やびつやち)に写真を撮りに行く」と長男に告げて一人で南八甲田に向かった。同日午後7時ごろまでにバスで帰宅する予定だったが戻らないため、家族が猿倉温泉に出向いたところ、駐車場の休憩所内で女性のカメラの三脚を発見した。26日朝から警察署員と消防隊員三十人のほか、県防災ヘリ「しらかみ」が捜索。同日午後4時42分、女性が猿倉岳から下山しようとしていたところ、捜索隊から前田さんの特徴を聞いていた一般の登山客に発見され、無事に下山した。女性は途中で道に迷い、登山道沿いを行ったり来たりしていたという。目立った外傷はなく、意識もはっきりしている。
(東奥日報の記事を要約。報道は実名)


【考察】
72歳女性、と聞いただけで、大丈夫?、と反射的に思ってしまいます。
朝晩冷え込んでくる季節、しかも東北となれば、なおさらです。
26日の青森市の最低気温は9.8度。
山中となれば、夜や明け方は零度近くまで下がっていたはずです。

日帰りの写真山行。
本格的なカメラであれば、重量の負担も大きいはず。
そして、ビバーク装備は?
このあたり、詳細な情報がないので、なんともいえません。
が、装備によっては、厳しい一夜だったことは予想できます。
当日は高気圧に覆われ、天候が崩れなかったことも幸いしたのでしょう。

年齢的なことを考えると、単独行動は避けた方が良いかと思います。
今現在の情報だけからすれば、「運が良かった」ことが、無事下山の最大の理由ではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/09/28(木) 18:47:38|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ116】 鳳凰・地蔵岳で遭難の男性、5日ぶり下山 | ホーム | 【日々是好日86】 間もなく控訴審 ~その2~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/252-4a320f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。