山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ11】 九州で60~70歳代6人「下山せず」

【概要】
23日午後11時半ごろ、熊本県八代市の上福根山(1645メートル)に登山した6人グループの知人男性から、「予定時間になっても下山しない」と氷川署に届け出があった。
二十四日朝から、県警や地元消防団など約50人が捜索。
約1時間後、自力で下山している全員を発見、無事を確認した。
6人は長洲町の無職男性(73)ら60~70歳代の男性4人と女性2人で、いずれも登山歴は20年以上。
男性らによると、23日午前9時半ごろ、同町久連子の登山口から岩宇土山(1347メートル)を経由して上福根山に登り、夕方に下山予定だった。
下山に時間がかかったため、野宿することにしたという。
たき火で暖を取って24日朝から下山し始めたという。

【考察】
さて、また中高年です。
中高年というよりも高齢者といったほうがいいかもしれません。
登山暦20年といいますが、年数にたいした意味はありません。
年数よりも、その質が問われるわけです。
今回の6人について、その質の程度は不明です。

今回のポイントは、途中段階でなぜ連絡を取れなかったのかということです。
食料は十分にあったようですし、夜間に行動しなかったのは基本です。
が、携帯電話や無線機などで「1日遅れる」と連絡があれば、問題は発生していないのです。

そして、もうひとつの問題。
行程に時間がかかっていたことで、どこかの時点で下山開始という手がなかったかということです。
当然、「進むのがベスト」という場面は、多々あります。
が、そこにたどりつく手前ならば、引き返す方がベターです。
早めに先を読むことが重要です。
今回はその判断時期を誤った可能性もあります。

このコース、だいたい5~6時間の行程です。
行動開始が午後9時半。
そもそも時間がかかりすぎています。
何年も山をやっている以上、体調不良や、年齢からくる衰えも考慮に入れるべきです。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/26(日) 18:37:24|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日6】 山スキー競技 | ホーム | 【遭難カルテ10】 比良山系で女性死亡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/26-91fae293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。