山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ12】 八方尾根で雪崩・男性重傷

【概要】
26日午前8時30分ごろ、長野県白馬村の北アルプス後立山連峰・唐松岳(2696メートル)の八方尾根を下山中の愛知県幸田町、会社員男性(48)と妻(52)が雪崩に巻き込まれた。
午前9時10分ごろ、2人から携帯電話で連絡を受けた家族から110番通報があった。
26日に県警の救助隊員らが現場に向かったが、到着前に日没となり、救出作業を中断。
男性は左ひざを骨折して妻と一緒に雪に穴を掘り、現地でビバーク。
妻にけがはない。
翌27日、2人はヘリコプターで救助された。
2人は25日、1泊2日の予定で八方尾根に入山。
26日午前、唐松山荘から下山途中に八方尾根で雪崩に巻き込まれた。

【考察】
八方尾根で雪崩が起きるとは…少々驚きました。
唐松に行くのには、至極当然のルートだからです。

雪崩から自力脱出できたこと、連絡がスムーズにいったこと、ビバークがうまくいったこと。
生還の鍵は、その辺にありそうです。

ただし、問題もあります。
26日は太平洋岸と日本海に低気圧があり、北東へ進行。
天気図を見ると、どう見てもアヤシゲなふんいきたっぷり。
明らかに「二つ玉低気圧」と呼ばれるパターンです。

06022612の天気図


事前にある程度読めるはずではありますがね…。
よりによってこんな状況で動かなくても…と、思ってしまいます。

この日は現地では降雪が続いていたほか、上高地乗鞍スーパー林道でも十数か所で雪崩が発生し、車が立ち往生。
重要なファクターである天候を軽視していた部分があったかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/27(月) 13:57:34|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【危険回避の道4】 ガイドなら安心? | ホーム | 【危険回避の道3】 山岳会の品定め>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/29-9ea3f68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。