山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日111】 暖冬とスキー場


毎年ながら、年末は仕事が忙しい。。。。
今年も年内は、ほぼ仕事ばかりになりそうです。
(滞る更新の言い訳ですな…)

世間の仕事納めは28日ですが、今年は木曜日。
来年の1月3日は水曜日ということで、「年末年始の大連休」にはなりそうにないのでしょうか。
まあ、ウチの仕事にはあんまり関係がないのですが。。。



今年は秋に天気は荒れた日があったものの、今のところ、暖冬のようです。
山にも雪が少ないようですが、込み合う年末年始の山に行くつもりはないので、それはそれでいいんですが。。。



先日、スキー場のシーズンパスポートが届きました。
私のホームゲレンデは、びわ湖バレイ。
何と言っても家から近い、というのがその理由です。

去年は12月に寒波が来て、10日ごろから営業していました。
が、今年は…全然ダメ…。
HPをのぞいてみると、ゲレンデは、ぬたーっと茶色い地肌をさらしています。
いつのオープンになることやら…。

スキー人口の減少や不景気などで、スキー場の閉鎖が相次いでいます。
そんな中で、暖冬と来れば、スキー場へのダメージはかなり大きいのではないでしょうか。

自然破壊を伴うスキー場開発。
バブル期の乱開発でたくさんできはしたものの、現在は淘汰の真っ最中、といったところでしょうか。



山に行くにも入山や下山でスキー場を使うこともあります。
八方尾根、五竜遠見、伊吹山…。
この辺は、なんだかつぶれてもらうと困るなぁ…と、個人的には思います。
ただ、これ以上は、もういらんなぁ…とも。



2月に麦草岳から木曽駒高原スキー場に下山したときのこと。
2004年、経営不振で親会社が倒産し、5000万円で売りに出されて話題になったスキー場です。
介護福祉関連のウェルネスアート(大阪)という会社が経営権を手に入れましたが、その後もトラブル続きだったようです。
下山したときには営業しておらず、異様な静けさでした。
白い斜面に風の音だけの、無人のスキー場。
なんとも上手く表現できない雰囲気でした。
営業再開は難しそうな感じで、このまま行けば…どうなるんだろう?



そういえば、閉鎖になったスキー場って、その後どうなるんでしょうか。
設備の撤去のほか、回復作業ってされてないんだろうか。
そのまま自然に帰すのかなぁ?
少し不思議に思いました。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/12/16(土) 16:56:52|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<【日々是好日112】 やっと・・・寒波 | ホーム | 【日々是好日110】 非常食のこと>>

コメント

「国設スキー場」などは営林署が入っています。
それ以外のスキー場ですと、村(町・市)有地とか財産区の土地をスキー場経営会社が借りる場合が多いです。
借地契約では営業をやめる場合は、「原状回復」(リフトなどの設備の撤去と植林)を原則としていますが、そのようにはいかないようです。
営業停止後の処置で揉めているところが出ています。だいたい経営が上手くいかなくての倒産ですから、原状回復する資金もないわけです。
それで普通は他の会社に売却したり、親会社が赤字を処理をして、軽くなったスキー場を地元自治体に無償譲渡したりします。
それで地元自治体が「雇用確保」「地域観光振興」などを掲げて営業しようとしますが・・・・
なかなか上手くいかないのですよね~
(素人商法で傷口を拡げるだけです)

いつかは「元ゲレンデ」が至る所に出てくるでしょう。赤さびのリフトの廃墟を伴って・・・

  1. 2006/12/16(土) 18:10:37 |
  2. URL |
  3. 元山男 #tLotD3lc
  4. [ 編集]

元山男さまへ

元山男さまへ。
こんにちは。

なるほど、国設なら営林署の手が入るのですね。
とはいえ、一度引っぺがした地面ですから、なかなか現状に戻るのに時間がかかるのでしょうね。
民間の場合には・・・目も当てられない状態に・・・。

スキー人口自体がバブル期の半分なんていわれています。
いまさら黒字にしようとしたら、よっぽどの努力をしないと難しいと思います。
さらに自治体が経営に絡むと・・・スキー場に限らず、大体上手く行かないことは、数多の例が示しています。
まあ、いずれにしても難しい問題ですね。

あちこちに「元ゲレンデ」や「リフトの廃墟」・・・。
想像すると、ちょっと怖いかも知れませんね。。。
  1. 2006/12/16(土) 19:26:24 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

少々説明不足で

国設スキー場とは、営林署と交通公社が作ったものです。それと地元自治体も入りますが・・・
営林署の土地=国有地を安価に借りて、交通公社が設備を作り経営する。
営林署は職員=木こりさんたちの退職後の職場の確保にもなるし、営林署の事務職員にも天下り先として最適。
だいたいこんな構図です。
今は交通公社=JTBが手を引いたためにだんだん地元自治体との第3セクターに変わったり、経営権を売ったりして営林署も手を引いているようです。(少なくとも私の住んでいるところでは撤退しています)その場合は営林署は「地主」として存在します。
結局、営林署も手間のかかる現状回復には積極的ではないです。
  1. 2006/12/16(土) 22:47:11 |
  2. URL |
  3. 元山男 #-
  4. [ 編集]

Re:少々説明不足で

元山男さまへ。

なるほどそんな構図とは・・・よくわかりました。
補足説明、ありがとうございます。

やはり原状回復は、なかなか難しいのですね。
放置すれば、不必要に山が荒れてしまうように思います。
ビジネスを持ち込むことは否定しませんが、最後まできちんと面倒を見て欲しいなぁ・・・と思いました。



今回の件では(今回に限らずですが)、いろいろと知らないことを教えていただき、ありがとうございます。
ずいぶん、参考になりました。
  1. 2006/12/17(日) 01:24:43 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

2004年に廃業した比良山スキー場では現在、自然公園法に基づいて原状回復の工事が行われています。10年をめどに元の自然に戻す、ということです。
  1. 2006/12/17(日) 07:25:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

自然公園法が適用されるところは、原状回復しないと違反になりますから時間をかけて直すでしょうね。
自然公園法が適用されない地域は、なかなか難しいようです。
自然公園法が適用されるのは、国立公園、国定公園、都道府県立自然公園などの自然公園法に元好き指定された地域ですから、法の適用がされない地域の方が遙かに広いです。
そう言うところでバブル期に地域振興でスキー場と無理矢理作った場所は、廃墟のままうち捨てられる可能性があります。
それでもリフトなどの設備がまだ新しければ、中古機器として購入するスキー場もありますから、リフトの塔などは売れる可能性があります。
自然公園隣接地で自然公園法の適用を受けない場所に、スキー場を開発している例が多いですから・・・・
  1. 2006/12/17(日) 21:43:36 |
  2. URL |
  3. 元山男 #-
  4. [ 編集]

話はずれますが

少し話はずれますが、「山と渓谷」2007.1号の特集は「いまがわかる「山」の事典」ということで、現状の山岳事情を広範囲に取り上げた特集でした。
なかなか読み応えがあります。

倒産スキー場の問題ですか。
自然の降雪を利用したスキー場ならまだしも、完全な人工スキー場では人工降雪機が動かないと完全な裸地状態で何年も放置されますね。
前々回のスキーブーム後放置されたスキー場は長年裸地のまま放棄されていましたよ。
結構、ゼンマイが生えたりしていい山菜取りの場所になったりするのですが、急峻な場所などは土砂崩れの原因にもなりますから要注意ですね。
  1. 2006/12/17(日) 23:17:00 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

シーズン券でスキーかぁ・・・
ゲレンデスキーしばらくしてないなぁ。
一時毎日滑れる環境にあったのでその時期を過ぎたらいかなくなりました。
いけばいったで楽しいんですけどね。
今はテレマークやってみたいです。
今年は倉庫から引っ張り出してチューニングでもすっかな!
  1. 2006/12/18(月) 11:45:29 |
  2. URL |
  3. KAZU #-
  4. [ 編集]

お三方へ

無記名の方へ。

比良山、廃業前に一回行かなきゃ・・・と思いつつ、果たせぬままとなりました。
手前にあるびわ湖バレイが近づいてくると、近い方でいいや・・・になってしまいました。
復旧工事が行われるんですね。
10年で元に戻るかどうか、疑問は残りますが、放置するよりは、はるかにマシですね。

あと・・・できれはHNを入れていただければ助かります。。。
「無記名の方」という呼び方が、なんとなくしっくりこないもので。。。。
次回以降、よろしくお願いします。



元山男さまへ。

自然公園法の縛り、開発サイドからすると、うっとおしいものですね。
勢い、適用地域外に・・・となるのも、営利企業なら当然のことでしょう。
適用地域外で設備が売れるところはあるかもしれませんが、木を切り、削った斜面は放置になりそうですね。。。
開発前に、全てのスキー場に廃業時の復旧を課すのは、難しい問題なんでしょうかね。。。



おーのさまへ。

山と渓谷、ただいま熟読(?)中です。
前回(12月号)の失敗があるもので、少々臆病に・・・(笑)。
文章にするまで、もう少しだけお待ちください。

放置スキー場、いい山菜取りの場所ですか。
そういった方面からの活用、可能性は探ってもいいのかもしれませんね。
全然気づきませんでした。
ただ放置するのではなく、第2の人生的な活用法、確かにひとつの方法ですね。
高山帯でないため、いろいろと使える手はあるように思いました。
ただ、おっしゃるとおり土砂崩れの危険は、場所によっては残りそうです。
多少の手入れはいずれにしても必要になってきますね。
  1. 2006/12/18(月) 11:48:30 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

KAZUさまへ

コメント、タッチの差でしたね(笑)。

びわ湖バレイ、関西のスキー場ですから、駐車場からゴンドラに乗らないと、ゲレンデには行けません。
駐車場代(1000円)+ゴンドラ乗車券(1800円)+リフト券(4000円)・・・
1日丸々なら6800円!!
高っ!!ということになります。
私のは、シーズン券とはいえ、平日限定顔写真入り早期申し込み割引です。
お値段は・・・22000円!
コレでなければ買えません(笑)。

テレマーク、楽しいですよ。
なかなか思い通りにならないあたりとか(笑)。
アルペンスキーのうまい人にとっては、コツさえつかめば、それほど難しくはない、と聞いたことはあります。

オフピステにも何度か行きましたが、それはそれで楽しかったです。
まあ、私の場合にはテレマークというより、ゲレマーク中心のヘタレマークという程度ですが・・・。
  1. 2006/12/18(月) 12:00:51 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

通りすがりですが、間違いがあるようですので少し。

スキー場が規制を受ける一番重要な法律は、森林法です。
よって、自然公園法の規定の掛からない範囲であっても、
ある面積以上であれば、森林法が適用され、その縛りの中にあります。

また、国設とは、国有林を伐採して作ったスキー場であれば
皆付いております。ただし、それを通称名称の中に
使用して、冠するか否かは、事業者によります。

さらに、国設スキー場に交通公社は
基本的に何も関係ないのが通常かと思います。
地元(行政)と民間企業が出資して作った会社
いわゆる第三セクターが運営するパターンが多いのです。
ですから、交通公社が民間出資会社の一つとして
出資しているスキー場があるかもしれませんが
それと国設の名前が付くかどうかとは
まったく関係ありません。


スキー場運営を縛る法律のもう一つは
鉄道事業法となります。
リフト運行を規定する法律ですが、
営業を休止した後、閉鎖ではなく、
休止と届けておけば、現状復帰義務は生じません。
そのようなゲレンデも多数あります。

また現状復帰義務は、営林署にあるのではなく
スキー場事業者側にあります。

中古のリフトを移設して売れる、という話を
書かれている方もいらっしゃいますが、
現実に、そのような非効率な方策を取る事業者
はありません。

リフト支柱の基礎解体など費用等を考えれば
安価なタイプのリフトを設置したほうが
安上がりですし、ランニングコストも抑えられます。


簡単ですが、ご参考に。
  1. 2006/12/22(金) 14:37:24 |
  2. URL |
  3. graupel #L9FLFt/w
  4. [ 編集]

私の思い違いだったのですね

間違えたことを書いてしまったようで申し訳ないです。
私の知っている例から、今までそう思っていましたので・・・。
リフトの機器は中古で買われるときがあります。鉄塔はどうだか分からないけど・・・
たしか、北海道でスキー場再建で有名な企業がこれをしていました。
  1. 2006/12/23(土) 07:17:40 |
  2. URL |
  3. 元山男 #-
  4. [ 編集]

お二方へ。

graupel さま&元山男さまへ。
まとめレスですがご容赦ください。

法律のことは、全く疎いもので・・・。
これからもいろいろと教えてください。
参考にさせていただきます。

それにしても、放置されるケース・・・少しでも減ればいいですね。。。
  1. 2006/12/25(月) 11:18:49 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/296-78d6b06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。