山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ126】 山スキーの夫婦、無事下山

【概要】
7日午後1時半ごろ、北アルプス・白馬乗鞍岳(2469メートル)へ山スキーに出かけていた神戸市須磨区と会社員(35)と妻(37)から、悪天候で下山できなくなったと、携帯電話で長野県警に救助要請があった。2人は5日に入山し、日帰りで尾根伝いに白馬乗鞍スキー場へ下りる予定だったが、道に迷ったため標高1400メートル付近で雪洞を掘りビバーク。6、7日も天候悪化で下山できず、食料と燃料が乏しくなったため7日、110番したという。8日になってから連絡がつかなくなっていたが、午後2時20分ごろ栂池高原スキー場に自力で下山した。2人とも両手に軽い凍傷。周辺では6日から大雪などの注意報が出され、現場付近の積雪は2メートル近いという。天候が悪く、捜索は難航していた。
(毎日新聞、読売新聞、神戸新聞、信濃毎日新聞よりデータ引用・抜粋)


【考察】
金曜日の日帰り山スキーでの遭難です。

日帰り装備で3ビバーク、よく耐えられたと思います。

「週末にかけて大荒れ」の予報、週アタマから出ていました。
5日の天気図を見てみます。
東北にある高気圧に覆われて、穏やかな状態に見えます。
この夫婦、一部では「他グループのシュプールをたどっているうちに迷った」と報じられています。
おそらく、5日の時点ではそれほど天候がヤバイ感じはしなかったのでしょう。
そして迷い、ビバークするうちに天候が悪化し…というあたりが真相かもしれません。

となると、問われるのは天候判断よりも、現在位置を把握し続ける力、ということになります。
現地の5日当時の天候を把握できていないのでなんともいえませんが、視界が明瞭なら、迷わなかったのではないでしょうか。
(ちなみに「下界」は「晴れ」だったようです)
山中でガスが出るなどして、今ひとつの視界だったのかもしれません。
また、ルートを他人のシュプールに頼ったのが失敗の元だった可能性もあります。
(ま、吸い込まれるようについていってしまう気持ちはよく分かりますが…)

雪山でホワイトアウトしてしまうと、なかなか地図だけでは位置把握が難しくなります。
そんなときにこそGPSが効果を発揮するのでは…と思います。
通報では「どこにいるか分からない」といっていたとの事。
GPSは持っていなかったのでしょう。

携帯電話が8日には通じなくなっていた点。
原因がバッテリー切れの可能性があります。
携帯電話などの充電式・リチウムイオン電池は定温での劣化が激しいものです。
すぐにバッテリーが切れてしまいます。
コンビニなどで売っている充電器と予備の単三電池を持っていれば、かなり重宝します。
充電器とやや多めの予備電池携行、「連絡がつかなくなった」を防げる手段であろうと思います。


いずれにしても、生きて帰れたことは何よりでした。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/01/10(水) 20:54:50|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<【遭難カルテ127】 宝剣岳で男性下山せず | ホーム | 【日々是好日116】 年末年始、人気の八ヶ岳>>

コメント

この連休は

最初から「爆弾低気圧」が話題になっていたし、年末年始直後でしたので、大きな遭難騒ぎが出なかったしほとんどのかたは無事救助されているから安心していました。

問題は中央アルプス宝剣の遭難。
県警の捜索隊がヘリコプターでテントとシュラフ・その他の装備を回収しましたが、ご本人は行方不明。
おそらく凍死前の錯乱状態でテントから抜け出して亡くなられたのではないかと・・・合掌
この方の場合は冬山経験無し、登山経験も不足して、写真を取るために宝剣に行かれたのですが・・・
情報不足なのかなぁ~
登山雑誌だけでなく風景写真などの写真雑誌でも遭難予防の情報を載せてもらいたいなと、考えてしまいました。
  1. 2007/01/10(水) 23:41:36 |
  2. URL |
  3. 元山男 #tLotD3lc
  4. [ 編集]

中央アルプス

どうやら稜線にテントを張ってしまったみたいですね。
強風と吹雪だったと思いますが、どういうことになってしまったか。せめて、ホテル千畳敷に泊まっていればよかっただろうに。

昔は山岳写真は大判を担いで登るというイメージだったので、それなりの雪山経験のある写真家が助手を引き連れて行くイメージだったのですが。
  1. 2007/01/11(木) 10:11:08 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

お二方へ

元山男さま&おーのさまへ。
まとめレスですが、ご容赦ください。

記事をアップするよりも先にコメントされてしまったようです(笑)。
遭難カルテ127で概要と考察を書きましたので、そちらの方をご覧下さい。

亡くなった男性、経験値があまりに不足していたのではないかと思います。
写真撮影の人と登山者ではいくらか行動形態が違う点もあるかと思います。
ですが、危険に関する意味では同じかと。

あの付近だと稜線上は木曽側からの強風が吹きつけるところですので、幕営場所を誤ると、えらい目に遭います。
島田娘あたりで少し稜線を外したところに幕営できるところがあります。
広い意味では稜線上と言えなくもないんですけどね・・・。

いずれにしても痛ましい事故でした。
千畳敷でストップしていれば・・・と思わずにはいられません。。。
  1. 2007/01/11(木) 17:42:17 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/305-c9ecbb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山等々

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍毎年8月の最終日曜に開催される自転車ヒルクライムレース。乗鞍エコーラインの鈴蘭から長野・岐阜県境までの区間、全長約20km、標高差約1260m(大会主催者側の公称値はそれぞれ22km、1400m)のコースをひたすら登り続ける。1986年から実
  1. 2007/03/08(木) 10:32:49 |
  2. 山等々

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。