山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日118】 テレと雨

本日は急に「出社に及ばす」(クビ!ではない、と思う)となったもので、朝からスキーに。
毎度のびわ湖バレイで、テレマークでした。
家から約1時間ということなので、恵まれた環境といえないこともないのでしょう。

平日のびわ湖バレイ、テレの人は大体4~5人。
多いのか少ないのかはよく分かりませんが・・・。
毎シーズン、そこで顔を合わせる人たちともお会いできました。

テレの人、どちらかといえば年配の方が多いように思います。
平日のびわ湖バレイ、という条件付ではありますが・・・。
スキー愛好者も高年齢化? さらにテレは??
ということなんでしょうか。

滑りの方は相変わらずで、ここのところ上達していないような・・・。
そろそろ、きちんと学ぶ必要がありそうです。

さて、暖冬少雪の今年。
今日も暖かくて、ゲレンデの雪はグサグサで3月の雪のようでした。
ゲレンデもところどころ、茶色いところが…。
全面オープンまでまだ時間がかかりそうですが、さらに今日も溶けたのでは…。

夕方の帰り、161バイパスに出たところから、小雨。
気温からすると、山上でも雨のような…。
スキー場関係者からすると頭の痛いことでしょうね。

全国的に雪不足のようです。
次の寒波はいつになるやら・・・。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/01/16(火) 18:32:29|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【日々是好日119】 遭難特集の感想 | ホーム | 【日々是好日117】 捜索し続ける人たち>>

コメント

中央アルプスはドカ雪

本日、中ア・千畳敷のライブカメラの映像を見ていました。中アは今年は積雪が多く、現在2mとか。本日も、いやらしくどかどかと降っていました。
冬山に入る方はご用心ください。(新雪雪崩も多そうです。)

あの黒い山塊を見ていると、山ノ神がこちらをみているような気になります。怖い神ですね。しかし、そんな山の姿をきちんと写真で見せてくれる人はいません。よく晴れた、穏やかな山の姿。白い神々しいまでに凛々しい姿を見ると、山にあこがれを抱いてしまうのかもしれません。

しかし、あの黒い、先の読めない姿こそ、本来の冬山の姿だと思います。

もっと、きちんと見てもらわないといけないですね。
今、宝剣で遭難された方のブログを見ていてそう思いました。いいカッコだけ見せるのはよくないなあ。

今月のヤマケイは遭難特集だそうです。
今朝、駅でそそくさと入手し、ぱらぱらと読んでいました。感想は後ほど。

今の千畳敷
http://www17.ocn.ne.jp/~komagane/hataraku/syokuba.htm
  1. 2007/01/16(火) 20:32:18 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

テレマークですか いいなぁ~

何年か前にテレマークをしようとスクールに通いました。教師はその世界でトップの人、でも生徒は落第生でした。
昔からの細い板で回ろうとするのだけど、教師に言われたとおり体を動かすのですが、遂に満足にターンしながらゲレンデを降りることができませんでした。
今は皆さん、アルペンの板のように幅が広く短い板で、しかもプラブーツ!
道具が変わることで滑りやすくなっているのでしょうね。
テレマークは結局できずじまいで終わりました。
今は山野を行くときはスノーシューのお世話になっています。(年寄りにはこれがちょうど! と納得)

今日は朝から雨交じりの湿った雪。山岳地帯での雪崩が心配です。
  1. 2007/01/17(水) 07:19:36 |
  2. URL |
  3. 元山男 #tLotD3lc
  4. [ 編集]

人間の質量を減らすのが先決

そういえば、ヤマケイの第2特集はスノーシューだったような気がします。(特集だったかどうかを失念)
私は山通いをサボっていた間に質量オーバーになっていますから、雪の上を歩くにはまず自らの質量を減らす必要がありそうです。

駒ヶ根のライブカメラの方はどうやらロープウェイの関係者らしいです。全ての方がロープウェイを通ります。例え生きていても死んでいても。一番、悲しみも、空しさも、怒りも覚えられている方たちかもしれません。

いろいろな感想がありそうですが、ヤマケイの遭難特集はまずまずの内容だと思いました。

今日も千畳敷は雪です。これは春も雪崩でかなり危険な状態になるのではないでしょうか?管理人さんも中アがホームゲレンデらしいですが、お気をつけ下さい。
  1. 2007/01/18(木) 13:04:56 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

お二方へ

おーのさま&元山男さまへ。
まとめレスですが、ご容赦ください。

例のHP、積雪期に中アに入る歳、必ずチェックしています。
積雪量などの情報、ありがたいものです。

以前、インターネットと無縁の頃、千畳敷に降り立ってみたら、ほとんど雪がない・・・という状態に遭遇したことがあります。
確か12月初旬だったと記憶していますが、暖冬の故でした。
プラブーツで雪のない道を歩くつらさ、イヤというほど味わいました。
幸か不幸か、下山するまで好天続き。
結局、ピッケルやアイゼンは、ずっとザックに・・・。
運動靴の方が歩きやすかった!と、思います。
まあ、12月に運動靴で行くことはないと思いますが。。。
(両方持っていく手はあったかな、若干重くなるけど。。。)
今となっては笑い話です。

下山した翌日に、ボンっと降雪がありました。
まあ、備えがないよりはマシだったかと思うことにしています。


テレマーク。
最初の頃は私も細板革靴で難渋しました。
道具が変わると、こんなに違うのか!というほどですよ。
今からでもチャレンジしてみてはいかがですか?
ツアーで使う際には、山スキーと比べて一長一短かと。
機会があればそのへんにも触れようと思います。


スノーシュー。
実はまだ使ったことがありません。
ヤマケイの特集にもありましたが、なかなか楽しそうですね。
今のところワカン一辺倒なもので、いつかは・・・と思います。


ヤマケイの遭難特集、ざっとしか目を通していませんが、私もまずまずだと思いました。
引率側の問題点に、今までよりも少し踏み込んだかな・・・。

1月号から、ヤマケイ、ちょっと変わったように思います。
親会社が変わったせいなんでしょうか?
しばらく注目したい動きです。
  1. 2007/01/18(木) 14:41:29 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

ヤマケイの2月号をざっと読みました。あまり人のことは言えませんが、まだ高いところから見ているように思えます。遭難しやすい人というのも、言葉の定義がいい加減であるから、何が言いたいのかよくわからない。実際に遭難している人とは別であると感じた。
そもそもヤマケイの記事見て、山に行って遭難した人も多いはずです。こういう世の中ですから、リスクに言及していないガイド記事は、訴えられても仕方がないと思うのですが、遭難特集の記事の隣にはスノーシューで雪の野山へという危ない記事が載っている。小さな字で視界が悪いと迷いやすいなどと書いてあるが好天の写真ばかりであるから読んだ人はそんな注意は吹き飛ぶだろう。
そもそもどういう技術があれば行ける所なのかが記載がない。スノーシューはいかにも簡単、好きなところへ行ける的な書き方である。
トヨタ自動車は入社したらまず安全教育からはじまるということである。登山も素晴らしさを語る前にリスクを語るべきだと思うし、遭難しないためあるいはしてからの枝葉末節の高度なテクニックやギアではなく、もっと必要な肝心な技術があると思う。
  1. 2007/01/18(木) 21:31:30 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

山と渓谷

おーのさま&よかっぺさまへ。

まとめレスですがご容赦ください。

山と渓谷2月号の感想、記事にしましたので、ご覧下さいませ。
  1. 2007/01/20(土) 19:58:20 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/308-dc25a23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。