山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日122】 気になる山

気になる山。

いつか行ってみたい、という感じでしょうか。
自分の足跡が刻まれていない山。
夏には行ったけれど冬は?
こちらのルートは?
ちょっとバリエーションで…。
いろいろなカタチがあると思います。

ぼーっと景色や地図を眺めていて、ココは・・・・・!
みたいな感じが多いのです。

今、気になっている山は3つほどあるのですが、2つは具体的な検討に入っています。
そして、まったく話が進んでいないのが1つ。

三鈷峰。

鳥取・大山縦走路の端っこにある1516メートルの、小さなピークです。
登山口の大山寺から見上げると、すっきりとしたピラミダルな山容。
なかなかかっこよくて、私は好きですが・・・。

冬季に大山山頂からの縦走で、手前の鞍部までは何度も足を運びました。
コルからの標高差は30メートル程度。
目と鼻の先のピークに、上ろうという意欲がわかない。。。。
下から見るとカッコいいのですが、縦走してくると、稜線上の、ただの丸いコブにしか見えないのです。。。
コルを挟んだ反対側にあるユートピア避難小屋と標高がほぼ同じ、というのも意欲を損ねる点かもしれません。
最低鞍部の手前から宝珠尾根へと下山ルートをとるため、毎回素通りしていました。
寄り道したところで、10分そこそこのロスにしかならないのですが…。

で、大山寺へ下山して、ふと見上げると…やっぱりカッコいいのでした。。。
と、いう経験を何度も積み重ね、いまだに頂には至らず…。
いつかはちゃんとてっぺんまで行かなきゃなぁ・・・。



十数年前、私が行っていたころのユートピア避難小屋は、木造でボロボロでした。
吹雪の中で外れたドアを掘り出し、なんとか入り口にはめ込んで宿泊…。
夜、小屋の外で見た米子の夜景と日本海の漁火がきれいでした。
その小屋も、何年か前には建て替えられたようです。
古い小屋には思い出もあるのですが、新しい小屋にも行ってみたいのです。

運良く休みが取れるようなら、ユートピア小屋に1人で泊まってのんびりと、雪の三鈷峰を宝珠尾根からのピストンで…。
いつになるのかわかりませんが、いつかは行きたいなぁ…と。

可能な限り早くでもいいし、当分「行きたい」気持ちをあっためておくのもいいか。。。
ここ5年ほど、そういった思いが続いています。
そろそろ、今年こそは・・・とは思いますが、あとは休み次第かと。。。。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/02/01(木) 19:24:28|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【遭難カルテ128】 赤岳で滑落の65歳死亡 | ホーム | 【日々是好日121】 道具、売る側と買う側>>

コメント

大山の近くまで行きました

こんばんは。
27日、28日と大山で積雪期のレスキュー講習が開かれ参加しておりました。
50名以上の方が参加され、なかなか盛況でした。
広島の講習会も行われ、そちらも40名くらいの参加ということでしたので合計100名もの方が大山で講習されていたので、まだまだ日本のアルパインクライミングもがんばれると思いました。
聞いた話なのですが、大山では週末は地元の方が交代で山頂までトレースをつけられるそうです。確かにいまの登山者は先行者のトレースがあれば全く何も考えずにそれを使いますので事故防止という意味では仕方ないかなという気もしますが・・・ちょっぴり残念な気もします。
大山から帰ってきたら、管理人さんが大山のお話をされていたので、少しおじゃましました。
  1. 2007/02/01(木) 20:22:58 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

Re:大山の近くまで行きました

よかっぺさまへ。

合計100名とは・・・すごいものですね。。

学生の頃、大山といえば元谷周辺や頂上近辺で雪訓、仕上げに縦走。。。というのが、よくやるパターンでした。
頂上小屋の近くで、シュラフ・コンロなしで雪洞泊をするというビバーク訓練など、毎年のようにやっていました。
1700メートルにして強風・豪雪。。。。
訓練にはいい山でした。

>聞いた話なのですが、大山では週末は地元の方が交代で山頂までトレースをつけられるそうです

どうりで・・・頂上までトレースのついていることが多かったはずだ。。。
確かに事故防止という意味では仕方ないかなという気もします。
入山者が多い山ですからね。。

ただ、ドカ雪直後の平日に行ったときはとんでもないラッセルで、初日は6合目までしか進めなかったことがあります。
体力的な意味でのトレースのありがたみ、身にしみました。。。。

大山。
やっぱり、冬に遊びに行くにはいい山だと思います。
なんだか、行きたくなってきました(笑)。
  1. 2007/02/02(金) 21:30:48 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/312-67a86b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。