山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日123】 暖冬

昨日まで、長野でプラプラと家族サービスでした。
諏訪方面に遊びに行っていたのですが、今年は雪が少ない・・・。
霧が峰など、惨憺たる有様で、白いのはスキー場ばかり。
さすがに山の上のほうは真っ白ではありましたが、例年より雪線がだいぶ上のように思いました。
また、肌で感じて分かるほど、気温も例年より高いようでした。

降っている所では、ちゃんと雪もあるのでしょうが、なんだか気持ち悪いほどの暖冬。
諏訪湖など、まったく氷がない状態でした。

NHKの夜のニュースで、暖冬と爆発型低気圧の話をやっていました。

三陸沖に暖流と寒流が接近する場所があり、海水面の温度差は世界有数だとか。
そこに低気圧が入ると、急激に発達する。。。。
そして暖冬になると、そこに低気圧が入ることが多い。。。
ざっとそんな内容でした。
10月の猛烈だった低気圧も、このパターンに当てはまるとか。
なるほどなぁ。。。と、テレビに見入ってしまいました。



八甲田で雪崩、死者も出たようです。
もう少し情報を集めてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/02/14(水) 19:08:42|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<【遭難カルテ129】 八甲田山で雪崩、スキーツアーの10人死傷 | ホーム | 【遭難カルテ128】 赤岳で滑落の65歳死亡>>

コメント

近いところまでいらっしゃっていたのですね

私の住んでいるところも、例年の3分の1の積雪です。上高地は5~60㎝の積雪。穂高は例年通り白く化粧していますが、その化粧は例年より薄そうです。春になるとすぐ岩肌が出そうです。

今日(2月14日)は朝から雪でなく、本格的な暖かい雨です。
このまま行くと3月には平地や低い山では雪が溶けてしまうでしょう。これはこれで春になると、灌漑用水が不足するという事態になりそうです。
一度雪が溶けて土が日に当たるようになると、その上にいくら雪が積もっても「根雪」にならないですぐとけてしまいます。春の雪は、朝50㎝の積雪でも昼には何もないと言うほどですから。

私の住んでいるところも、先週から2月というのに雪解け水が、小さな沢の氷の上を勢いよく流れています。
雪が溶けたところからは草がもう勢いよく伸び始めているし・・・
暖冬という言葉を今年は身をもって感じています。

八甲田は何人も巻き込まれて死亡者が少なかったとは、亡くなった方には申し訳ないですが、不幸中の幸いだったのかなと思います。あそこも日本海に近いので、湿った雪が多量に積もりますから不安定になりやすいのでしょうね。
  1. 2007/02/14(水) 23:27:15 |
  2. URL |
  3. 元山男 #-
  4. [ 編集]

八甲田の雪崩

状況は新聞で知るしかないのですが、珍しく雪質調査がすぐ行われ、ニュースにでていました。
40センチくらいの所に弱層があったそうです。どの程度の弱層か不明ですが、ハンドテストで手首くらいとか言ってもらうとわかりやすいのですが。
同じ雪質調査によるのに、片方の簡単なニュースの方は、専門家調査で40センチに弱層、人が入れば崩れる条件だったとなっていますが、詳しい地元紙は専門家調査で40センチに弱層、自然発生かとなっていました。多少、地元のガイドを気遣っているのかは、不明ですが。
暖冬という気温のレベルとは関係なく、気温変化によるシモザラメの発生はおこるということでしょうか。
  1. 2007/02/16(金) 01:06:30 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

お二方へ

元山男さま&よかっぺさまへ。
まとめレスとなりますが、ご容赦ください。

諏訪方面というか、蓼科方面なんですが、ご近所とは知りませんでした。
あのあたり、よくうろついています(笑)。

例年に比べて、確かに???な冬模様でした。
やっぱり何かがおかしいのでしょうね。。。

八甲田山の事故、間もなく記事をアップします。
もう少々お待ちください。

雪質調査なんですが、新聞の記事には目を通しました。
40センチとあるのは、事故後積もった雪のぶんを差し引くとどうなるんだろう?なんて思ったりして、もう少し詳細なデータがあればなぁ・・・と思いました。
いずれにしても雪崩のメカニズム、理解するには相当の時間とエネルギーが必要だなと、思っています。
詳細な検証は、これからの話になるのでしょうね。。。
  1. 2007/02/16(金) 20:34:36 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/314-b5361b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。