山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 25日目】 頂上へ 終日好天

2日目。
朝はゆっくり朝寝坊。
前日が殆ど徹夜だったので、ぐっすりと眠れた。
予報、天気図とも好天。

小屋から出ると、快晴無風。
終日、この好天は続きそう。

この日の課題は、買ったばっかりのスノーシューの効能確認。
日々是好日124物欲の悩みでは、多くの方にアドバイスをいただきました。
本番での使い勝手等を、身をもって試す・・・というのが、目的です。

前日分かっていたことですが、頂上までバッチリのトレース。
課題のためには、トレースどおりに歩いたり、外したり。
その結果は後日まとめるとして・・・。


登りは暑いぐらい。
ラジオによると、3月下旬並みの気温だとか。
厳冬・2月の山というよりも、GWの山のような・・・。
木々の間から木曽駒が垣間見える。

森林限界を抜けると、宝剣、木曽前岳。
振り返ると御岳、乗鞍、北ア・・・。
この日は誰にも会わなかったので、景色も山も独り占め。

頂上手前の短い急斜面のところから、アイゼンに履き替え。
当然だが、スノーシューとは足の運びが違う。

やがて頂上へ。
麦草岳頂上

音も雲も全くなし。
冬にここまでの好天に恵まれたのも、随分久しぶりかも。

実は隣のピークの方が若干高い。
そこまで足を伸ばすと、2年続けて通った、木曽前岳からの稜線が見える。
何度見ても、好みの稜線。
トレースは全く見えず、通る人は少ないようだ。
来年、もう一回行くかぁ…。
とはいえ、仲間からは「え~~またかよぉ~~」と言われそうだが…。

お天気もいいので、ここでしばらくのんびり過ごす。
相変わらず風はなく、飛行機雲だけ。
これはこれで十分に幸せなのだ。

下りは同じ場所でアイゼンからスノーシューへ履き替え。
下りは下りで、いろいろと試しつつ。
何度か転んで雪まみれに。
やはり慣れも重要なもののひとつかな。。。

再び避難小屋に宿泊。
のんびりとした一日。
日没までに下山できることは可能だったが、静かに読書で過ごす。
小屋の窓から見る夕日がきれい。。。

贅沢に時間を使い、山に浸った1日。
パーティーで来たり、周りに人がいると、気を遣って、なんだかパタパタしてしまう。
が、誰もいないと、のんびりできていいもんだ。。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/03/01(木) 19:10:21|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【山日記 26日目】 下山 | ホーム | 【山日記 24日目】 入山、また中ア>>

コメント

冬山一人旅いいですね。
雪国っこですが、冬山の知識がまったく無いので行くにいけないです。
スキー場などから快晴のときの景色はいいものでした。
歩いて登って独り占め!小屋でまったりと・・・
とても贅沢な時間ですね。
羨ましいです。
勉強して一度ぐらいは雪山行って見たいですね。
晴れのときに・・・(笑)
  1. 2007/03/02(金) 09:03:11 |
  2. URL |
  3. KAZU #-
  4. [ 編集]

KAZUさまへ。
おひさしぶりです。

雪、快晴無風、ポカポカ、独り占め・・・。
元々人の少ない山、平日の頂上・・・。
条件がバッチリ整いました。
トレースがなければパーフェクトだったんですがね(笑)。

いつもこんな訳ではないのですが、こんなことがあると、うれしくなります。
ときにこんな具合になるからやめられないんですけどね。。。

雪山、良い師匠や仲間を見つけられると、案外近い存在かもしれませんよ。
装備への初期投資はかかりますが。。。
  1. 2007/03/02(金) 10:24:44 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

本題とは違うんですが

阿蘇の山火事はコンロの火の引火だそうです。
山に入る身としては他人事とも思えません。
そういえば、信州松本の浅間温泉の裏山(美ヶ原の麓)の大規模な山火事も車からの投げタバコが原因とか。

いえ、昔、よく避難小屋を火事にしたという話を聞いたなと思い出したもので。

火の用心、火の用心。
  1. 2007/03/02(金) 12:31:40 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:本題とは違うんですが

おーのさまへ。

ここの避難小屋、確か99年に一度焼失しています。
01年に地元の方の尽力で、同じ場所にほぼ同じレイアウトで再建されました。
学生時代からちょくちょく利用している小屋なので、焼失を知ったときには、かなりがっかりしました。
そして、再建を知ったときには感謝と喜びに。。。

山火事、避難小屋火災・・・十分に気をつけなければなりませんね。
  1. 2007/03/02(金) 13:11:40 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/319-38a726d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。