山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【危険回避の道5】 ガイドだってヤバイ

2004年5月の屋久島。
ガイドに連れられて沢登りをしていた4人のうち、3人死亡。
その後、裁判にもなり、記憶にあるかと思います。

要するにガイドと山に行っても、死の危険はある訳です。


次に、ガイドと山に行く人は、ほぼ中高年の初心者。

冬の八ヶ岳。赤岳から阿弥陀の鞍部に向けての下り。
1本のザイルにガイド1&客3人。
コンテで移動するさまは、まさに「鵜飼い」。
岩場の下りで、客は何とも頼りない足取り。
ここで1人でも落ちたら…。
3人引きずられ、それを1人で止めるなんて…。
どう考えても無理な話です。

某プロガイドと話す機会があったので、聞いてみました。
似たような状況は、ままあることのようです。
「で、止められるんですか?」
「う~ん。一緒に落ちていくしかないかもなぁ…」
とっても正直な方でした。

繰り返しますが、ガイドと山に行く人は、ほぼ中高年の初心者です。
初心者でなければ、ガイドに頼ったりしません。
若い人はお金があまりなく、それほどガイドに頼りません。

ガイドに連れられていった山。
程度の差はありますが、ヘリで頂上に立ったようなものです。
少なくとも自分(自分達)の力で登った山ではありません。

ガイドがいないよりは、いる方が安全です。
技術的にはしっかりした人が多いのは事実です。
ガイドを見かけたら、私なんぞはその技を盗んでやろう…なんて考えてしまいます。

が、基本的な技術を習得すれば、冬の赤岳ぐらい、難しいものではありません。
見た限りでは、ガイド付きの人以外で、危なっかしい歩き方の人はいませんでした。

ガイドをたのめば、すぐにいける山。
自分(自分たち)の力で目的の山にたどり着くのに、数年かかるかもしれません。
しかし、訓練を重ね、自分(自分たち)で山行をこなしたときの充実感。
何物にも代えがたいものです。
これを味わってしまうと、もうガイドなんかに頼っていられません。

そういう苦しさと楽しさを顧みず、安易にガイドに頼る姿勢に問題がありそうです。
しっかりとした技術を身に着ければ、それはそれで危険ではなくなるものです。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/03(金) 08:52:42|
  2. 危険回避の道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日8】 お葬式 | ホーム | 【遭難カルテ13】 谷川連峰で不明の男性無事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/33-bc04dfd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。