山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ135】 立山・雷鳥沢で雪崩、3人死傷

【概要】
18日午後0時20分ごろ、北アルプス・立山の雷鳥沢の標高2700メートル付近で雪崩が発生、3人が巻き込まれた。近くにいた人が110番通報し、3人を救助。3人は富山県消防防災ヘリで病院に運ばれたが、スノーボードをしていた長野県白馬村、ホテル従業員の男性(34)が、窒息死。富山県高岡市の無職男性(65)が右足を骨折し、同県氷見市の無職男性(65)が左肩など打撲のけがをした。雪崩が発生したのは剱御前小舎から南西方向へ約300メートル離れた斜面で、幅100~150メートル、長さ300~400メートルにわたって発生したとみられている。亡くなった男性は6人のグループでスノーボードを、重軽傷の2人は4人のグループで山スキーを楽しんでいた。当時、現場周辺に山スキーやスノーボードを楽しむ3グループの計十数人がいた(50~60人とする報道も)。近くの山小屋関係者などによると、雷鳥沢付近は積雪約4メートル。当時の天候は曇りで風もなく視界は良好。気温は零下1~2度とこの時期にしては暖かかった。16、17日に降雪があり、新雪が40~50センチ(20~30センチの報道も)積もっており、表層雪崩とみられる。立山黒部アルペンルートは、17日に全線開通したばかりだった。重軽傷だった2人のうち1人は約20年のキャリアを持つベテランスキーヤー。過去何度も現場付近で滑った経験があるが、「今まで雪崩に遭遇したことがないので、楽観視していた」と話した。
(朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、共同通信、北日本新聞、富山新聞、北日本放送よりデータ引用・抜粋)


【考察】
アルペンルート全通翌日の事故でした。
何度か5月に雷鳥沢に入ったことがありますが、あそこで雪崩とは、ちょっと驚きました。
「今まで雪崩に遭遇したことがないので、楽観視していた」という人の言葉、少なからず同感でした。

が、よくよく考えると。。。。。。
「これまで大丈夫だったから」は、必ずしも「これからも大丈夫」と一致しない。
そこを忘れていた、と言うレベルでは、けがをおしてコメントをした方と私は同レベルにあった、ということです。。。

確かに雪崩頻発地帯ではないかもしれないが、だからと言って大丈夫ではない。
条件さえそろえば、雪崩は起きうる。
改めて、そう考えるべきだと思いました。


「これまで」論はこれぐらいにして。



積雪の状態は不安定だったようです。
また、それなりに傾斜のある場所。
やはり、雪崩の発生する要素はあった、と言わざるを得ません。
加えて、かなりの人がその斜面に入っていたという状況。
発生原因に人為的なものがあった可能性も否定できません。
(むしろ、そちらの方が大きいような気もします)


また、けが人2人を含む4人のグループ。
怪我をした2人はビーコンなし、巻き込まれなかった2人はビーコンを装備していたと一部で報じられていました。
深く埋まらなかったことや、近くにいた人が迅速に動いたことで助かったという面があると思います。
ビーコンなしだったにもかかわらず・・・と考えれば、ラッキーだったのかもしれません。

当日の捜索、3人以外に埋まっている人はいないかを調べたようです。
その際、やはりビーコンを利用していたとのこと。
反応がなかったこと、二次遭難の危険などの理由で、午後にいったん捜索は打ち切られました。
やはり、ビーコンは必携の装備なんだろうな、と思いました。



以下、些細なことですが・・・。
昨年もそうでしたが、春先の雪崩遭難、山スキーの人が圧倒的に多い。。。
「山スキーヤー」ではなく、スキーを履いていない「登山者」の遭難が、少ないように思います。
なんでだろう?



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/04/19(木) 17:58:43|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日129】 GW、どこへ行こう? | ホーム | 【遭難カルテ134】 針ノ木雪渓で雪崩、2人重軽傷>>

コメント

RE:雷鳥沢

確かに最近は聞きませんが、雷鳥沢の雪崩事故は何回かあったように記憶しています。
そのうち1回は小屋がこわれたような記憶がありますが、いまは違う場所にうつったように思います。
ただ連休くらいになるとかなり雪も落ち着きますがやはり新雪が数十センチ単位で降ったら季節は関係ありませんね。
しかし針ノ木で雪崩があったばかりなのに、全く無警戒につっこんでいるなと言う気がします。同日に弱層テストをして危ないと思いルートを変更した方の話がニュースに載っていましたが、マスコミもビーコンもつけない弱層テストもしない人をベテランと呼ぶのはやめたらと思います。しいて言えばロートルでしょうか?進歩無く経た年数は経験とは言えないでしょう。
そういう私もそろそろロートルの仲間入りですが。
  1. 2007/04/19(木) 21:40:23 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

ロートルですか・・・

よかっぺさまへ。

ベテランの定義、何度か話題になりましたね。
年数やこなした山の数、確かにひとつの要素かもしれませんが、経験の内容次第ではひっくり返る場合もあるのではないでしょうか。
「20年」と言われれば、マスコミは間違いなく「ベテラン」と表記するでしょうね。
当然、「20年」の「中身」は吟味されることなく・・・。
マスコミにそういう傾向があるのは、どうしようもないと思います。。。
その部分は、割り切って受け止めるほかはないのではないでしょうか。

そもそも「ベテラン」なんて区分が必要かどうか、そっちの方が疑問に思えます。


同日に弱層テスト&ルート変更した人、いたんですか。。。
慣れた場所とはいえ、やはり基本に帰るべきだったんでしょうね。
「最近事故がなかったから・・・」ということとあわせて、自分の胸に刻んでおこうと思いました。

  1. 2007/04/20(金) 16:06:41 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/334-3f54cde0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。