山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 31日目】 瓶ケ森から笹ケ峰へ

瓶ケ森→西黒森→自念子の頭→東黒森→伊予富士→桑瀬峠→寒風山→笹ヶ峰→丸山荘

2日目(5月4日)の予定は以上。
前半は瓶ケ森林道とくっついたり離れたり。
前日同様、登山道のみを進む。

あたりが明るくなり始めた5時半ごろ出発。
曇天微風の中、約30分で瓶ケ森(女山)頂上。
尾根伝いに15分ほどでもうひとつのピーク、男山に至る。

女山ピークから少し行ったところで、西黒森への分岐。
鞍部めがけて急な道を下る。
最低鞍部手前で、草刈機で笹を刈っている男性に会う。
これから進む先については、まだあんまり笹が刈られていないとか。
最低鞍部では直下に林道と吉野川源流のモニュメントが見える。
吉野川源流のモニュメント


西黒森への登り、随分長く感じたが、瓶ケ森から約1時間。
30分ほどで神鳴池の鞍部で林道と近接し、再び山道を進む。

自念子の頭(黒森山とも言うらしい)まで、1時間近く登りにかかる。
東西の両黒森の中央に位置しながら、一番標高が低い。
このあたりはきちんと笹が刈られていて、歩きやすい。

主谷分岐までの下りは、あっという間。
東黒森への登りは30分弱。
結構笹が茂り始めてはいるが、別段歩きにくいわけでもない。

次の伊予富士への道。
伊予富士
鞍部まで下ると、林道からの登山道と合流する。
ここまでは比較的人が少なかったのだが、やや人が増える。

やがて伊予富士頂上へ。
「富士」というには・・・円錐形でもないし。。。
ただ、やはり人気の山なのか、頂上はにぎやかだ。


このあたりからは林道とほぼ完全に分かれる。
桑瀬峠へはやや急な下りの後、アップダウン。
1時間近くかけて、正午ごろ着。
ここは水さえ持っていれば、幕営適地。
旧寒風山トンネルからの登山道はここで合流。
ここから寒風山や笹ヶ峰へのピストンの人も多い。

寒風山への登り、ハシゴやワイヤがあり、なかなか急。
1時間以上かけて、13時ごろ頂上へ。
笹ヶ峰………遠い。。。。。。
寒風山頂上にて。はるかに笹ヶ峰。


朝から曇りだったが、ポツポツと小雨が降り始める。
途中で本降りになり、雨具を装着。
1時間以上かけて笹ヶ峰へ。
疲れて足がガクガク。
頂上はガスと雨と風で、結構寒い。
写真だけ撮って、丸山荘へ移動開始。
笹ヶ峰山頂


笹の斜面を下り始めると、雨が上がった。
はるか下に、赤い屋根が見える。
丸山荘への下り


足がガクガクで下りがつらい。
15時半少し前、なんとか丸山荘へ。
この日は約10時間の行動。
さすがに疲れた。

テン場の手続きをしに小屋へ行く。
一泊400円なり。
昨夜は4張りのテントがあったそうだ。
小屋に泊まる人は結構多いようだった。







スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/11(金) 21:01:28|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山日記 32日目】 笹ヶ峰から権現越へ | ホーム | 【山日記 30日目】 石鎚山から瓶ケ森へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/343-eed9a010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。