山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ137】 鳥海山で不明の69歳救助


【概要】
秋田・山形県境の鳥海山で19日午後4時半ごろ、山スキーをしていた盛岡市の無職男性(69)が、下山中に道に迷ったと連れのスキー仲間から110番があった。男性らは5人の(7人、という報も)グループで、18日に入山し五合目の山小屋に宿泊。男性は19日午後1時半ごろ、8合目七ツ釜避難小屋から他の4人に遅れて単独で下山し、途中で道に迷った。夕方になっても五合目の山小屋に戻らないため先に下山した友人が警察に届けた。通報後に男性から友人に(山小屋に、の報も)、携帯電話で「迷ってしまい、どこにいるのかわからない。けがはしていない」などと連絡があった。当時、現場付近は悪天候で視界が悪かったという。このため19日は捜索が断念された。20日は早朝から警察、消防など44人態勢で捜索していたところ、午後2時ごろ、七ツ釜避難小屋から約2・5キロ離れた尾根を男性が歩いているところを発見。けがはなく、意識もはっきりしているという。男性は道に迷い、ブナの根元の雪が解けてできた体の半分程の深さの穴で風雪を避けて一晩過ごしたという。
(毎日新聞、岩手日報、河北新報、IBCよりデータ引用・抜粋)


【考察】
統計上は「道迷い」に分類されるのでしょうか。

「はぐれ」→「道迷い」
他のメンバーが問題なく下山していたことを考えると、この構図のように考えられます。

報道によると、滑降開始時点で他のメンバーから遅れていた、ということのようです。
視界が悪いのであれば、それこそまとまって行動すべきではなかろうか。。。。
すでにこの時点では、パーティーとして機能していなかった、ということになります。

パーティー内で、体力差や体調などで、遅れがちになる人がいるのは、当然といえば当然です。
そこを上手くまとめて行動するのがパーティーではないかと思います。
若干距離があいても、視界の範囲にはとらえておくぐらいは、最低条件かと思いますが。。。。

パーティー内でのこの男性の位置づけというものは、よく分かりません。
が、まずはこの「はぐれ」が、原因の根底にあったのではないでしょうか。


積雪期の道迷い、しかも山スキー。
何度か書いたことがあるのですが、下降速度がワカンやツボ足に比べると、はるかに速い。
あれっ?と思ってから引き返すにも、かなりの距離を覚悟しなければなりません。
ルートファインディングに関して言えば、より一層の慎重さが求められるのではないかと考えます。
視界が悪い状況であれば、なおのことではないでしょうか。


以前頂いたコメントの中に、以下の文章がありました。
「視界がなくてもピークから下らねばならぬ時も、地図から方角を割り出し、恐る恐る下るのです」
やはり、ここに立ち返るほかはないんでしょうね。



69歳というご高齢から考えれば、よくぞ無事で…と思います。
ビバーク装備の有無は不明ですが、風をよける場所を見つけられたのは幸運だったかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/22(火) 17:30:15|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【事故報告書10】 みろく山の会 | ホーム | 【日々是好日135】 エベレストの事故>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/349-b078d36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。