山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日137】 8000メートル峰登頂者

エベレスト遭難の話があったついでのようなものですが。。。
日本人の8000メートル峰登頂者、何人いるか知っていますか?

日本山岳会のHPから最新版のリストが見られます。
以外に多いんじゃないかと思います。
もう、数えるのもしんどいほどです。


先週ぐらいまでは、2004年1月までのバージョンが掲載されていました。
「最新版」には今年の3月1日までのデータが掲載されています。

「旧版」にあった、氏名の日本語表記、生年月日、死亡年月日などが「最新版」にはありません。
個人情報保護の観点からなんでしょうか?

手元に「旧版」から、登頂年と登頂時年齢をプロットした表があります。
素人がヒマに任せてポチポチやったものなので、転記ミスや計算間違いなどはあるかもしれませんが、どうしてもみたい方はこちらを。
厳密に正確さを問われると困ってしまうのですが、大体の傾向はつかめるかと思います。

登頂者数はほぼ増加の一途。
人数的に多いのは20代後半から30代。
年とともにこの中心部の年齢も、若干上昇気味。

1970年代は20代と30代のみ。
それが80年代に入ると、40代が少しずつ増えていきます。
90年代前半になると、40代後半よりも50代後半の方が多くなります。
90年代全体で見ても、50代がひとつの核を形成する勢い。
90年代後半に入ると、60代も増え始めます。
2000年代に入ると、70代も現れます。
年代を経るに従い、年齢別の登頂者数も薄く広くなっていきます。
2003年にいたっては20歳から70歳まで、ほぼまんべんなく広がるようになっています。
特定年齢層への集中がなくなっていきつつある、という状態です。


計算・集計をしたわけではないのですが、間違いなく平均年齢は右肩上がり。
高年齢化が如実に進んでいると言えます。

日本にいて「山に行けば中高年ばかり」。
8000メートル峰も段々それに近づいているということでしょうか。

装備や技術の進化は当然あると思います。
ただ、やはり商業登山の影響、大きいんじゃないかな…。
そんなものが透けて見える気がしてなりません。

どこかで、ちゃんとした集計と分析、やってくれたら面白いんですけどねぇ。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/05/26(土) 20:39:39|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<【日々是好日138】 ササの話 | ホーム | 【日々是好日136】 富士山の看板>>

コメント

大衆化

その昔、宇宙飛行はリスクの高い命をかけた仕事で、そのメンバは軍人やテストパイロットに限られていました。
その成功率の向上は、いまや、宇宙飛行には多くの民間人が出かけていく時代になり、お金があって適正あり、訓練に耐えられれば宇宙旅行に出られる時代になっています。
地上で一番宇宙に近い場所であるヒマラヤにおいても同じことが言えるのかもしれません。
おそらく、大衆化後の登頂者と初期の登頂者を同列に扱うことはできないでしょう。それだけ、リスクがちがうのだと思いますから。

ただ、昔の英雄の記憶がヒマラヤへの過大の憧れを呼び、無謀な高山旅行者を生んでいるとすれば、どこかで扱いを変えていく必要があるんでしょうね。
  1. 2007/05/28(月) 17:12:11 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:大衆化

おーのさまへ。

道具などの進歩や不確定要素の解明など、いろいろなリスク軽減があっての大衆化なんですかね。。。。
宇宙旅行やヒマラヤに限らず、日本の山でも同じことだと思います。

>大衆化後の登頂者と初期の登頂者を同列に扱うことはできないでしょう

誰しもきっと分かってはいるんでしょう。
ただ一方で「憧れ」も消えない。。。。。。
そのへんが、人間の厄介なところなんでしょうね。

ただ、それを「業」として行うのであれば、ちゃんとしたルールが必要だと思います。
  1. 2007/05/29(火) 13:57:46 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

凄い数なんですね。またまた改めて、ビックリです。

そしたらそしたら、昨日の地元ニュースで、県内の男性が最高年齢でエベレストに登頂!!とやっていて、先日の県内者のエベレストでの死亡のこともあり、また?!と思いました。
顔周辺をドアップにした写真が流れましたが、酸素マスクして両脇を抱きかかえられるようにして映っているような感じだったので、あそこまでして・・・と、ちょっと思いながら、冷ややかに見ていました。

登山のあり方が、本当に変わってきているのでしょうね。ピアーノにはよく判らない世界です。
  1. 2007/05/30(水) 15:13:11 |
  2. URL |
  3. ピアーノ #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
いつも管理人さんの洞察力溢れた論調に感心している隠れファンの一人です。

参考までに、いつまで見られるか分かりませんが地元局の映像と地元紙の記事URLです。
 http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20070530&id=0121348&action=details
 http://www.shinmai.co.jp/news/20070529/KT070528FTI090018000022.htm
  1. 2007/05/30(水) 15:32:03 |
  2. URL |
  3. こば #AN32Su.E
  4. [ 編集]

お二方へ

ピアーノさま&こばさまへ。
まとめレスとなりますが、ご容赦ください。

ニュース、見ました。
先日、長野の男性も亡くなっていましたね。
報道の画像をみて、「ずいぶん人が多いなぁ」と思いました。
エベレストの頂上も混雑するんですかね。。。
なんとなく100名山の延長のようにも思えてきました。。。
今回もまた、日本人のガイドが同行だそうです。

お金と時間があれば、高齢者でも登れる山になってしまったのかもしれません。
(お金と時間のある高齢者が登る山になった、といったら言い過ぎでしょうか。。。。。。)

また最高齢の記録、ここのところは日本人ばかりなのも、なんだかなぁ・・・と。
プロスキーヤーの三浦雄一郎氏も来年、75歳の登頂を目指しているとか。
いやはやなんとも、恐れ入りました、の世界のようです。


こばさま、はじめまして。
勘違いや早とちりなどなど、まだまだ未熟者ですので。。。
気がついたことなどありましたら、いつでも書き込んでください。
  1. 2007/05/31(木) 13:44:21 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/352-2a2d4e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。