山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日149】 和解成立

大日岳訴訟、和解が成立しました。

和解条項の柱は2つ。
①和解金は一審判決の賠償金と同額の1億6700万円
②国が冬山登山の安全対策を講じる検討委員会を設置
また、和解条項には盛り込まれなかったものの、国の責任者が遺族宅に出向いて謝罪することも確認された、とのこと。

一審判決維持を訴えた遺族側の求めが、ほぼ満たされたかっこうです。
裏返すと、国側が事実上一審で敗訴しそれが確定した、と言えます。

今回の一連の裁判、ざっとまとめてみます。
争点になったのは、講師のルートおよび休憩場所の選定についての過失の有無。
民事上の国の責任を問うものでした。
(言い換えると、ガイドの責任を問うものではない、ということ)
刑事裁判は、講師が書類送検→不起訴処分となりました。

一審で、地裁が遺族側の訴えを認める判決。
講師に判断ミスがあり、国はその責めを負うべき、という内容でした。
これを受けて国は控訴しました。

控訴審で、国側の証人申請を高裁支部が却下し、和解を勧告。
そのあたりで、今回の和解内容も見えていたのかもしれません。

ただ、「謝罪」を和解条項に盛り込まなかったあたり、国側の強い抵抗があったのでしょう。
「和解条項」という公式の書類に「謝罪」の文言を載せたくなかった。。。。。。
なんとも、やれやれな感じではありますが・・・。
この国のお役所の体質が垣間見える部分ではないでしょうか。。。


いずれにしても、やっと落ち着くところに落ち着いたか、と思います。
引率型登山の責任をめぐる訴訟の、ひとつの答えが出ました。

事故から7年、裁判は5年。
ご遺族の皆様に、少しでも心の安らぐ日が来ることを願ってやみません。




今回の裁判で不思議なのは、他の文登研講師の方々。
主にプロガイドの皆さんということになろうかと思いますが、その方々の沈黙。
今回の裁判は、そういう人たちにとって、とてつもなく重いものだと思います。
同業の仲間の過失問題だけに、発言を控えているだけかもしれません。
そういった苦衷は察せられますが、はたしてそれでいいのか?と思います。

講師の方の大半がプロガイドだったこと。
ガイドの方々にとっても、重い裁判結果だと思います。
一部のガイドの方は、裁判の経過に沿って意見を述べておられます。
何件か、興味深く拝見しました。
が、沈黙を守る方が大半。。。。。。
しかも、ガイド組織に至っては、まったく何も見解が述べられない有様。
そういった方々の議論なんてものはないのだろうか。。。。。。。
ちょっと危機感が足りないのかな。。。。。なんて、大きなお世話かもしれませんが。。。。




むしろこれから大事なのは、②の検討委員会。
国が公開の安全検討委を設置、事故を教訓に、研修会の安全対策を検討する、というもの。

日々是好日144でふれた、航空・鉄道事故調査委員会の報告書のように、「事故の原因を究明し、事故の防止に寄与することを目的」として「事故の責任を問うために行われたものではない」という形に進んで欲しいと思います。
責任論についてはいろいろな考え方があると思います。
ですが、「より安全に」「教訓を生かす」というところにおいては、誰しもが同じ思いのはずです。
責任の問題は、裁判で決着しました。
ですから、責任論を離れたところで、考え議論し答えを探す方向に進んで欲しいのです。

事故当時に講師をされていた方々の、委員会への参加。
まず、これは欠かせないところではないでしょうか。
その時そこで何があったのか、それを一番よく知っている方々ですから、「事故を教訓に」というのであれば、欠かせません。
責任の所在を問う場ではないし、個人を攻撃する場でもないのですから、その忌憚のない意見を、検討委の議論に反映させて欲しいところです。

検討委に対して、どこまで期待ができるのかは未知数です。
ですが、少しでも前に進めればいいなぁ…と思います。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/07/28(土) 04:04:24|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<【日々是好日150】 1週間で14件 | ホーム | 【日々是好日148】 昨年の遭難統計>>

コメント

RE:和解成立

和解内容は、まさにこれしかないという内容だと思います。
どうして、この内容に到達するのにこのように時間がかかるのか?原因でなく責任を追及せんがための双方の荒唐無稽とも思える主張合戦。
1審の判決の上に立つ和解ですから、それらの主張も無視できなくなってしまうという登山者につきつけられた現実。
そういったものに対する意見が、登山界の中では原告側か、被告側かどちらかに組するとして押さえ込まれているという非民主的な世界。

余談ですが、矢面に立たされた講師たちですが、この事故では一緒に落ちた方もいました。もし、亡くなっていたとしても、実は国からの厚い手当ては得られないパートさんでした。この事故の結果、その後は研修期間中のみの臨時職員扱いとなったそうです。

ある人が、これが日本のガイドでなく、欧州のガイドだったら事故はおこらなかったかも知れないと言っていました。なぜと聞くと、リーダー研修の資格の無い受講生であれば、研修を中止するかランクの低い講習に落とすだろう、必要な技術を持って来るのは参加者側の義務だから、と答えてくれました。

リスクのある自然を対象としたスポーツでは、いろいろな意味でリスク管理を徹底する必要を今回の和解は示唆しています。

因みにこの事故のあった研修会は私が受けたころはプロガイドでなく、大学山岳部のOBの方たちが主に講師をしていました。将来、自分たちもああなりたいと思う著名な岳人との研修は、つながりも感じました。プロガイドさんが多くなって、いまはどんな感じなのでしょうか?大学山岳部も人数がまた上向き始めました。しかし多様な部員がおり、部員減時代の技術伝承の断絶もあり、文登研の研修は、非常に重要な役割を持っていると思います。ぜひ、安全管理体制を見直された上でのできるだけ早い再開を望みます。
  1. 2007/07/29(日) 15:24:22 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

よかっぺさまへ。


>和解内容は、まさにこれしかないという内容だと思います。
>どうして、この内容に到達するのにこのように時間がかかるのか?

同感です。
この内容なら、裁判になる前に打ち出せたんじゃないかとすら思ってしまいます。
時間がこんなにかかるひとつの理由としては、国の対応が後手後手に回っていた(というよりも無策に近かった)ことがあると思います。
迅速に対応していれば、少なくとも民事訴訟はなかったかもしれません。

>原因でなく責任を追及せんがための双方の荒唐無稽とも思える主張合戦。

原告・被告、過失・責任の有無・・・。
裁判自体が2択問題の積み重ねで責任を問うものですから、そうなるのもやむを得ないと思います。
ですので、裁判自体から我々が得られる教訓が、そんなに多くないというのは理解できます。

ただ、一方で得られるものもいくつかあります。
講師の方が「研修期間中のみの臨時職員扱い」となったことも、そのひとつでしょう。
(この件、全然知りませんでした。。。。)

また、
>リスクのある自然を対象としたスポーツでは、いろいろな意味でリスク管理を徹底する必要を今回の和解は示唆しています。
という部分も、そうなんじゃないですかね。。。
特に業として募集・引率型の登山・講習を行う場合、今回の裁判は大きな意味を持つと思います。

また、(賠償)責任にしても講師・ガイド個人ではなく、その主催組織に責任があるとした点は、個人的にはよいかなと。。。
判断などに過失はあったとしても、事故の際、講師・ガイド自身はもう少し主催組織に守られてもいいんじゃないかと思います。
これまでのあり方は、個人の切り捨てのようで、ちょっとひどいように思います。
「臨時職員扱い」というのも、そういう意味では少し前進したのではないかと考えます。
「講師のなり手がいなくなる」という問題は、いくらか解決するのではないでしょうか。

本文でも書いたとおり、今後どうするかがやはり重要ですね。
そこから導き出される教訓と対策、多くの登山者に有益なものであって欲しいと思います。



20年ほど前、迷った挙句、この講習に参加しませんでした。
今となっては後悔していますが・・・。
私の大学時代、まさに部員減少時代の真っ只中で、当時は3人しかいない有様でした。
合宿などの準備会・反省会には、現役の何倍もの人数のOBがいた。。。。
カタチとしては、かなりいびつなものだとおもぴます。
ただ、先輩が多くいたことは、恵まれていたのでしょう。
ご指摘の技術伝承の断絶の直前の時期に当たっていたと思います。

今現在、OBとして口を挟んだりはしていませんが、技術のレベルは確実に落ちています。
自分たちの頃は入門編やプレ合宿で行っていたようなコースが、本番合宿で行われています。
ですが、具体的に何かできるわけでもないのに、口だけ挟むのもどうかと思うので。。。。

そういった現状からすれば、おっしゃるとおり、文登研の研修は、非常に重要な役割を持っていると思います。
安全管理など問題はありますが、検討委で解決するとのこと。
私も講習再開を望みます。

講習生の書類審査に加えて、初日・2日目当たりで実力を見てクラス分けをする、なんてのもいいかもしれませんね。



  1. 2007/07/30(月) 17:43:55 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

近しいとはいえませんでしたが
友人を亡くした者でですl。

管理人さんは、検討委員会に事故当時の人が関わることを「よし」としていますが、ボクはとても、そのような気持ちになりません。この裁判がなぜ起こったのかをよく考えてみてください。

雪庇上での大集団での休憩という、非常に明白なミス。それを国も、登山研修所の講師の人たちも、そして事故調査報告書を作った人たちも、第一過失として清く認めなかったから起こったのです。

いいですか、息子を失うというだけで、人生を一変させる出来事であるにもかかわらず、さらに人生を投げ打って国相手に裁判を起こさざるを得なかったのは、こうした初歩的なミスをミスと認めなかった人がいるからのです。

国の官僚といっても、専門知識があるわけではありません。つまり、そうした官僚を間違った方向に進めた責任は、当時の登山研修所の関係者であったり、事故当時の講師の責任なのです。


ボクは、事故当時の講師達が、登山の世界で生きていくことを排除しようとは思いません。彼らは、彼らの業を背負っていきていくでしょう。しかし、彼らが、誠実に事故に向き合い、そこで失われた命の重さを真摯に感じ、そしてそれに対峙する勇気があったのであれば、清くミスを認めたはずだと思っているのです。

ボクは、山本一夫氏にしろ、山本篤氏にしろ、柳澤氏にしろ、佐伯氏にしろ、スキルとしては秀逸なものを持っているのかも知れませんが、ボクは絶対に彼らを「岳人」としては、認めることはないと思います。

ご本人達も、ミスであることを気づいているはずです。にも関わらず、公的な場=証人尋問で、あのような答弁をするのか? ボクは、そうした方々の山歴にあこがれてきた一人として、深く深く深く絶望しました。


ボクは絶対に、そうした人が、検討委員会に入ることを許容することはできません。

裁判が確定したからではなく、それ以前に、ずっと以前に、ミスをミスと清く認めることのできないような人間性の方が、事故防止活動に関わるなど、絶対に容認できない、ということです。

これは、責任を追及する、ということではありません。安全活動に関わる講師に、適していない、ということです。

繰り返しますが、そうした人が、ご自身のファンの方を対象にガイドをなさる権利を奪おうとは思っておりません。パブリックな行為に関わることを、認めることはできない、ということです。


交通事故に例えれば容易に理解できるかと思います。
当然、一時停止をすべき交差点で、それをせず進入し、顧客を死なせた車の運転手が、ここは交通量が少ないからいいのだ、という言い訳をいって、何年にも渡って、その第一過失を認めていなかった。そのような人間が、交通安全指導者の検討委員会に入ることが許されるのか? ということです。


ボクは絶対に認めません。冗談じゃない、です。
突然の書き込みで長文失礼しました。


  1. 2007/07/31(火) 22:18:48 |
  2. URL |
  3. tadayoshi #QfNYz.PI
  4. [ 編集]

tadayoshiさんの書かれていることや、気持ちについては、ご本人の感情ですので、第3者としては尊重するしかありません。
イラクで亡くなった若者の両親が、誰を許すことができないかと考えても、人によって対象は異なるでしょう。その対象の違いや感情について相手を非難しても始まらないと思います。

ただ、交通事故と同じと例えられると、本当に同じなのか?と聞きたくなります。山には明確な一時停止の線などありません。そのため稜線の風下側地形はどんな場合でも登山者は入ってはいけないというような証言をひっぱりだされたのでしょうが、私はその証言は正しくないと思います。この講習会の休憩場所としてという但し書きがあれば別ですが、一般論としてされておりました。私は聞いたときに「岳人」として許すことができない証言と思いました。そういう感情に基づいて議論しても得ることは少なく、感情とは切り離した上での議論が必要です。文科省の調査報告書にしても使われ方がおかしいだけで内容は事実またはそれに近いのかも知れません。それを検証していくのも検討委員会の仕事でしょう。

私は、こうした調査をされた方々が原告、被告の枠をこえて責任ではなく、原因を追究するということも和解のひとつの大きな目的と思います。
  1. 2007/08/01(水) 06:22:45 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

追及ではなく追究を

Tadayoshiさま&よかっぺさま。
まとめレスとなりますが、ご容赦ください。


よかっぺさまのおっしゃるように、気持ちや感情といったもの、それを否定はしません。
立場や人によって、いろいろな感じ方があることも承知しています。
また、どれが正しくてどれが間違っているという世界でもないと思っています。
ただ、そこから先に進むには、感情は障害になる場合もある、とも考えています。

>国の官僚といっても、専門知識があるわけではありません。
>そうした官僚を間違った方向に進めた責任は、当時の登山研修所の関係者であったり、事故当時の講師の責任なのです。

う~ん。
ここはちょっと同意しかねます。。。。

裁判で、「講師が過失を認める→国が敗訴する」という公式は、簡単に成り立ちます。
となると、国側は「敗訴するわけにはいかん。ミスを認めるな」と、講師たちに圧力をかけた…なんてこともありうるのではないでしょうか。
とても講師たちが、国や官僚を「間違った方向に進め」る、といった力関係だとは考えにくいのです。。。
和解に至っても謝罪への国側のこだわり方からもそう思えますし、事故後の文科省職員の遺族への対応などからも、そう考える方が自然ではないでしょうか。
これは、「事故調査報告書を作った人たち」にも当てはまるかと思います。

輝かしい登山歴をもったプロの講師の方々。
この狭い狭い「山」の世界では、影響力もそれなりにあるでしょう。
ですが、そもそも今回の事故が起きるまで、山を愛好する人の中で、彼らのことを知っている人がどれほどいたか…。
(私も今回始めて目にした名前の方もいました)
そんな講師の方々が、国と向かい合ったときに、その力たるや……ではないでしょうか。。。



おっしゃるとおり、講師の方々はミスに気づいておられると思います。
また、その証言には私も目を疑いました。
なぜ、ミスを認めないのか、と。。。。

>稜線の風下側地形はどんな場合でも登山者は入ってはいけないというような証言をひっぱりだされたのでしょうが、私はその証言は正しくないと思います。

同感です。
地形や天候など現場の状況によってはあてはまるものですが、一般論としては、やはりおかしいと言わざるを得ません。
むしろ風下側に入るほうがベターなケースもあります。


しかし、その背景に国の圧力があったとしたら。。。。。。。
いかに著名で凄腕のガイドだったとしても、どこまで責められるべきなんでしょうか。。。。
むろん、責められるべき部分がゼロといっているわけではありません。
が、国という組織に対して、講師の方々は単なる個人・パートさんに過ぎないと思います。

>息子を失うというだけで、人生を一変させる出来事であるにもかかわらず、さらに人生を投げ打って国相手に裁判を起こさざるを得なかったのは、こうした初歩的なミスをミスと認めなかった人がいるからのです。

この「認めなかった人」というのは、私自身は講師の方々よりもむしろ「国(文科省)」だろうと理解しています。



ご提示のあった、交通事故の例。
示された例は、もちろん道交法違反ですし、「自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する」とする刑法211条2項に該当する可能性があります。
違法行為のうえで死者を出した場合の例示では、ちょっと次元が違うかな…と、思いますが。。。。



検討委は責任の所在やその追及のためのものではなく、原因の追究と再発防止のための道を進むべきだと考えます。
「追及」ではなく「追究」です。
これまでは責任の「追及」を目的とした裁判で出てきた証言や報告書です。
当然、それらの検証は必要となってきますが、目的が「追究」となってくると、見え方も違ってくると思います。
ただ、ここに感情を持ち込むことは、「追究」の目を曇らせるのではないでしょうか。
例の報告書にも、当たっている部分があるでしょうし。。。。

事実上、過失を認定した一審判決をほぼそのまま受けた和解内容で、国も同意しています。
となると、「圧力」のようなものは考えにくい。。。。。

講師の方々も、これまで講習会の場において、あるいはプロガイドとして、技術向上や安全対策に取り組んできたのではないでしょうか。
検討委の場は、裁判という独特の一種異様な空間ではなく、まさにそういった場になろうかと思います。
委員であっても、参考人のような形であっても、何らかの発言をすべきですし、そういう場を設けるべきだと考えました。
「『岳人』としては、認めることはない」というのは、そこでの発言などを待ってからでも遅くはないと思います。
「安全活動に関わる講師」に適しているかどうかも、そこではっきりすると思います。
今の時点で、講師や証言された方の「人間性」にまでは、私自身は踏み込めません。



ただ、
>ボクは絶対に、そうした人が、検討委員会に入ることを許容することはできません
>そうした方々の山歴にあこがれてきた一人として、深く深く深く絶望しました
>ミスをミスと清く認めることのできないような人間性の方が、事故防止活動に関わるなど、絶対に容認できない
というように思う方がいらっしゃること、これも現実です。
今回の事故、そして裁判が、そう思う人を生み出してしまった面も確かにあります。
このことは、忘れずに胸にとどめておかねばならないと思いました。



よかっぺさまのおっしゃる
>私は、こうした調査をされた方々が原告、被告の枠をこえて責任ではなく、原因を追究するということも和解のひとつの大きな目的と思います。
に、私も同じ考えです。

今後に生きる教訓を引き出すこと、それに尽きると思います。

  1. 2007/08/01(水) 19:18:02 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

管理人さんは冷静ですね。

ボクの感覚としては、検討委員会に事故当時の講師の方が入ってもいいのではないかと感じます。検討委員会に入って議論に関わることと、実際に講師として復帰するかは、別の話かと思っていますので。

裁判を見ていて感じるのは、大事な点は論点にならないものなのだな、ということでした。登山を法的な責任からいろいろ研究している方もネットにはいらっしゃるようですが、今回の件を見ても、やはり法的な側面からアプローチしても、事故は教訓にはならないものだ、と思いました。

管理人さんと、よかっぺさんがご指摘した「吹きだまりに絶対入らない」という原告側の証言は、被告側の誠実さのない証言と、どっこいどっこいと感じましたし、山をやっていて、なぜ自らの首を絞めるような証言をするのだろう、とも思いました。勘弁してほしいな、と。


ボクが、事故当時の講師が検討会に入ったほうがいいと思う理由は、先鋭的な登山をしてきている人の感覚は、必ずしも登山研修会の講師に適していない場合があるのではないかと感じるからです。

スキルの優劣の話ではないのですね。名選手名監督ならず・・・的な話です。ですから、検討会はアスリートとして優れている登山家ばかりを集めるのではなく、幅広い構成メンバーになったほうがいいように思います。物事が多面的に見えるようになりますからね。


あと交通事故のたとえ話ですが、法律云々というより、単に、非常に基本的なミスで事故は起こっており、それを認識するのは簡単なことではないのか? といった意味合いで出されたのではないかと受け取りました。道交法の話がしたいわけではないと。


あと管理人さんと若干感じが違うのは、国の圧力というかプレッシャーについてですね。パート扱いしかされない人が、好き勝手な証言をして、その結果、国から「おまえなぁ」と言われるプレッシャーと、一個人が国相手に裁判起こすのでは、比べようもない違いですからねぇ。

まあ、ボクのようにいい加減な人間であれば、「日当も安い、保険も安い、パート扱いしかしていないんだから、自分の数年の担当期間の間に、国が負けたという失点をしたくないがゆえに、調子いいこと言えてってのは、おまえらの勝手で、オラ知らん!」といって、思うように行動するかと思いますね。どこぞの国じゃあるまいし、その程度の国に都合の悪い証言したからといって、どうこうならんでしょう。せいぜい、次年度から登山研修所では働けなくなるだけ。


なにはともあれ、和解になって良かったです。あとは、検討会がうまく機能すればいいですね。
  1. 2007/08/02(木) 21:42:01 |
  2. URL |
  3. tokyo #QfNYz.PI
  4. [ 編集]

名選手名監督ならず・・・

tokyoさまへ。


>裁判を見ていて感じるのは、大事な点は論点にならないものなのだな、ということでした。

ですね。。。。
再発防止や教訓といった世界とは別の世界ですから。。。
遭難事故、裁判になったらこんなふうになる…むしろ、そういうことを認識しておくべきなんでしょうね。

>「吹きだまりに絶対入らない」という原告側の証言は、被告側の誠実さのない証言と、どっこいどっこいと感じましたし、山をやっていて、なぜ自らの首を絞めるような証言をするのだろう、とも思いました。

この点を指摘している方も多いように思います。
これも白黒つけるための裁判の過程で出てきたもの。
裁判の限界かもしれません。。。

>パート扱いしかされない人が、好き勝手な証言をして、その結果、国から「おまえなぁ」と言われるプレッシャーと、一個人が国相手に裁判起こすのでは、比べようもない違いですからねぇ。

そこは、そのとおりだと思いますよ。
ただ、誤解のないように言葉を補えば、講師の側にも圧力があったのでは?ということであり、講師の方々と遺族の方々のプレッシャーを比較したのではありません。
原告側の重圧、その大きさたるもの、講師の重圧の何倍にも…という意味では、全く同感です。


>なにはともあれ、和解になって良かったです。
>あとは、検討会がうまく機能すればいいですね。

そうですね。やはりそこに尽きるのでしょうね。
幅広いメンバーで、多面的に・・・その通りだと思いますよ。



ちょっと気になったことがあります。

>先鋭的な登山をしてきている人の感覚は、必ずしも登山研修会の講師に適していない場合があるのではないか・・・

この登山研修所の講師、どのような基準で選ばれているのでしょう?
「名選手名監督ならず」というのは、おっしゃるとおりだと思います。
確かに山歴から察するに「名選手」がずらりと並んでいますが、「名監督」がどうか、それを知るすべはありません。

各ガイド組織の「資格試験」の中身をざっと見てみました。
いずれも「選手」であるべき部分のスキルが重視された内容で、「監督」としての部分、希薄な印象を受けました。

なんとなくですが、山の世界、「名選手=名監督」という錯覚のようなものが支配的なんではないかなぁ・・・と思いました。
ガイドがらみの遭難事故の際に、ぼんやりと感じる違和感も、その辺に原因があるのかもしれません。


  1. 2007/08/05(日) 01:09:19 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/367-8a2606a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。