山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日150】 1週間で14件


学校は夏休みになりました。
台風がまた来ていますが、関東甲信地方も昨日梅雨明けで、夏山シーズン到来といったところでしょうか。


以下、長野県警の山岳遭難週報の要約です。

7月23日 爺ケ岳 13♂ 病気 無事 学校登山中、山頂付近で発熱
  24日 白馬岳 17♂ 病気 無事 学校登山中、テント内で胸に痛み
      赤岳  59♀ 転倒 負傷 2人パーティー。下山中に足滑らせる
  27日 前穂  58♂ 転落 負傷 4人パーティー。岩登り中、浮石をつかみ15メートル転落
      恵那山 76♂ 滑落 負傷 6人パーティー。下山中、5メートル滑落
  28日 御嶽山 70♀ 病気 無事 20人パーティー。山小屋で体調不良
      前穂  10♀ 転落 負傷 親子2人パーティー。岩場でバランス崩し、2メートル転落
      赤岳  47♀ 転倒 負傷 11人パーティー。下山中、岩場で足滑らせる
      赤岳  61♀ 転倒 負傷 単独。下山中、足滑らせる
      檜尾岳 34♀ 滑落 死亡 9人パーティー。沢登り中、転落し水死
      北穂  57♂ 転落 負傷 単独。下山中、バランスを崩し3メートル転落
  29日 鹿島槍 55♀ 転倒 負傷 2人パーティー。縦走中に足滑らせる
      小蓮華 64♂ 転落 負傷 43人ツアー。登山道でつまずき、200メートル転落
      前穂  57♂ 転落 負傷 単独。下山中、足を滑らせ7メートル転落


23日から29日までの一週間で14件。
特に週末の28・29日に集中する形となっています。
県警救助隊もてんてこ舞いだったのでしょうか。。。

学校登山が2件。
なんとも夏休みらしい。。。。

10歳代3人は学校登山か親子連れ。
この年代層の形態としては典型的なものでしょう。
20歳代はゼロで、30歳代と40歳代がともに1、50歳代が5、60歳代と70歳代がともに2。

原因別では病気3、登攀中の転落が2。
登山道での転落・滑落・転倒が9と過半を占めました。

学校登山(2)と親子連れ(1)を除く、パーティー構成。
単独×3、2人×2、4人、6人、9人、11人、20人、43人(ツアー)。
10人を超えるパーティーと単独が同じ3件。
まあ、9人でも大所帯かと思いますが。。。。




今年1月1日から30週間。
遭難件数の総数が65件ですから、その2割強がこの1週間に集中したことになります。
この長野県警の遭難週報、だいたい毎週目を通すのですが、今回は多かった。。。。
夏山シーズン早々、遭難事故多発、という感じでしょうか。
今月も山の計画があるので、気をつけよう。。。。。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/08/02(木) 19:28:27|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<【日々是好日151】 謝罪、やっと。。。。 | ホーム | 【日々是好日149】 和解成立>>

コメント

死亡が少なくてなにより

槍、穂高がないからなのか、死亡事故が少なくてなによりです。

しかし、よくわからない事故がありますね。

小蓮華?どこをどうすれば200メートルも転落するんだろう?もしかして、残雪部を軽アイゼンなしで歩いて滑ったのか?!
  1. 2007/08/06(月) 17:32:18 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:死亡が少なくてなにより

おーのさまへ。

事故は相次いで起きているんですが、確かに首を傾げたくなるようなものもあります。
いずれも詳報がないので、、、、、。

数だけでも警鐘にはなると思いますが、もう少し詳しい情報が欲しいところですね。
  1. 2007/08/06(月) 18:30:09 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

Re:死亡が少なくてなにより

22日に小蓮華を通過しましたが、そのような残雪はありませんでした。推測ですが、頂上を少しまき気味におりるところが、ちょっとしたガケになっており
ここでつまずけばかなり下まで落ちれるかも知れません。

7日に鍬崎山に行ったのですが、春に富山の人たちが読図訓練で道に迷ったところを見てきました。分かったのはクライマーでなければ、雪のあるときに使える尾根は1本しかない。それ以外はすべてガケとなるということです。その尾根を見つけないと下りられないという状況の割にはとてもいい加減な判断をしています。そもそもそういう自覚がなかったのではと報告書を見ても思えてしまいます。
  1. 2007/08/06(月) 20:30:02 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

Re:Re:死亡が少なくてなにより

よかっぺさまへ。

小蓮華、夏には一度だけ行きましたが、記憶がかなりぼんやりしています。
ただ、それほど落っこちるような危険なところがあったかどうか。。。。
それでも、事故、意外な場所で起きたりしますからねぇ。。。。

>春に富山の人たちが読図訓練で道に迷ったところを見てきました。
>分かったのはクライマーでなければ、雪のあるときに使える尾根は1本しかない。
>それ以外はすべてガケとなるということです。

地形図だけでは分からないもの、やはりたくさんあるのではないでしょうか。
現場に行ってこそ、はじめて分かることでしょうね。

例の富山の会、以前にも書いたのですが、報告書にも????な点がありました。
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/index.php?q=%C9%D9%BB%B3%A5%CF%A5%A4%A5%AD%A5%F3%A5%B0%A5%AF%A5%E9%A5%D6

今後、事故がないことを祈るのみです。。。。
  1. 2007/08/07(火) 02:15:12 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

駆け込んできた通報者

8/6の朝、北岳山荘のテント場をノンビリ撤収中に、軽装の青年二人が、山荘へ、駆け込んでいきました。
 お土産を買うついでに、受付に立ち寄ると、八本歯のコル付近から、仲間が転落した大学生グループの事故通報連絡でした。
 在京緊急連絡先や行程表を持って小屋の人に冷静に事情説明、救助要請をする二人の様子がなんとも気の毒でした。
 私達も小屋の人から、気をつけるように念を押されて出発、トラバース道から北岳肩の分岐で、救助ヘリを見て、大樺沢へ下山しました。
 一般道(危険地帯ですが)元気な大学生といえども事故は発生するのですね。北岳の遭難事故は冬山でしか遭遇したことが無く、夏山は自分も気が緩んでいることを痛感、定例地といえども、充分、気をつけようと思いました。
  1. 2007/08/08(水) 18:05:57 |
  2. URL |
  3. テントミータカ #SVWlgnzY
  4. [ 編集]

Re:駆け込んできた通報者

テントミータカさまへ。
お久しぶりです。
相変わらずいろいろなところへ行かれているようで、うらやましいかぎりです。

大学生の転落、毎日新聞では報じられていました。
結局、死亡が確認されたようですね。。。。

>在京緊急連絡先や行程表を持って小屋の人に冷静に事情説明、救助要請をする二人の様子がなんとも気の毒でした。

心中、冷静ではいられないはずですが、必死に冷静であろうとする姿が、より気の毒という思いを強くします。
その場にいたら、とてもかける言葉がみつかりません。。。。

たしかに中高年、特に高齢者の事故が多いのは統計で出でいます。
一方で、若い人にも事故があることも事実です。

慣れた場所だから、まだ若いから、などなどは事故に遭わない保障にはならないんですよね。。。。

とはいえ、どこかで気が緩んでしまうのも、人間ですから、仕方のない面もあるかもしれません。

お互い気をつけて山に入ることにしましょう。
  1. 2007/08/09(木) 02:08:29 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

8月になり更に増加中

11日から14日まで上高地から奥穂高岳へ行ってきました。通常なら二泊三日コースですが、子連れテント山行で親の体力も無いので横尾、涸沢、涸沢泊の三泊四日コースになってしまいました。(^_^;)

今年は7月は梅雨が長引いていたので8月以降人が動き出している所にお盆なので混んでいるだろうと思っていましたが、やはりかなりの混み具合でした。今年は涸沢の雪崩が落ちきらずそのままたまってしまったと言うことで、上のテント場は雪の下。なのでテント場はぎっちりでしたし、雪上にテントを張る人もいました。小屋はどのくらいの混雑かは分かりませんでしたがやはりたくさんの人が泊まっているようでした。

それだけ人も多いので事故も多い、と言うことで涸沢に2泊している間に2回も県警ヘリを見てしまいました。
それがどうも下記だった様子。
北ア・県警航空隊、1000人目を救助 /長野http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070814-00000130-mailo-l20
県内、夏山遭難相次ぐ 中高年の滑落多発http://www8.shinmai.co.jp/yama/2007/08/15_005745.html

1000人目の救助の時には私達はザイテングラードを歩いている途中だったので、直接は救助の様子は見えませんでした。最初は県警ヘリが北穂の中腹に向かうもすぐに旋回し、屏風の方へ行ってしまったり、あっちへ飛びこっちへ飛び、、としていたので、事故?巡視??何だろうと思っていましたが、そのうちにヘリから救助の人がおり、救助された人がヘリに回収され、ヒュッテ裏のヘリポートに下ろされていきました。あそこで下ろされたのだから軽症だろうか、と思っていましたがそうだったようです。(山岳相談所で聞いてみようと思ったのですが、常に誰かが相談していたり、不在だったりで聞きそびれました)

雨で道が荒れてもスリップしやすいでしょうし、今回のようにからからの天気でも石が動きやすく、またスリップしやすくなっているようです。落石も多かったですね。

私達が上っている時にザイテングラードの上部で5-6人が通過した時に落石を起こし、最初は小さかったのですが誘発され結構大きな落石になり沢を落ちていきました。落としたその本人達は気づいたのか気づかなかったのか何もアクションは起こさずそのまま。
すかさずうちの夫が「ラク!」「・・・」「下にも声を出せ!!」と大声を出したので、下部にいた人たちもやっと次々と声をあげていきました。落石時は早くしっかり声をあげていかなければ事故につながっていくのだけれど皆さん、最初は呆然と見ているだけでしたねぇ、、。私も一瞬「あ!」と思ってタイミング逃してしまいましたもの。

知らなければ話にならないけれど知っていても実際出来るかどうか、声をあげられるかどうかはなかなか難しい問題だと感じた出来事でした。
ちなみにわが息子、音を立てていく落石を見聞きし、いつもとは違う怒鳴り声をあげる夫を見聞きし、その後チョッとだけびびっておりました。
  1. 2007/08/21(火) 22:37:18 |
  2. URL |
  3. 沙羅 #-
  4. [ 編集]

Re:8月になり更に増加中

沙羅さまへ。
お久しぶりです。

ご紹介の記事、目を通しておりました。
今夏、妙に転倒がらみの事故が多いように思います。
なんでなんでしょうね?

お盆、相当混んでいたようですね。。。。
想像するだけで、どっか、他のところへ行こう。。。なんて考えてしまいます(笑)。

落石、自然発生のものと人為的発生のものがあります。
人為的なものは、極力起こさないようにするべきなんでしょうが。。。

「ラク!」の叫び声。
聞こえてくると、反射的に「ラ~ク!」と叫ぶようにしています。
その昔、コワい先輩からそのように仕込まれましたから。。。

聞こえた→叫んだ→で、どこに???  なんてことが時々。。。

叫ぶことに夢中になりすぎて、落石の所在の確認が。。。と、反省してます。
叫ぶことも大切ですが、自分の身を守ることも忘れてはいけませんね。。。
「身を守る」「声を上げる」
この二つを同時にやらなければ。。。。分かってはいるんですがねぇ。。。

息子さん。
いつもとちょっと違うお父さんの姿、いい経験ではないでしょうか。
楽しい山だったようで、何よりです。
  1. 2007/08/22(水) 20:19:55 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/368-0d6513d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。