山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 39日目】 早川尾根(久しぶりのコース)

8月25日。
早起きをして、暗いうちから動き始める。
昼間暑いのに比べて、随分涼しくて快適だ。
ただ、最初はきつめの登り。。。。

ヘッドランプの光に虫が集まり、顔の周りを飛び交う。。。
気をつけないと、息と一緒に吸い込んでしまいそうだ。。。

三ツ頭を越えたあたりで夜が明け始める。
本日も快晴。
夏、暗いうちから動き出し、夜明けを迎える・・・好きなシチュエーションなのだ。。。

六合石室を通過し、鎖場の上で休憩。
昨日の男性が登って来る。
石室には他に甲斐駒を越えてきた3人パーティーが泊まっていたとか。

山に朝日が差し始める。
景色もよく、気持ちよくて、結構長居してしまう。
夜明けの仙丈岳
仙丈、長らくご無沙汰している。。。

振り返って鋸岳
鋸を振り返る。
なかなかの尾根だ。。。。

おっ立った岩の根元を縫うように登り、甲斐駒山頂へ。
黒戸尾根方面から、続々と人が来る。
込み合う前に、さっさと下りに入る。

六方石あたりから、登りの人が増えてくる。
人の流れに逆らうカタチになり、すれ違いがなかなか面倒だ。。。。
メジャーどころなせいか、年配の方が多い。
5人以上のパーティー、ことごとく年配者だった。。。

駒津峰の上も、そろそろ込み合い始める。
まあ、なんというか……にぎやかな方が多い。。。。
早々に仙水峠へ。

甲斐駒へ向かう人も一段落したのか、仙水峠は静か。
腹ごしらえをするなどして、長めに休む。
駒津からの下り、結構長いので、足を休める。

ここからは早川尾根。
10年近く前に一度来たことのあるルートだ。
そのときは、人よりもカモシカの方が多かった。
天気は悪かったけれど、静かで気持ちのいい縦走だった。
その時の記憶もあって、「また行こう」となったのだが。。。

まず栗沢山への登り。
最初は樹林帯だが、結構きつく、汗が止まらない。
樹林帯を抜けると暑さ5倍増し!
ただ、このあたりから見える甲斐駒、結構好きだ。
甲斐駒


風もなく、直射日光をモロに浴びつつ、ひたすら登る。
頂上につく頃には、すでにヘロヘロだった。。。

ダラダラとアサヨ峰へ。
ここも展望がよく、延々と休む。
(実はヨレていただけ…)

アップダウンを繰り返しつつ、尾根を下り、早川尾根の頭へ。
早川尾根の頭
三角点の標柱にマジックで……。
こんなのは、初めて見た。。。。

ここからほどなく、早川尾根小屋へ。
テン場にはすでにテントが7張り。
場所はあったので、問題なく設営。
このあとにもやってくる人が続き、結局12張りの盛況となった。
小屋のほうも定員オーバーだったらしい。
スシ詰めの小屋と比べると、テントは天国だ。
12のテントのうち、9が単独。
うち、2つは女性だった。

にしても、こんなに人気のあるルートだったっけ???



カンカン照りのなか、延々と歩いてきてヘロヘロだったので、動作は緩慢。
テントを張ってからしばらくはボーっとして過ごす。
一息ついてから、ひたすら食べまくる。

人は多いのだが、夕方には静かに。
(生活音?は仕方がない)
飲んで騒ぐ人もいなくて、気持ちのいいテン場だった。
満腹になり、早々に寝る。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/08/30(木) 20:03:56|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山日記 40日目】 鳳凰三山(初めてのコース) | ホーム | 【山日記 38日目】 鋸岳(毎度のコース)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/375-2f8dc53e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。