山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 40日目】 鳳凰三山(初めてのコース)

8月26日。
昨日と同じ時間に起きる。

テン場はまだ誰も起きていない。
極力、静かに出発準備をしたつもりだが、起こしてしまった人がいたら申し訳ない。。。。
つられて起きだし、朝飯の支度を始める人もいたが、やはり気を使っているのが分かる。。。。

戸台から仙水峠⇒毎度のコース
仙水峠から早川小屋⇒久しぶりのコース

早川小屋から先、私にとっては初めてのコースとなる。


暗いうちに歩き始め、アップダウンを繰り返し、高嶺へ。
本日も快晴。
涼しいうちに本日最大の登り、いいことだ。

体が山慣れてきたせいか、昨日食べに食べて荷物が軽くなったせいか、比較的快調。
それでも高嶺に着く前には、すっかり夜が明けていた。

高嶺からは地蔵岳を目指す。
足元が砂にかわり、鳳凰に入ったことを感じる。

写真でしか見たことのないオベリスク。。。。
地蔵のオベリスク
想像していたのよりも、ずっとでかかった。。。。。。。
鳳凰小屋からきたのか、結構人がいる。
なかなかにぎやかな朝だ。

観音岳への登り、ここらあたりからは人の流れに逆らうカタチに。
けっこうな賑わいだ。

観音岳の山頂は、人だらけ。
休憩もそこそこに、薬師岳へ出発。
人が多いと、なんだか落ち着かないのだ。。。。

薬師岳へは、気持ちのよい稜線を30分ぐらい。
程よく風もあり、暑からず寒からず。

観音岳ほどではないが、それなりに人がいる。
でもまあ、最後のピークなので、少し長めに休む。

さて、ここからは長い長い下り。

13時10分。
夜叉神からバスで広河原、北沢峠を経由して、今日のうちに戸台に行こうとした場合の終バスの時間だ。
一応頭には入っていたのだが、燃料も食糧も十分にあるので、この日は夜叉神峠or広河原or北沢峠泊でもいいか。。。。と。

電池消耗対策でいつもは切っているが、薬師小屋を過ぎてしばらく行った休憩のときに、携帯の電源を入れてみる。
仙水峠までは圏外なのを確認済みだが、その後は電源切りっぱなしで確認できていない。
なんと、アンテナが立っている。。。。

と、嫁さんからメールが飛び込んでくる。
何でも、長男が熱を出し、けいれんを起こしたとか。。。。
明日の昼、塩尻で合流して明後日は北八ツでも。。。。という計画はパーに。
それよりも、下山を急がないと。。。。。

となると、13時10分、一気に現実のものになってくる。
時計と地図を見たら。。。。。がんばれば何とかなるかなぁ。。。。という時間。
南御室小屋、苺平、杖立峠で短く休み、あとはひたすら下る。

この辺に来て気づいたのだが、鉄パイプのモニュメント。
苺平にて
ポイントごとに立っているのだが、これって鳳凰三山独特のように思う。。。。

汗だくになり、夜叉神峠小屋に到着。
年配の方(ほとんど高齢者?)のグループが複数いて、随分とにぎやかしい。。。
数日とはいえ山の中にいた自分にとって、ずいぶん場違いなところに出てきたような気分だった。

夜叉神峠登山口へ。
夜叉神トンネルの反対側へ出る道は、危険のため使用禁止だとか。
ここの下り、疲れがたまってきて、足元がヨレ始める。
わずか1時間足らず、ヨレた体には長く感じる。。。。

やがて登山口へ。
13時少し前。
バスには間に合った!

13時発の山梨交通バスに揺られ、広河原へ。
広河原で小一時間待ち、南アルプス市営バスで北沢峠へ。
北沢峠行きのバス、待っている人がかなり多かったが、ダイヤどおりにしか運行していなかった。
北沢峠からは伊那市営バス。
待っている人がある程度たまると、こちらはバスを出してくれる。
ダイヤどおりなら1時間少々の乗り換え待ちなのだが、30分ほどで出発。
結局、待っていた人は臨時バスに乗り切れないほどだった。
戸台大橋で下り、駐車場へ向かって歩く。

戸台大橋から少し行って、右への分岐に。
公衆便所の前を通過し、通行止めのゲートを越え、近道をたどる。
以前はこのゲートが開いていたが、「崩落の危険のため」通行止めだとか。
歩いてみた感じでは、大丈夫そうなのだが。。。。

しかし、暑い。。。。下りてきたことを実感する。

仙流荘へ車で移動。
なんと16時過ぎにもかかわらず、「本日の営業は終了しました」。。。。。
やれやれ。。。。
結局、風呂は高遠の「さくらの湯」に。
下山後の風呂、やっと山が終わった、、、そう思える。。。





スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/09/01(土) 02:46:11|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日153】 9月、規制スタート | ホーム | 【山日記 39日目】 早川尾根(久しぶりのコース)>>

コメント

憧れのオリベスク

こんにちわ
ぼくは、まだ登った事ないんですよ~
良いコースですね(´ω`)
オリベスク高そうですね。
  1. 2007/09/01(土) 12:08:11 |
  2. URL |
  3. じもら~ #-
  4. [ 編集]

Re:憧れのオリベスク

じもら~さまへ。
こんにちは。

オベリスクのてっぺんに写っているのは、人です。
大きさ、そのあたりから想像してください。
遠くからでも分かる形のはずだ。。。。と改めて思いました。

今回のコース、鋸、甲斐駒、早川尾根、鳳凰。。。。
それぞれに趣が異なり、なかなか楽しかったです。
大岩下岩小屋、六合石室、仙水小屋、早川小屋、南御室小屋なんていう、5泊6日超のんびりテント山行なんてのも、楽しいかもしれませんね。
ま、食糧と燃料が増えますが。。。
  1. 2007/09/01(土) 14:15:17 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/376-46f065ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。