山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日154】 今夏の遭難統計

先日、警察庁から夏季(7,8月)の山岳遭難発生状況の統計資料が発表されました。

件数は前年比64件増の41件、遭難者は41人増の446人、死者・不明者は7人増の48人などとなっています。

遭難者中の死者・不明者、負傷者、無事救出等の割合を計算してみました。
死者・不明者:10.12%⇒10.76%
負傷者:55.31%⇒50.67%
無事救出等34.57%⇒38.57%

誤差の範囲といえるかもしれませんが、死者・不明者は変わらず、負傷者は減り、無事救出等は増加。
そんな傾向が見えてきます。
これを早めの救助要請と見るか、安易な救助要請と見るかは、ケースによることでしょうが。。。。

毎度ながら警察資料は「中高年(40歳以上)」というのがキーワードになっています。
以前にも書いたことがあるのですが、この「40歳以上」というくくり方、やはり乱暴な気がしますが・・・・。

年代別の統計を見ると50歳代前半から70歳代前半に集中している傾向があります。
中高年(40歳以上)は73.3%。
計算してみると50~74歳は58.97%になり、ほぼ全体の6割を占めることになります。
特に多いのが55~69歳で、43.04%。
遭難者が50歳代後半、60歳代に集中しているのは、年間統計などでも同じ傾向が見られます。
死者・不明者についても同様です。
ちなみに遭難者が最も少なかったのは40歳代前半の9人(2%、うち死亡・不明は1人)でした。

また目立ったところでは、30歳代前半の遭難者が20人増の31人。
ほぼ3倍増で、全体の7%を占めています。
「30歳代の女性が増えた」という話を、よく耳にするようになりましたが、それと無関係とは言えないかもしれません。
ただ、死者・不明者は、2人で、全体のうちの4.17%となります。

遭難者に占める死者・不明者の割合、全体では10.76%になります。
年代別で見ると70歳代前半(18.92%)、80歳以上(18.18%)、50歳代後半(14.67%)、60歳代後半(13.11%)、60歳代前半(13.11%)となります。
平たく言えば、年齢が高いほど、遭難した場合に死亡・行方不明になる確率が高い、という傾向があります。
ちなみに先ほど触れた30歳代前半は6.45%、最も低かったのは40歳代後半の4%でした。

この種の統計の年代別分類、毎度書いているのですが、のべ登山者(入山者?)数のデータがないのことが気になります。
各年代とも等しく遭難の確率があるとすれば、母数が多いほど遭難者は増えるはずで、年代別の傾向は意味をなさなくなります。
毎度のように「中高年の…」という分析、その年代の遭難確率が高いというデータがあれば、より説得力を持つのではないでしょうか。
警察庁に、推計程度ならあると思うのですが、それが出てこないところに消化不良な感が残ります。


様態別の発生状況。
「今年は登山道でコケる事故が多いなぁ」というようなことを、何度か書きました。
ほとんど主観的な感想で、「なんとなくそんな感じがする」といったものでした。
ですが、資料を見て、やっぱり…と。

転倒。
前年比25人増の96人で、全体に占める割合は17.5%⇒21.52%。
転落・滑落のうち、登山道上のもの。
33人増の71人、9.38%⇒15.92%。
数もさることながら、全体に占める割合も大きくなっていると言えます。
また、転倒者中の55.2%、登山道での転・滑落者の59.15%が死亡・重傷。。。。
コケて遭難した場合、半分以上が重傷ということになり、驚きました。
転んでも怪我をしない場合が多いのは分かってはいますが、事故になった場合、大きな傷を負うことになると言えそうです。

このほか、目立ったところでは、岩場での転落が4倍増の16人。
全体に占める割合は小さいですが、増え方は突出していました。

また、疲労・病気(108人で全体の24.2%)。
内訳は死者14人、不明・重傷なし、軽傷13人、無事救出等81人。
75%が無事救出等というのは…………どう考えればいいんでしょうか。。。。。。

これも繰り返し書いてきたことなのですが、様態別に年齢などの分類を重ねると、もう少し踏み込んだ傾向が見えてくると思います。



統計ものの資料。
毎回「中高年の遭難が…」とあります。
それ自体は間違いではありません。
ただ、もう少し踏み込んで、具体性が増したら…と、これも毎回思います。
ですが、少なくとも、そこから読み取れるものを教訓にすることはできます。
得られたデータから、少しだけ踏み込んで考える…それには、もう少しデータがあればいいのに。。。。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/09/18(火) 03:13:54|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<【遭難カルテ140】 京都北山、8日ぶり男性救助 | ホーム | 【遭難カルテ139】 四国・寒峰で男性死亡>>

コメント

暑さの影響?

今年は暑かった(まだ暑い!)のでその影響で疲労や疲労を遠因とした踏み外しなどが増えたのでは?と今年は中部山岳の山麓すら近付かなかった人間は想像するのですが、実際に登られた方はいかがだったでしょうか?
  1. 2007/09/18(火) 09:44:04 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:暑さの影響?

おーのさまへ。

毎日暑いですね。。。。
大阪ではいまだに「猛暑日」だったりします。。。

山も暑かったと思います。
日射病、熱射病、脱水症状・・・。
案外多かったかもしれませんね。
私もかなり干からびました(笑)。

ただ、下界がかなり暑かったことから、山の上も・・・と想像することは、自然だと思います。
となると、例年より水分を多めに・・・などの対策は事前に立てられるのではないかと思います。

ただ前年と比べると、疲労・病気の人数は12人減で、全体に占める割合も29.63%から24.22%に下がっています。
このへんをどう読み解くか、難しいところですね。。。。
  1. 2007/09/18(火) 13:04:16 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

レスキュー協議会の調べでも死者の増加が顕著です。
無事救出が増えたので、率はあまり増加しておりませんがちょっと気になる増え方です。

まだ、正確な数字を頂いていないのですが、たとえばドイツでは事故件数は日本より1桁多いのですが、死者は日本の方がはるかに多いようです。
これが、どういう原因によるものか調べる必要がありますね。事故件数が多いのはスキーも入っているからのようですが、死者が少ないのは救助体制の差なのか、クライミングと登山、ハイキングの差が明瞭で自己責任が徹底しているからなのか、それとも別な理由なのか?
唯一言えるのは、事故のピークがヨーロッパでは20代、30代だということです。日本の50代、60代というのは世界的に見てもとても特殊です。

  1. 2007/09/18(火) 20:34:40 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

日本は特殊・・・

よかっぺさまへ。

死者の増加、やはり…。
一方で増える無事救出、その背景はどうなっているんでしょうかね。。。。
喜ぶべきなのかどうなのか。。。。

ドイツとの比較、なかなか興味深いですね。
ただ、その差。
やはり原因を掘り下げていかないと、理由が見えてこないものだと思います。
ですが「これ!」という理由にたどり着けるかどうかは分かりませんね。。。。

>唯一言えるのは、事故のピークがヨーロッパでは20代、30代だということです。
>日本の50代、60代というのは世界的に見てもとても特殊です。

これは登山者全体の年齢分布の比較も必要になってくると思います。
確かに日本では、山で出会うのは50代、60代が中心のような印象を受けます。
ヨーロッパでは違うんじゃないかなぁ…と、ぼんやりと思います。

ヨーロッパの登山は20、30代中心の世界。
日本では50、60代中心の…となると、ため息が出ます。。。。


「中高年の遭難が」などと、随分前から言われてきました。
遠い先の話と思っていましたが、いつの間にやら、自分もその中に入っていました。
いずれは自分も「50代、60代」になります。
もっとも、いつまで山を続けているのかは分かりませんが。。。。

いまは他人事でも、時間がたってくると、自分のことになります。
いずれは「ため息を疲れる側」になるんかなぁ…。

「だてに年数を重ねてないなぁ…」といわれるような、50代を目指すとします。


  1. 2007/09/20(木) 19:13:25 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

剣岳

後ほど記事が出てくるような気がしますが、大牟田の登山サークルが剣岳で遭難、救助要請して無事救助されたとの記事がありました。

大別すると、中高年のパーティです。^_^;

当日は天候が崩れたらしいですが、ちょっと気になっています。

そもそも、救助要請したのが2600m付近の岩稜地らしいのですが、どの程度、視界があったかわかりませんが通常、2、3mの視界があればマーキングなどが見えますから「迷って救助要請」には至らないような気がしているのです。
安易な救助要請なのか、はたまた、地図などを持参していなかったのか、またはリーダーが荒天下の行動に慣れていなかったのか。しかし、慣れていなかったのなら行動しなければいいはずなんですけどね。

なんか、おかしいんですよね。
  1. 2007/09/28(金) 12:06:25 |
  2. URL |
  3. おーの #rmbFb8ac
  4. [ 編集]

Re:剣岳

おーのさまへ。

剣の件、現在調査中です。
なかなか。。。。な事例ですな。。。。

もう少しお待ちください。
近々アップします。
  1. 2007/09/28(金) 16:24:10 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/379-badb0b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。