山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日158】 2000登山と単独行

鉄人79歳2000登山達成というという記事が西日本新聞に掲載されていました。

福岡県の男性(79)が、甲斐駒(2967)で2000登山を達成したとか。
60歳でマラソンを始め、65歳の御嶽山(3067)が初登山。
以後、登山に目覚め、全国をピークハントして回っているとのこと。

15年で2000とは、単純に驚きました。
しかも、65歳という、高齢者になってからの登山ですから、なおのことです。
元気な年配の方が多い昨今、ここまできたか。。。。と、思いました。




ちょっと気になった記述が1箇所ありましたので、引用します。

「仲間と遭難した場合、助けるのが難しい」と単独で登山。

う~ん。。。。。

パーティーで山に行くことの意味や楽しさをご理解いただいてないようですね。。。
あえて悪く取ると、「遭難しても、自分は常に助ける側である」とも取れます。

マラソンをされているとのことですので、体力的には同行者よりも勝っていたのでしょう。
ただ、自分より遅い人と行くのがイヤになったのでしょうか???

2000もの山に登った人に対して言うのはどうかとも思いますが、やはりある種の危うさが消えません。


もっとも、これは報じた側の問題かもしれません。
単独の理由を聞かれて、数十分にわたって熱弁をふるったとしても、記事になったときには1行。。。なんてこともありえます。
記事を載せる方も、もうちょっと何とかならなかったんだろうか。。。。




こういったスタンプラリー的登山。
100名山なんかもそういったカテゴリーに分類されることになるのでしょう。

個人的には興味がない世界です。。。。
(いくつ登ったとか、いままで数えたことがない。。。。)

ですが、否定はしません。
目標を持って取り組むこと自体はいいと思います。
また、ひとつのスタイルであって、興味があるないも自由ですから。
雪山や岩、沢に興味のない人だっているはずです。
また、それも可だと思います。
ですので、それ自体を否定はしません。

ただ、個人的に、スタンプラリー状態になってしまうと、なんだかノルマに追われているような気がして。。。。
私なんぞはノルマ達成なんて、仕事だけで十分です!(笑)



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/10/23(火) 11:10:06|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【事故報告書12】 大牟田岳稜会・抜粋版 | ホーム | 【遭難カルテ143】 尾瀬・燧ケ岳で65歳女性救助>>

コメント

評すべき言葉なし

昔は、登山は単独行にはじまり単独行に終わる、などと登山の基本に関わる論議をしましたが、それとは全く関係のない特異現象を、真面目な管理人さんがとりあげられたのには驚きましたが、いつもながらの冷静な批評を加えられたのはさすがです。

スタンプラリーは至言です。昔は(たびたび恐縮です)「ピークハンター」という言葉が、ドンファンと同じように蔑称として使われました。
遠慮げに語られてきた00名山ハンター批判が最近ようやく遠慮なく語られるようになって良かったと思っています。
  1. 2007/10/25(木) 15:57:27 |
  2. URL |
  3. HIKO #b4jxZAz.
  4. [ 編集]

Re:評すべき言葉なし

HIKOさまへ。

おっしゃるとおり、登山の基本や本質と言ったものとはちょっと違う世界ですね。
「『仲間と遭難した場合、助けるのが難しい』と単独で登山。 」
というくだりが、どうしても気になったので。。。
それがなければ、「ふ~ん。そんな人もおるんや。。」だけですんでいたと思います。



00名山ハンター批判。
ピークハントもひとつの楽しみ方だとは思います。

ただ、困った人も実際にいます。

知人に百名山めぐりをしていた方がいます。
なんでも、「達成」という響きがいいんだそうです。
その方から、達成の便りを頂きました。
どこぞの山頂で「百名山達成」と書かれた幕(旗?)を持って写った写真と、「記念祝賀会」の案内が入っていて・・・・。
この人は他人に自慢するために登ってるんだろうか?と、なんだか寂しくなりました。
祝賀会、出席はお断りしましたが。。。。。

WEB上でも「達成話」、検索すると結構引っかかります。
昨年秋、朝日岳で遭難された方のHPも、そんな感じでした。

やっぱり、私個人としては○○名山ハンターにはなじめそうにありません。

  1. 2007/10/25(木) 17:09:36 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

Re:評すべき言葉なし

ピークハントと見てしまえば、確かに何の面白みもないですが、15年で2000山、記事から類推すると4000日以上の登山というのはすごいですね。1年の3分の2以上山に行くということは自分はまだ正味1000日程度しか山へ行っていないのでとても考えられません。
8000メートル全14座や7大陸最高峰などもいわばピークハントですが、私も山に登ると次は向こうに見えるあの山に登りたいと思って次々登りましたので見方によればピークハンターです。
すごく自然な登り方のような気もしますし、登山者のほとんどはピークハンターではないでしょうか?
20人のパーティーで骨折した1人をおろせないパーティーもありますし、歳を考えれば正直すぎる発言と言えなくもありません。
ひとつ言えるのは、これだけ山に入っている人についていけるパートナーはなかなかいないだろうと思いますし、山に対する執着にもついていけないだろうと思います。
本人がそれで幸せなら・・・・いいではないかと思ってしまいました。
  1. 2007/10/25(木) 22:14:28 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

Re:Re:評すべき言葉なし

よかっぺさまへ。


これほどの日数、山に費やせるなんて、正直なところ、うらやましい限りです。
現在の生活から考えると、私なんぞには夢のような話ですから。。。。
また「すごい」ことには違いありませんので「単純に驚きました」と、本文で表現しました。
自分がその年齢になったとき、そこまでできるかと聞かれれば、「まず間違いなく無理」と答えますから。。。

>登山者のほとんどはピークハンターではないでしょうか?

広い意味で言えば、そうだと思います。

>山に登ると次は向こうに見えるあの山に登りたいと思って・・・

私にもそういうところがありますので、よく分かります。
ですが、それは「こことこことここを回って…」と、行くところが先に決まっているスタンプラリー的というのとは違うように思います。

先ほどのコメントでちょっと言葉足らずだった?ので補足します。
ピークハント自体がどうこうというのではなく、スタンプラリー的なものが、なんだかなぁ…と個人的に思う、ということです。

スタンプラリー的という一点からのみ見れば、百名山も8000メートル14座も7大陸最高峰も同じです。
まあ、諸々の点でそれらの間にはとてつもなく大きな違いはありますが。。。。
その違いからなんでしょうが、百名山は全然すごいと思いませんが、厳冬期8000メートル14座となったら、すごい!と思います。。。。


>これだけ山に入っている人についていけるパートナーはなかなかいないだろうと思いますし、山に対する執着にもついていけないだろうと思います。

同行する側から見ると、そうなるかもしれませんね。
そちらから考えてみること、思いもしませんでした。
なるほど!

>歳を考えれば正直すぎる発言と言えなくもありません。

そう考えると、もう少し考えてしゃべればいいのに、と思うのと同時に、きっと素直で人のいい方なのかもしれない。。。とも思いました。
やはり、取材する側が何とかしろよ。。。ということなのかもしれませんね。

>本人がそれで幸せなら・・・・いいではないかと思ってしまいました。

最後はそこに行き着くことになるでしょうね。。。
自分の山登りも、そこに落ち着くことになります。
事故やけがなく無事に続けられることを願うのみです。


  1. 2007/10/27(土) 01:43:07 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/387-dd645be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。