山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日161】 集合と離散と

大連立騒動で、政界は大騒ぎ。
自民・民主タッグなんてことになったら、日山協・労山タッグみたいなもんかな?
そんなことになったらそれこそビックリですが。。。。
党首辞任問題やら何やら、組織がらみのドロドロが、その後にはあるんでしょうか。。。

ま、それはさておき。
今回は離散の話。

ネット上で流れている話ですが日本アルパインガイド協会(AGS-J)が日本山岳ガイド協会(JMGA)から除名になったようです。
ソースは以下の3つ。

●「日本アルパインガイド協会の登録抹消」?

●ガイド・・・

●白馬岳4人凍死事故その後


いずれもオフィシャルな情報ではないのですが、JMGAのHPの団体会員一覧からAGS-Jが削除されていることから、事実だろうと思います。



JMGAの設立の背景から末尾の文章を抜粋します。

「1971年の設立、運営されてきた「社団法人日本アルパインガイド協会」は全国団体であり「日本山岳ガイド連盟」を合併し、より発展的で社会的な基盤と、本邦における山岳ガイド並びに自然ガイドの養成・認定の水準を確立するため、新たに「社団法人日本山岳ガイド協会」として再スタートするものとなった。」

これを読むと、AGS-Jが日本山岳ガイド連盟を合併してJMGAを作った、となります。
中核をになってきた組織が抜けること、業界の一大事ではなかろうか。。。。
ところが、JMGAもAGS-Jも、HP上ではこのことに全く触れられていません。

ガイドについて、何度か触れてきました。
山岳ガイド自体が国内ではマイナーな業界であり、その資格についても無法地帯のような状態です。
現行の資格制度自体が、身内で決めた私的ルールによるものだし、その資格がなくても営業ができます。
また、「ガイド」と言う名称(肩書き)自体も、勝手に名乗っても問題がない状態です。
弁護士などの国家資格のように、名称や業務の独占に法的な拘束が全くないからです。

かつてはそれぞれが勝手に資格や組織を作り、それぞれが勝手に営業していました。
知人のガイドから聞いたところによると、そんな現状をなんとかしなきゃ、ということでJMGA設立に至ったとか。
ガイドの認知度と社会的地位の向上のため、最終的には「国家試験」「統一資格」を目指すための組織設立だったそうです。
故橋本龍太郎氏をトップに担ぎ出したのにも、そんな思惑があったから、と聞きました。

除名?の理由は、AGS-JがJMGAとは別のガイド資格を独自に認定し、営業をさせていたこと。
それを指摘し、再三是正を促したにもかかわらず、AGS-Jが対策を採らなかったことのようです。

JMGAの中核であったAGS-Jが、自ら資格のダブルスタンダードを敷いていたことは公然の事実です。
資格制度自体が統一されなければ、「国家試験」など望むべくもありません。

JMGAとAGS-Jの間で、どのようなやり取りがあったかは分かりませんし、双方にそれぞれの言い分があることだと思います。
なんで話し合いで解決できなかったんだろう?
なんでここまで話がこじれてしまったんだろう?
いずれにしてもイメージダウンは避けられないだろうし、「国家試験」化は遠のいたかな。。。。



これだけの一大事が起きても、WEB上ではガイド各氏の反応は鈍いと言わざるを得ません。
日々是好日155
でもふれたガイドの問題のときもそうでした。
プロガイドの方のHPやブログ、いろいろとあるんですけどね。。。。。。
WEBを営業用のツールに限定しているだけなのか。
ネガティブ?な話題に触れることをあえて避けているのか。
最悪なら、意識すらしていないとも。。。。。。
いずれにしても、個人的にはこれでいいのか?と思ってしまいます。

この世界を代表する人の多くが、ガイドという業に就いています。
ですが、日本の山岳ガイド制度は、まだまだ未成熟なままだと思います。
このまま放置していて、いいほうに向かうとは考えられません。

ではどうするか。
いろいろな人の意見や議論と試行錯誤を重ねていくことで、初めて前に進むのではないかと思います。
そんななかで、当事者であるガイド諸氏が口を閉ざしていたのでは、何も始まらないと思います。
岳人10月号に掲載された近藤邦彦氏の文章。
そんな現状に対するひとつの問いかけだったのかもしれません。
もちろん、近藤氏の意見にすべて賛成できるわけではありません。
反対であった場合、ではどうすればいいのか。
そういう意見が、ガイド諸氏の間から出てきてもいいのに。。。。と思いました。


しかしまあ、山の世界の有名人の集まりとも言えるガイド業界。
こんなゴタゴタをやってるとは。。。。。
組織や権益が絡むと、ろくなことにならない、ということでしょうか。。。。




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/08(木) 01:46:50|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【日々是好日162】 どうなってるの?どうなるの? | ホーム | 【日々是好日160】 救助活動と褒章>>

コメント

どうも山屋さんは

私もこの業界のことは良く知りませんので、直接のコメントはできませんが、ああ、またかというのが率直な感想です。
この山屋さんの世界は、ひとりひとりと付き合うととても魅力的だったり、素朴だったり、良い人が多いのですが、群れるとおかしくなりますね。

いまだに親分子分の世界をひきづっている人もいれば、過去の実績をひけらかしている人もいますし、名誉職を求める人もいます。総じて言えるのは、お客さんは何を求めているかということを考えていないということです。

歴史の割にはスポーツとして未成熟なのでしょうか?紳士のスポーツだった時代もあるのですが・・・
  1. 2007/11/11(日) 08:30:48 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

Re:どうも山屋さんは

よかっぺさまへ。

>この山屋さんの世界は、ひとりひとりと付き合うととても魅力的だったり、素朴だったり、良い人が多いのですが、群れるとおかしくなりますね。

実際には、山屋さんの世界以外でも群れるとおかしなことになっていると思います。
ただ、その山屋さんの「魅力」からは、かなり離れた距離にある気がしてならないのは私だけでしょうか。。。。

>総じて言えるのは、お客さんは何を求めているかということを考えていないということです。

この業界、サービス業でありながら、この部分が一番欠けているのかもしれません。
スポーツとしてと言うよりも、サービス業として未熟なのではないでしょうか。

紳士のスポーツ・・・。
ウチの親父もよくそう言っていました。
ですが、すでに大衆レジャーと言っていいと思います。
私自身も、その「一般大衆」の一人に違いありませんが。。。。
  1. 2007/11/12(月) 19:25:32 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

お知らせ

今週の金曜日、16日に東京オリンピック記念センターでガイドの廣川さんたちがやっている日本山岳救助委員会主催の救助関係者の交流集会があるそうです。
参加は無料だそうで、18時半からだそうです。
  1. 2007/11/13(火) 20:53:48 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

Re:お知らせ

よかっぺさまへ。

レス遅れて申し訳ありません。

情報ありがとうございました。
こういった情報が発信されるポータルサイト的なものがあればいいですね。
なんだかそれぞれがてんでバラバラにやっているような気がしてならないんですが。。。。

私にとって東京は遠いです。。。。
しかも仕事が立て込んでいて、とってもいける状況ではありませんでした。。。。(泣)
大阪であって、仕事が休みで、自分に都合のいい時間にあれば。。。。なんてのはぜいたくですね。
  1. 2007/11/18(日) 11:41:36 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/392-6753cc07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。