山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ3】山スキーの男性無事下山 北ア・十石山

 【概要】
 6日夕方、松本市安曇の十石山(2513メートル)に単独山スキーに出かけた埼玉県職員の男性(47)が下山していな いと、職場の上司が通報。
 男性は5日に白骨温泉から日帰り予定で入山していた。
 山中で2回ビヴァークし、7日午後に自力で乗鞍高原温泉スキー場に下山、手足に軽い凍傷を負っているという。

 【考察】
 情報が少なくて、詳細は分かりません。
 が、2回のビヴァークをこなし、自力で無事下山できたことは良しとしたいのです。
 安易に救助を呼び、元気に下山してくる人間が多い中、珍しいかもしれません。
 かつてはそれが当然のことだったんですが…。
 ま、連絡を取るすべがなかったのかもしれません。
 
 山スキーは楽しいものですが、恐ろしいものでもあります。
 滑り出すと、あっというまにかなりの距離を降りてしまいます。
 上り返すのには、それこそ10倍前後の時間がかかるものなのです。
 コースアウトしてしまうと、復帰するのに大量の時間とエネルギーを消費します。
 そのあたりのことを十分頭に入れてから動かないと、とんでもないことになります。

 今回の案件、詳細は不明ですが、そのあたりのことがあったのかもしれません。

 7日にはヘリコプターも捜索に出動していました。
 無事である旨を山中から連絡できれば、遭難騒ぎにはならずにすんだ可能性があります。
 携帯電話や無線機といった機器、こういうときに使うべきものでしょう。
 
 山に入って、下山が遅れるケース、ままあるものです。
 下界との通信で、安全を伝えられれば、それで済む話だったりもします。
 通信機器のあり方を考える一つの機会にはなるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/02/10(金) 14:51:51|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【日々是好日1】権兵衛トンネル | ホーム | 【遭難カルテ2】中高年17人下山せず 神奈川・大杉山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/4-a6c9406a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

乗鞍高原温泉のお得な情報

乗鞍高原温泉のお得な情報
  1. 2007/06/11(月) 03:27:13 |
  2. 旅を連想するようなページにしようと思います。

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。