山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日170】 富士山って・・・

富士スバルラインのマイカー規制。
来年から2日増えて12日になるようです。
シーズン中の週末、8合目以上では身動きがとれない状態だとか。
〝渋滞〟解消策として、旅館組合の方から要望があった、と報じられていました。
(ソースはこちら

環境問題などでマイカー規制の話はよく出てくるのですが、商業ベースの方から声が上がったというのは、ちょっと面白い現象かな…と思いました。
ふつうに考えれば、客が多いほど旅館などは潤うわけですから…。

逆に客が多すぎて、旅館組合も身動きが…ということなんでしょうか。
業者サイドから規制拡大を求めるというのは、やっぱり珍しい気がします。

しかし。。。。。人が多すぎて身動きがとれないなんて。。。。。

夏の富士山と言えば、小学生の頃に一度行ったきりです。
曖昧な記憶からも、人は多かったけれど、身動きできないほどではなかったと思います。
とはいえ、30年ほど前のことですが。。。。。

こんなに人がいること自体が、なんだか異常な状態のように感じてしまいます。
具体的に、どこがどうして異常なのか、うまく説明できないのがもどかしい。。。
ただ、こんなに混雑していることがわかっていれば、私自身は遠慮します。

このブームとも言える富士山への人の流れ、何なんだろう?
正月の初詣みたいな感覚?
日本一高い山だから?
11月に「思い出作り」とかで軽装で富士山に入り、凍結斜面で動けなくなり、救助された方たちもいました。
なんだろう?
すごくモヤモヤとしたものがたまっています。
(「思い出作り」とか「自分探し」と言う言葉、自分自身は違和感ありまくりです)

これが、世界遺産登録なんてことになったらどうなるんだろう?
もともと有名なところなので、人出にそれほど変化はないという考えもあるかもしれません。
でも、そうはならないような気がします。。。。。

「オーバーユースのため、入山規制&マイカー規制」なんて話が持ち上がったら、こんなに人が多くなっている現状からすると、登山者の側から反発があったりして…。



ちょっと前には子連れで行こうかと考えたこともありました。
が、こんなに人が多いんならやめとくか。。。。。
自分自身、人ごみから離れたくて山に行くところもあるので。。。。。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/12/25(火) 16:27:52|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<【日々是好日171】 今年の最終更新(予定) | ホーム | 【日々是好日169】 テレマーク>>

コメント

混雑

東京駅や大阪駅の雑踏を見ていると人間は素晴らしいと思います。どんなに混雑してもぶつかることもなく交差していきます。
ところが車はそれができません。ある一定数を越えてしまうと渋滞となり、時間あたり通過できる車の数がかえって減ってしまいます。
おそらくスバルラインも往復しかない悲しさで渋滞すると却ってお客さんが減ってしまったのでしょう。
もっとも富士山の五合目に皆さん何のために行くのか?それが一番不思議なのですが??
  1. 2007/12/25(火) 22:02:39 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

お久しぶりです。静岡県民としてやはりここは一言申し上げたいと思います。
まず夏の富士山は登山する山ではありません。他人のお尻を見て歩く山です。かじり虫が大活躍しそうな、そんなごみごみとした喧騒の山です。
新聞記事にもありましたが、渋滞は8合目から上とか、さもありなんです。登山パターンとして圧倒的に多いのは、夕方登り出して頂上で御来光を見るというのです。寒くなるし、高山病の人は出るし、睡眠不足、体調不良etcで9合目のラインを超えられない人も出るわけです。なにせわが町からも夏の土日は観光登山バスがばんばん出ます。
我々が最も勧めるのは、6月から山開きまでと、9月から10月の静かな富士山です。この時期ですと、高所登山対策の山屋さんなどいて、上手くいけばグリセードなども楽しめます。

富士山は少し高いところから(学校の屋上など)よく見え、眺める山としては素晴らしい山です。
世界遺産・・・ちょっと待ってよ、というのが正直な気持ちです。
それでも静岡県民は一生に一度は富士登山を、と思っている人は多いはずです。それが日本全国に広がるのは、ぞーっとします。
  1. 2007/12/25(火) 23:01:44 |
  2. URL |
  3. JOE #-
  4. [ 編集]

供給と需要のバランスでしょう。
もし5合目が建築規制なしなら、開発規制なしなら無制限に受け入れることが出来る。
上高地のマイカー規制も、大正池から河童橋まで全て駐車場にすることが出来ればマイカー規制しなくとも良いのです。
ところがそうなれば「貴重」な場所でなくなる。貴重な場所でなくなれば誰も来なくなる。
と、暴論です。
標高の高い山道で渋滞が起きれば何が増えるか?
排気ガス公害?
排気ガスは風に流されて硫酸ミストに変化する前になくなってしまいます。
実は「立小便」です。
そしてゴミ。
それと高山の微妙なバランスで成り立つ植物帯への立ち入りと踏み荒らし。
そして山小屋での処理しきれない糞尿。
今では谷に流して捨てることも出来なくなった!
それらを放置すれば、先ほどの暴論と同じ未来なのです。
それに気がついた。
そう思っていただいて良いのではと思います。
スバルラインの渋滞は昔からです。それが今になってそういう動きが出たと言うことは、時代の流れでしょう。
  1. 2007/12/25(火) 23:21:01 |
  2. URL |
  3. 元山男 #-
  4. [ 編集]

すみません

元となる記事を良く読んだら登山者の渋滞でした。早とちりしてすみません。
今年は吉田口から15万人以上登ったようです。3年前からみると5万人増ですね。急に増えたようですが、やはり世界遺産になりそう効果ですかね。
登山人口そのものは横ばい乃至ゆるやかに減少ですから、この増加は意外です。
  1. 2007/12/26(水) 20:18:03 |
  2. URL |
  3. よかっぺ #1JQD0tfs
  4. [ 編集]

お三方へ

よかっぺさま&元山男さま、毎度どうもです。
JOEさま、お久しぶりです。

レス遅れ、申し訳ありません。
また、まとめレスになりますが、ご容赦ください。

大阪駅の雑踏、毎日のように通勤で歩いていますが、いるだけで疲れてしまうんですよね。。。。。
どこの山に行ってもそんな風になったら、私は山をやめてしまうと思います。。。。
「他人のお尻を見て歩く山」なんて、勘弁してほしいものです。
そういう意味では「夏の富士山は登山する山ではありません」というのがよくわかります。
こんなに混雑していたら、山としての魅力は(私にとっては)ゼロです。

全国にある○○富士や「一富士二鷹…」。
日本人にとって富士山というのは、ほかの山と違って、特別な存在だと思います。
山に登る人も登らない人も含めて、唯一無二の存在でしょう。
地元で毎日見上げている人でなくても、一度は…と思うのは、不思議ではありません。
とはいえ、毎年何万人も…となると。。。。。。やっぱり変な感じです
そこまで人が増えると、「思い出作り」なんて人も出てくるのでしょう。
ほとんどディズニーランドと変わりない世界と言ったら言い過ぎでしょうか。。。。

吉田口からだけで15万人、3年で5万人増。
ほかの登山口も足すと、恐ろしい数字が出てくることでしょう。
世界遺産候補という効果があるとしたら、登録が決まったりしたらどうなるんだろう。
人があふれて旅館組合が悲鳴を上げている状態で、何のために世界遺産登録を目指すのでしょう?
静岡県民でなくても「ちょっと待ってよ」となりそうなもんですが。。。。

今回の規制拡大。
「いいことだ」と、単純に喜んでいいものではないと思います。
ご指摘の通り、「供給と需要のバランス」以外の何でもないと思います。
提供できるサービスの限度量を遙かに超えた人がやってくる。。。
「処理しきれない糞尿。 今では谷に流して捨てることも出来なくなった!」ということもあると思います。
とはいえ、旅館や山小屋がつぶれるほどの規制拡大ではありません。
従来の商売の安泰?を確保した上で…というふうにも見えてしまいます。
ゴミや立ち小便、環境とかいったレベルの話ではないのではないか…と。

少なくとも、「新しい観光や登山のあり方」を模索するようなものではないのではないでしょうか。
規制拡大に向けて、どれだけの議論がなされてきたのかはわかりません。
ただ、報じられた内容からは、そのようにしか思えないのです。。

スバルラインのマイカー規制が始まったのは1994年。
当時は観光業者らが規制に反対していたとか。
http://www.fujisan-net.jp/data/article/2.html
今回はその観光業の側から規制拡大の声が上がったとのこと。
ある意味では180度の方向転換ともとれます。
本文に書いた「ちょっと面白い現象かな…」というのは、まさにここのことです。
このへん、「時代の流れ」のようなものを感じざるを得ません。


富士山。
やっぱり当分の間、「ちょっと離れたところから見る山」でいいような気がします。

  1. 2007/12/27(木) 01:16:25 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

富士下山

初めまして、どこからかリンクを伝わってきました。
静岡市のサムシング田中です。

富士山は登るモノではなく、降りるモノという感覚は
いかがでしょう?。

http://white.ap.teacup.com/something/26.html


  1. 2007/12/27(木) 21:49:53 |
  2. URL |
  3. サムシング田中 #//.w6xqY
  4. [ 編集]

Re:富士下山

サムシング田中さまへ。
はじめまして。
レス遅れ申し訳ありません。

なるほど。
そういう楽しみ方もあるんですね。
少し驚きました。

多様な楽しみ方があっていいと思うのですが、なかなか。。。
特に富士山となると、頂上に・・・という意識の方がはるかに強く作用するのではないかと思います。
  1. 2008/01/05(土) 13:08:43 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/402-37eb83ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。