山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ145】 槍平で雪崩、4人死亡

【概要】
31日午後11時半ごろ、北アルプス・槍ケ岳(3180メートル)の岐阜県側中腹にある槍平小屋付近で雪崩が発生。1日午前0時15分頃、登山者から数人が埋まっていると119番通報があった。雪崩に巻き込まれたのは小屋の5~10メートル南側に並ぶようにテントを張って就寝していた、徳島岳人クラブ(4人)と東京の三峰山岳会(3人)の2パーティー。周辺にはこの2つのテントを含め、7、8張りのテントがあり、少なくとも25人がいたという。小屋に宿泊していた登山者が助けを求める声に気づき、周囲にいた登山者らが7人を救出。徳島岳人クラブの団体職員(51)=松茂町、大学職員(31)=徳島市と、三峰山岳会の内装業(60)=神奈川県海老名市、会社員(45)=東京都目黒区の男性4人が意識不明。男性(47)=徳島市、女性(30)=同、男性(38)=東京都文京区の3人は無事だった。2日朝、3人は岐阜県警の救助隊とともに下山。県警ヘリが意識不明の4人を搬送、全員の死亡が確認された。いずれも窒息死だった。3人は「突風でテントが吹き飛ばされ、どさっと雪の下敷きになった」と雪崩の瞬間を説明した。現場は比較的なだらかな地形で、北側に「冬季小屋」、10~20メートル南側に「夏季小屋」がある。登山者の話や高山署の調べでは、雪崩発生時、夏季小屋の東側に5、6張り、南側に3張りのテントが設営され、両パーティーは夏季小屋南側に別々に張ったテントで就寝中だった。小屋には雪崩の痕跡がなく、2組の東側にテントを張っていた別のグループが巻き込まれていないことなどから、雪崩は西側の急斜面で発生し、沢を越えて二つのテントを直撃したとみられる。亡くなった4人は、それぞれテントの端で寝ており、真ん中にいた3人が助かった格好になった。登山計画によると、両パーティーとも12月30日に入山し、徳島岳人クラブは1月2日、三峰山岳会は4日に下山予定だった。現場では事故当時、約3メートルの積雪があった。岐阜地方気象台は31日朝から飛騨北部に大雪警報と雪崩注意報を出していた。槍ケ岳では1973年11月にも、槍平小屋北側で起きた雪崩で、テントにいた京都大山岳部のパーティー22人のうち5人が死亡し、17人が凍傷などのけがをしている。
(朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、中日新聞、徳島新聞、時事通信よりデータ引用・抜粋)


【考察】
元旦からマスコミが大きく取り上げていました。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。

報道内容にも微妙な食い違いがあったのですが、それは毎度のことです。
それを取捨選択したため、一部、概要と違うものもあるかもしれません。

まず、最初に思ったのが、「まさかあんな場所で」というものでした。
冬季の槍ヶ岳に行くには、槍平小屋は幕営適地だと認識していました。
現場で幕営していたパーティーも、そう考えていたと思います。
要するに自分も含めて多くの人が「安全地帯」と考えていた、ということでしょうか。

極端な例ではありますが、たとえば…。
「赤岳鉱泉に幕営」となると、「無条件で安心」だと思っているのに近いのかもしれません。
「安心」の根拠は「幕営適地と言われているから」。
それ以上ではなく、そこで思考がストップしているとも言えます。

念のため、地形図を見てみました。
奥丸山(2439.5)から伸びてくる沢が、小屋の南側をかすめています。
この沢で比較的大きめの雪崩が起きたら…ということを考えれば。。。。。。

年末年始の天候が荒れ模様との予報、かなり前から出ていました。
クリスマスあけから暖かい日が続き、30日と31日は雪。
新しい雪が降り積んだ直後というのは、雪崩が起きやすい。。。。

地形・積雪状況をよく見ると、雪崩の条件はそろっていた。。。。と言えるかもしれません。

結果論かもしれませんが、小屋の南側よりは東or北側にテントを張るべきだったのではないかということです。
何メートルかテントの場所がずれていれば。。。。。と、思わざるを得ません。

いっぱんに「幕営適地」と言われる場所であっても、必ずしも安全地帯ではない。
今回の事故から、それを強く思いました。
最終的には地形や気象、積雪状況などを、もう一度見つめ直す必要があるのではないかと思いました。

30年ほど前に雪崩が相次ぎ、槍平小屋は東に移動した現在地に再建されたようです。
そのような経緯は、今回に至るまで知りませんでした。
知っていれば、また、異なる対応があったかもしれません。

また、昨季、岳沢小屋が雪崩でつぶされています。
当然、槍平と立地などの条件は異なりますが、「小屋でも危ない」ということも忘れてはならないでしょう。

あと気になったことがひとつ。
雪崩の直前に突風があったとのこと。
泡雪崩だったんだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/01/05(土) 13:16:13|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【遭難カルテ146】 日光白根山で男性死亡 | ホーム | 【日々是好日171】 今年の最終更新(予定)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/404-c5c34e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「団体職員」についてのブログリンク集

団体職員 に関するブログのYahoo、Google、Goo、Livedoor検索による最新の口コミ情報をお届けします!…
  1. 2008/01/05(土) 15:11:36 |
  2. 最新ブログをまとめて検索

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。