山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ17】 比良で不明の男性、遺体で発見

【概要】
2月13日午前10時半ごろ、大阪府島本町の無職男性(64)が比良山に登山に行ったまま帰って来ない、と妻(64)から堅田署に通報があった。警察と消防は、男性の乗用車が見つかった大津市から蓬莱山頂までの登山ルートを捜したが、発見できなかった。
3月11日午前9時半ごろ権現山の谷川で釣りをしていた宇治市の男性(51)が、うつぶせで倒れている男性を見つけた。誤って谷川に転落し、凍死したのではないかとみられる。


【考察】
発生は先月ですが、遺体が見つかったので、考えてみました。

2月23日の女性死亡の遭難と同様、比良山系です。(遭難カルテ10参照)
この辺り、通称〝琵琶湖アルプス〟。
冬には結構な雪が積もります。
東面はスキー場があることなどで、西面からの登山が多いようです。

しかし、この雪の多い山に単独で入るとなると、かなりのラッセルを覚悟する必要があります。
人にもよりますが、日曜日に気軽に日帰り、とはいかないかもしれません。

いずれ、きっちりと触れる必要があると思いますが、高齢者・冬季・単独…ひとつのパターンかもしれません。

いずれにしても、遺体が出てきたことだけでもよかったとすべきところでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/14(火) 03:06:20|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<【日々是好日11】 戻り寒波 | ホーム | 【遭難カルテ16】 富士山で滑落の男性死亡>>

コメント

射能山遭難

6月3日奥伊吹の射能山へ登った近江八幡市の65歳の男性が遭難されました。コースは林道から品又峠、山頂のコースでした。4日朝から米原署員、消防署員、市職員ら13人で捜索されました。滋賀県の防災ヘリも出動して捜索されました。発見に至らず午後5時で捜索は終了しました。引き続き5日にも捜索されました。発見できませんでした。6日の捜索は午後2時で終了されました。警察犬も出動しました。山頂付近で男性の臭いが消えていて以後行方がわからなくなりました。残念なことです。
  1. 2010/06/19(土) 14:59:10 |
  2. URL |
  3. 山大好き #CVrGwAKY
  4. [ 編集]

Re: 射能山遭難

山大好きさまへ。

はじめまして。

そのような事故があったこと、全く知りませんでした。
奥伊吹はスキーで何度も行ったところです。
2週間も発見されていないとなると、厳しい状況ですね。
ご家族の心労やいかに。。。。。

おっしゃる通り、残念です。
  1. 2010/06/19(土) 23:21:32 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

射能山遭難男性遺体で発見される

「7月1日午前10時ごろ、岐阜県揖斐川町春日美束の山中で、男性が死んでいるのを渓流釣りにきていた男性が見つけた。米原署によると、男性は捜索願が出ていた近江八幡市の65歳の男性と分かった。死因は寒冷死。」と7月3日の中日新聞に掲載されていました。遭難から約1カ月あまり経ちます。男性は射能山から滋賀県側には下りずに、岐阜県側の尾西地区の東谷か西谷のどちらかの谷を下ったものと推測されます。奥秩父り谷筋でも渓流釣り師によって遭難者の遺体が発見されています。谷筋へ下りずに、尾根のルートへ引き返すことが大切です。
  1. 2010/07/03(土) 09:18:34 |
  2. URL |
  3. 山大好き #CVrGwAKY
  4. [ 編集]

Re: 射能山遭難男性遺体で発見される

山大好きさまへ。

情報ありがとうございます。
地図を見ていて、ああ、そっちの方へ行ったか・・・・と。

迷ったら尾根筋へ。
昔から何度も言われている鉄則ですね。
状況によっては、当然、臨機応変を加味する必要はあります。
が、今回のような事故に触れると、改めて鉄則の意味をかみしめてしまいます。

同様の事故、無くなればいいですね。


  1. 2010/07/03(土) 22:10:13 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/11/04(金) 14:12:40 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/43-7f4d3828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。