山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【日々是好日191】 入学式

長男が無事、小学生になりました。
親としては、やっとここまできたか。。。と、感慨深いモノがあります。

子供を持つ、ということ。
生まれてくるまでは、ちょっとなぁ・・・というのが正直なところでした。
嫁さんだけなら、大して自分の時間もとられない。
でも、家族が増えるとなると。。。。

けっこうため息ばかりついていたようです

嫁さんには、いまだに当時のことが不評のようです。
実際におなかが大きくなる女と比べて、身体的に何の変化もない男には現実味が薄いのかもしれません。




でも。。。。。。



生まれたときには、世界が変わった気がしました。



ささいなことで一喜一憂。
予想通り、膨大な時間とエネルギーを子供に向ける、子供中心の生活になってしまいました。



首が据わってしばらくしてから、ベビーキャリアを担いで山へ行くようになりました。
近所のポンポン山から少しずつ、こちらも練習。
長男1歳の夏には、縞枯山、蓼科山、木曽駒、天狗岳と、北八ツ・中アを4日連続で担いで入山。
避難小屋に一緒に泊まったこともありました。


2歳になる直前、次男が生まれました。
嫁さんは授乳もあり、次男にかかりっきり。
勢い、長男の面倒はこちらが見ることになりました。

休みの日、2人でよく出かけました。
大阪から一泊2日、2人で信州へ山歩きに…なんてこともありました。
気がつくと、父ちゃんっ子になっていました。



大好きな山にちなんだ文字を一つ、名前をつけるときに使いました。
ほとんど親のエゴですね。

山の好きな子に育つかどうか、まだ分かりません。
その意味を分かってはいないようですが、今のところ本人は自分の名前が気に入っているようです。


保護者席でそんなことを考えているうちに、入学式が終わりました。



山に行くことも含め、自分の時間は大きく削られる結果になりました。
結婚はしたけれど子供は作らない。
当然、そういう選択肢もあります。

ただ、自分に関して言えば、いてくれてよかったと。
子供を見るたびにそう思えるのです。


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/15(火) 19:38:31|
  2. 日々是好日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々是好日192】 次世代 | ホーム | 【日々是好日190】 言い訳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/433-7fac0cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。