山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 43日目】 ササの山へ

5月4日。
さて、父子3人パーティーとなって、行き先は愛媛・高知県境方面へ。
高速をいよ西条ICで下り、国道11号、国道194号を乗り継ぎ、寒風山トンネルへ。
194号の高知側へ少し行ったところ、土砂崩れにより通行止めだとか。

トンネルを抜け、旧道をウネウネと登り、旧寒風山トンネル前の駐車場で一服。
ここのところ長男は車に酔うようになり、「気持ち悪いぃ~」。
以前は全く平気だったのだけど。。。。

気持ち悪さが収まるのを待って、瓶ケ森林道へ。
最初はウネウネと登るのだか、そのうち稜線近くへ。
四国一の高原道路と言ったところか。
チビども2人は熟睡。
ま、昼寝代わりか。。。。

林道を進んで瓶ケ森の駐車所へ。
お天気もよければ車も結構多い。
2人を起こして、まずは昼飯。
さっきまで気分が悪かった長男、やたらと食欲旺盛。
この人はこの後も大いに食べ大いに飲んだのだ。。。

さて、本日の一発目は瓶ケ森。
男山経由で最高点の女山を目指す。
いざ瓶ケ森へ
春らしい陽気に、足取りも軽く、このぼりも泳ぐ。

男山で少し休み、女山へ。
結構人がいる。
風があって少々涼しすぎるので、写真だけとってさっさと瓶ケ森ヒュッテへ下山。

ヒュッテは「営業していません」の張り紙。
去年来た時の不安・・・こんなことに。。。。
このまま朽ちてしまうのだろうか。。。

氷見二千石原を通り、駐車場へ。
ぐるっと一周、休憩込みで2時間。

車でシラサ峠へ移動。
快晴だった空に、ガスが巻き始める。
キャンプ場と避難小屋を偵察。
避難小屋はチビどものお気に召さなかったようで、キャンプ場泊と決定。
設営は後回しにして、伊吹山へ。

山と高原地図ではしばらく車道歩きとなっているが、尾根伝いに登山道があり、そちらを行く。
しばらくいくと、次男がぐずり始める。
「もぉ~階段ばっかしじゃんかぁ!」と八つ当たり。
べそをかきかき行くうちに、「父ちゃん、鼻血でた!」。
やれやれ。。。。

頂上のほうから若い人たちのグループが下りてきた。
「もうちょっとやで。がんばりやぁ~」と声をかけられ、気を取り直して歩く。
ガスが流れる中、山頂へ。
伊吹山
次男は鼻にティッシュを詰めたままです。

シラサ峠へ戻り、テント設営。
予報では5日から雨なのだが、山はもう少し早くなりそうな気がした。
テン場がガラガラだったので、水場の軒先にテントを張ることにする。
完璧ではなくても、雨もほとんどしのげそう。

案の定、日が落ちてすぐ降り始めた。
疲れたのか、晩飯の後、2人はあっというまにスヤスヤ。。。
無事、1日目が終わったのでした。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/08(木) 14:01:28|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【山日記 44日目】 沈殿デビュー | ホーム | 【日々是好日195】 「連休」まで、あと少し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/439-12e2eeaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。