山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 45日目】 西日本最高峰へ

5月6日。
朝から快晴。
風があったのも朝のうちだけ。

テント撤収後、車で土小屋へ移動。
昨日行くはずだった石鎚山へ。

天気がいいと気持ちのいいもので、結構いいペースで進む。
ときおり横切る谷には雪が残っていたりする。
残雪
長男はちゃんと弟の面倒を見ていたりするんですね。。

東稜分岐を過ぎると、北壁の下をトラバースする道へ。
北壁を見上げると、昔登ったルートがいくつか確認できた。
今でもあの壁に登っている人はいるんだろうか。。。。
ギャラリーが多くて、なかなか楽しい壁だったんだけど。。。

さて、本日の登りはかつてないほど順調に進む。
いいペース!
それなりに人が通っているため、チビどもも気がまぎれるのかもしれない。

二ノ鎖下で大休止。
正面に見える鎖をみて「父ちゃん、あれやってみたい」。
やっぱり。。。。。
そんなこともあろうかと、古いザイルを短く切った、補助ロープのようなものを用意していたのだ。

ロープを結んでいると、何人かの人に写真をとられた。
「孫に見せて発奮してもらうために」と言っていた男性。
お孫さんは良くても、その親御さんが。。。。。ちょっとかわいそうかも。。。

さて、鎖。
さすがにチビ2人めんどうを見つつとなると、遅いことはなはだしい。
よけられる場所では後から来た人に先に行ってもらうのだが、待ってもらうケースもあった。
長男はほぼ自力でなんとかできていたが、次男はやっぱりまだまだ。。

二ノ鎖をクリアして、三ノ鎖へ。
少し登ったところが「核心部」。
ここでちょっと長男は行き詰まりかける。
次男は、まあ、問題外ですな。。。
さてどうするか・・・・・・と、次の手を考えていると、後から来た男性が長男にアドバイス。
何とか切り抜け、こちらは次男の面倒だけを見ているだけでよくなった。
核心を抜けると、2人とも何とか自力で登りだす。
とはいえ、チビなため、遅いことは遅い。
降りてくる人もいなかったため、右側の下り専用鎖を使って追い越す人もいた。
ただ、ほとんどの方が、チビどもに励ましの声をかけてくれる。

ご迷惑をおかけした方。助けてくださった方、励ましてくださった方。
ありがとうございました。
深く感謝します。
子供2人(特に次男)は、ちょっと連れてくるのが早すぎたか。。。と反省しています。

さて、そんなこんなで、何とか弥山頂上へ。
頂上のこいのぼり
やれやれ。
天狗への道は、ちょっとアブナイので、今回はなし。

下りは巻き道をたどる。
北壁下のトラバースに入ってから、だんだん次男が口数が減ってくる。
やばい。。。。
不機嫌の噴火間近。。。

と、20人ぐらいの若い人(大学生?)のグループが追いついてくる。
なぜか、チビどもは激しく反応!
そのグループの中に勝手に入ってしまった!!
追いついてきたグループと同じペースで下り始める!!!

1時間ほど、そんなことが続き、信じられない速さで土小屋へ。
いやあ驚いた。

絶好調だった次男、土小屋手前100メートルほどのところでヘッドスライディング!
大きな泣き声が山にこだましていました。。。。

無事下山。
結構暑い。。。。
ソフトクリームで、シメとしました。

ちなみに鎖場について、
長男「怖かったけど面白かった」
次男「今度は道のほうから行く」
だそうです。

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/05/10(土) 03:19:33|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日196】 暗雲漂う? | ホーム | 【山日記 44日目】 沈殿デビュー>>

コメント

弥山に泳ぐコイノボリ

小さい登山家のGWの記録 楽しく拝見させていただきました。

弥山に泳ぐコイノボリとお子さんの写真 微笑ましいです、これで西日本のNO1、2の標高の山を制覇。

昨年夏には四国で人気NO1の三嶺も登られているので次回は 笹ヶ峰か東赤石でしょうか。
楽しみに記録を待っています。

伊吹山、林道から見るとブナ林があり 見るからに気持ち良さそうな場所と思っていました
でも、林道からあまりにも近く ただ通りすぎるだけでしたが 今度行ってみますよ。

自分のGWいつもの三嶺界隈をルートを変えて踏査しておりました。
頭数が増えて餌が少ないのか鹿の死骸が多くなっていました。
  1. 2008/05/10(土) 21:29:42 |
  2. URL |
  3. 紫 雲 #vTm8BAGM
  4. [ 編集]

Re:弥山に泳ぐコイノボリ

紫雲さまへ。

笹ヶ峰か東赤石・・・いいですねぇ。。。。
この2つ、がんばれば1日でつなげる距離にありながら、いろんな意味で好対照ですね。
子連れで行くには、四国にはいい山が目白押しです。
ただ、大阪から車で行くと、4~5時間の運転。
よく考えたら、長野へ行くのと大差ないのですね。。。
ただ、それだけの時間をかけても行く価値はあると思います。

関西に住んでいると、やはり名神→中央高速という方に目がいきがちです。
が、もっと四国の山の魅力、顧みられてもいいのではないかと思うことがあります。

伊吹山。
なだらかな笹っぱらの頂上。
お天気さえよければ、昼寝にもってこいですよ!
ぜひ一度足を運んでみてください。
快晴微風なら、ずーっと居座りたくなる山です。
  1. 2008/05/11(日) 17:19:27 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/441-741db473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。