山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【遭難カルテ152】 佐渡・妙見山で男性死亡


【概要】
25日午後2時過ぎ、新潟県佐渡市の妙見山(1042メートル)から下山した男性が、一緒に下山していた同市、農業男性(56)が途中で行方不明になったと通報。男性は25日午前10時すぎ、県内外の登山仲間17人と白雲台から入山。山頂で昼食を取り、午前11時25分ごろに下山開始。15分後(10分後の報も)に姿が見えなくなったという。男性は登山経験が少なく、足が不自由だったという。当時は濃霧のため視界2メートル程度だったという。26日も警察や消防団ら20人態勢で捜索が行われた。しかし、山頂付近の濃霧と強風のため、同日午後2時半で捜索を打ち切った。また、県防災局は26日、捜索活動のため、航空自衛隊に災害派遣を要請した。27日の捜索は航空自衛隊佐渡分屯基地の隊員らを加え計約100人が参加した。午後1時50分ごろ、県警ヘリが男性を発見、市内の病院に搬送したが、間もなく死亡が確認された。発見場所は「標高約850メートル地点の急斜面下の沢」「標高約800メートル」「山頂から730メートル下った山北西側の斜面」などの報。男性が滑落したものと見られる。
(毎日新聞、産経新聞、新潟日報よりデータ引用・抜粋)



【考察】
さて、不可解なことがいくつかあります。


男性の姿が見えなくなったのが午前11時半過ぎで、通報は午後2時すぎ。
不都合が起きたことを察知してから通報までほぼ2時間半。
通信手段はなかったのだろうか?

現場付近の地図を見たのですが、妙見山頂上三角点から南東約500メートルに「展望台」とあります。
この展望台、大佐渡高原白雲荘という宿泊施設のある場所では?
営業していたとしたら人がいて電話があるわけです。
通信手段を持っていなかったとしても、ここから通報が可能だと言えます。

防衛省管理道路が山頂北側から東側を巻いて、この展望台へと続いています。
異変に気づいてからすぐ動いたとして、それでも2時間半もかかるものだろうか。。。。

10時過ぎに入山、昼食後の11時25分頃下山開始となると、1時間弱で頂上に着いたことになります。
下山ルートがどうだったのかは分かりませんが、入山と同じルートを進めば、それほど時間がかかるとは思えないのです。

1人いないと分かった時点から通報までの間の行動、詳細が不明なので何とも言えない部分はありますが。。。。



続いてもう一点。

不幸にして亡くなられた方は「登山経験が少なく、足が不自由」だったとか。

もし、自分のパーティーにそういう人がいたら、常に目を配っておくべき対象だと思います。
ですが、その男性、気がつけばいなくなっていた。。。。。。
20人近い人間がいて、そこに目がいっていなかったのだろうか。。。。

滑落した瞬間が分かれば、場所の特定が容易になります。
また、これだけの人数がいれば、何人かを現場に残して、救助要請に走ることもできたと思います。
「県内外の登山仲間」というのがどういった集まりなのか、詳細が不明なので何とも言えません。
が、パーティーとしての意識が希薄だったのかもしれません。



通報がもっと早く、滑落した場所が特定できていれば、あるいは、違った展開になっていたのでは…と思います。




今回の事故と直接関係ないかもしれませんが。。。。。

今、パーティーのメンバーが全員いるか。

これは人数が多いほど確認が難しくなるのではないでしょうか。

4~5人程度なら、ぱっと見ただけで分かります。
が、10人を超えると一瞬で判断するのは、私には難しい。。。。

人数が多いからと行って、必ずしも物事をチェックする目が増えるわけではない。
むしろ、見えなくなっているモノが出てくる…ぐらいに考えていた方が良さそうです。

人数が多いというのは、そのまま安心・安全であるとは言い切れない。
多すぎるとかえって希薄になる意識がある。
人数が多ければ多いほど、気をつけておかなくてはならないことが増える。

そういういうことではないでしょうか。
人数が多いことから来る安心感には、危うさが内包されているように思えてなりません。



スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/06/02(月) 23:39:49|
  2. 遭難カルテ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々是好日199】 雰囲気だけですが。。。 | ホーム | 【日々是好日198】 思い通りにはなかなか。。。。>>

コメント

おひさしぶりです。
朝日の地方面にこんな記事がありました。

不明男性遺体で発見 2008年05月28日
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000805280002

>登山口から山頂まで30分程度の初級者向けのトレッキングコースだが、濃霧の中で仲間とはぐれて進路を見失ったと見られる。

>一行とみられるグループが集団ではなく、かなり間隔を開けて歩いていたのを複数の愛好家らが目撃していたという。

> 一行は、山頂で進められている航空自衛隊の新型レーダー施設の建設に反対するため、現場を視察するのが目的だったといい、佐々木さんはウインドブレーカー上下などの軽装だった。

登山パーティーとしての意識以前に、彼らに登山という意識があったのかすら疑問です。おそらく晴れていれば何の危険性も無い所なのでしょうが、事故は下山直後の道迷いから始まっています。だれかが仲間に目を向けていたら容易に防ぐことのできる事故だっただけに残念に思います。
  1. 2008/06/03(火) 05:07:21 |
  2. URL |
  3. ぴら #-
  4. [ 編集]

ぴらさまへ。
こちらこそお久しぶりです。

ご紹介のサイト、キャッチし切れませんでした。
情報ありがとうございました。

>だれかが仲間に目を向けていたら・・・

そういう思い、私も持ちました。
地形図を見て、発見場所と報じられている場所とルートとおもわれるものの位置関係が、かなり不思議でした。

>登山パーティーとしての意識以前に、彼らに登山という意識があったのかすら疑問です。

ご指摘の通りだと思います。

ご紹介のサイトの情報によると、ずいぶん立派な主義・主張のある方たちのようですが・・・。
「足の不自由な初心者」に目を向けられないとなると、なんだかなぁ・・・と思ってしまいます。
  1. 2008/06/03(火) 09:54:24 |
  2. URL |
  3. 管理人 #MAyMKToE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/445-cc4b6268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。