山道を行く

カラダとアタマと心。 すべて働かせるのが山の魅力でしょうかね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【山日記 47日目】 またかい。。。。

水曜日、若山に行ったあと、保育所→学童保育と、チビ2人を回収。
嫁さんは泊まりがけの仕事で帰ってこない日だったので、父子家庭状態でした。

3人で風呂に入っているときのこと。
「父ちゃんなぁ、今日なぁ、お山行っとったんや」
「えぇ~!!ずるいぃ!!」×2

抗議の嵐。
「わかったわかった。今度一緒に連れて行ったるから。。。。」

と、いうわけで、水曜日に引き続き、土曜日も若山へ。
3日後に同じ所に行くのもなんだかなぁだけれど、仕方がない。。。。

昼前に家を出て、墓地公園の悠久の丘からのルートを取ることにする。
公園内の登山口に一番近い駐車場に車を止め、身支度。
ものすごく暑くて、立っているだけで汗が出てくる。

悠久の丘までは、炎天下の下、急なコンクリ道。
そこから先は一転して、うっそうとした林の中。
林の中に入ると、ぐっと涼しくなる。

登山道は比較的なだらかで、しっかりとしている。

次男がゴチャゴチャいってなかなか進まず、長男がむくれている。
なだめすかし、休憩を織り交ぜつつ進む。

悠久の丘から
ずっと樹林帯で、かなり暑さが紛れる。
というか、結構涼しくて、家にいるよりもはるかに快適。

「初めていく道」ということで、長男はかなり慎重。
分かれ道?のたびに、立ち止まって考えている。
踏み跡が工作しているような場所に来ると「父ちゃん、こっち?」。
ルートファインディングというほどのものではないけれど、ま、一応考えてはいるようだ。

磐手橋・金竜寺ルートよりは短いものの、1時間少々で頂上へ。
バンザイ!
平坦な林の中の頂上に「えぇ~?ここがてっぺんなん??」と、2人とも拍子抜けした様子。
まあ、こんな頂上もあるわいな。。。

見晴らし場まで戻って、昼飯。
景色の良さに、2人ともはしゃいで走り回る。
ここはウグイスのさえずりが絶えず聞こえていた。
なかなかいい場所だと思った。

さて、下山開始。
傾斜が緩いのと道がいいために、2人とも爆走!!
こっちも走らないとついて行けない。。。。
結局、20分少々で悠久の丘まで下りてしまった。。。。
足の運びがだいぶ安定してきたようだが、そろそろこっちがついて行くのが厳しくなりそうだった。。。。
スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/07/06(日) 23:26:45|
  2. 山日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【日々是好日204】 第5回山岳遭難事故調査報告書 | ホーム | 【山日記 46日目】 ご近所お手軽 2時間の山>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/12(土) 07:34:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yamayakenta.blog51.fc2.com/tb.php/452-8765ff7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

K・T

Author:K・T
山ヤのつぶやき。脈絡はないかも…。
 
~~~~~ メニュー ~~~~~
【日々是好日】
  日記のようなもの
【山日記】
  山に行った記録
【遭難カルテ】
  遭難事故から何を学ぶ?
【事故報告書】
  学ぶことの多いものです
【危険回避の道】
  よりリスクを減らすために
【道具を語る】
  山道具のあれこれ
【山の写真集】
  新旧織り交ぜて掲載予定
【子連れに挑戦】
  我が家的ノウハウです
【自己紹介】
  ごく簡単なものです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。